■ 2017年公式戦開催予定 at アルペンスタジアム
BCリーグ公式戦/富山GRNサンダーバーズ主催試合
  2017年 4月 9日(日)    富山GRNサンダーバーズ vs 滋賀ユナイテッドBC
  2017年 5月 5日(金)    富山GRNサンダーバーズ vs 滋賀ユナイテッドBC
  2017年 5月 6日(土)    富山GRNサンダーバーズ vs 福井ミラクルエレファンツ
  2017年 7月22日(土)    富山GRNサンダーバーズ vs 滋賀ユナイテッドBC
  2017年 7月23日(日)    富山GRNサンダーバーズ vs 群馬ダイヤモンドペガサス
  2017年 8月 5日(土)    富山GRNサンダーバーズ vs 栃木ゴールデンブレーブス
  2017年 8月13日(日)    富山GRNサンダーバーズ vs 福井ミラクルエレファンツ
パシフィックリーグ公式戦/北海道日本ハムファイターズ主催試合
  2017年 9月 5日(火)    北海道日本ハムファイターズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス
富山市民球場(富山アルペンスタジアム)
(収容:30,003人、両翼:99.1m、中堅:122m)
球場周辺には何もないので、かなり遠くからこの美しい内野スタンドを眺められるはずです。
スタンド回廊部分のアーチが美しい
見ちゃいやん...
富山市にある野球場。
北陸シリーズ」と称して、毎年数カードのプロ野球公式戦が組まれ、金沢や福井とセットで開催される。 近年では、中日や広島の主催試合が開催され、2005年までは我が千葉ロッテも毎年試合を開催していた。
2007年からは、BCリーグ富山サンダーバーズが主会場の一つとして使用している。
■ 概要
富山市内には県営富山球場(現在も使用中)があるが、県営球場にはナイター設備がなく、 グラウンドも手狭で、老朽化が進んでいたため、1992年にこの球場が建設された。
北陸地方初の全面人工芝の球場であり、3万人を収容可能なスタジアムは「北陸で最も良い球場」という声も多い。
球場名に地域の特色を織り込む「アルペンスタジアム」という名称が斬新で、ファンに好印象を与えた。 富山での成功例が契機となり、以降、倉敷マスカットスタジアムや松山坊ちゃんスタジアム等、地域色を打ち出したネーミングの新球場が建設されていくことになる。
しかし、2005年前後から人工芝の傷みが顕著になり、「他球場よりボールが良く弾む」と選手からの不評も出ていた。
それまで「北陸シリーズ」を開催してきた千葉ロッテが2008年より開催を見送り、新たにHARD OFF ECOスタジアム新潟が新潟に完成すると、富山でのNPB公式戦開催数は一時激減することになる。
時を同じくして、新潟ではNPB球団招致活動も開始。
(ベイスターズの新潟移転計画は、その後頓挫)
日本海側随一の呼び声高かった富山アルペンスタジアムは、その地位を新潟に奪われつつあった。 しかし、2010年5月に、富山アルペンスタジアムは人工芝の張り替えを敢行。
5月1日の柿落としの試合は、BCリーグの富山vs石川戦。
新人工芝の柿落としがBCリーグの試合ってのが嬉しい♪
新潟にも素敵な球場が出来た。
富山の人工芝も張り替えられ、見違えるようになった。
これを契機に、再び新潟を含めた北陸全体での試合数が底上げされると良いな...と思います。
■ 設備と立地
一枚目の画像の通り、スタンド下が回廊状になっており、その回廊を支えるアーチが非常に美しい。 スタンド席はポール際まで二階席が設置されており、他の地方球場と比べて、群を抜く観戦環境の良さがある。 「北陸随一」と言われる所以にも納得できる。
内野席はネット裏が個別の座席、両翼部が長椅子席。
座席は最前列(ネット裏のみ)、中段、上段と三色に塗り分けられており、多種多様な価格設定に対応可能。
内野スタンドは通用門を挟み大きく二つに分かれており、外野席に近い方のエリアが少々グラウンド側にせり出す構造。
そのため、内野スタンドの両翼部分で観戦しているとポール際付近が死角となる。 逆にせり出したエリア最前列は、ホームから遠く離れている割に、グラウンドの様子が見易く、少しだけ「特等席」気分を味わえる。
外野席は芝生席です。
芝生の手入れ状況は比較的良好で居心地が良かった。
しかし少々外野席の傾斜がきつく、長いこと座ってると徐々に足に疲れが溜まるのが少々辛かったです。
アクセスについて以下で触れていますが、球場の立地は最悪です。 原野と言うか、広い荒れ地の中にスタジアムが建っている感じで、周りに何もありません。 何もこんなに不便な所に作らんでもと思うファンは少なくないようです。
■ 食事、売店事情
球場周辺には店らしきものは何もありません。
東富山駅から球場までの道沿いも同様です。
球場入り前に飲食物調達を済ませる方が良いでしょう。
BCリーグの試合では2〜3軒の露店が出ていました。
そのため、NPBの試合ではもう少し多い軒数の露店が出るでしょうが、その内容や種類等についてはあまり期待しない方が良いかと思います。
■ 球場アクセス
球場のある場所は非常に不便。
球場アクセスは悪い方に入るでしょう。
特に、車がない場合は少々大変です。
最寄り駅は北陸線の東富山駅。駅からスタジアムまでは直線距離で1.5km強ですが、線路を跨いで、道路を大回りして...で約2.5kmの距離があります。 天気が悪い時の移動は難渋しそうです。
ナイター観戦後、自分も東富山駅まで歩きました。
暗い道で、一人だけで歩くには少々怖かった(笑)。
東富山駅まで早足で25分掛かりました。但し、徒歩客が殆ど居ないBCリーグの試合での話なので、あまり参考にならないかも...。
多くの観客が訪れるNPBの試合(特に試合終了後)では40分前後要することを見込んだ方が良いかと思います。
富山駅前からバス利用も可能です。
富山駅前4番乗り場より、地鉄バス済生会病院行などに乗り、運転教育センター(所要20分)で下車、そこから徒歩5分。
但し、運転教育センターを経由しない便も多く、その場合には済生会病院で下車するのが良いでしょう。スタジアムから少々遠く(徒歩約10分)なるが、バス停からは間近にスタジアムが見えるので迷うことはないです。
地鉄バス時刻表(以下参照)を確認したところ、一時間に一本の割でバスが出ています。 時刻表には行先が複数載ってますが、「荏原循環」以外がスタジアム近くを通る。
自分もナイター観戦時にバスを利用しました。
平日ナイターだと、夕方の富山市内は結構渋滞します。
うちが乗ったバスも標準時間の倍近い、約50分を要したので、バス利用時はくれぐれも時間に余裕を持って!
■ 駐車場
球場立地が不便であるが故、車での来場比率が高い。
Google Mapを「写真」にして確認するとよ〜くわかるが、球場北側に532台収容の(舗装された)駐車場がある。
この駐車場が満車になると、更に北側の(未舗装の)駐車場へと誘導される。こちらは収容台数が800〜900台程度。 NPBの試合開催時、開門時間までにこの二つの駐車場が満車になると考えた方が良い。
二つの駐車場が満車になると、水田の中を通る農道へと誘導される。 一度に多数の車を誘導できず、この頃には駐車場の誘導が大混乱を来たす。 そのため、この球場でNPB公式戦を観戦する時は早めにスタジアム入りすることをお薦めします。
また、NPB公式戦開催時は国道415号線沿い(県警機動隊の西側)にも第二駐車場が設置される。 球場から少し離れるが、うち的にはこの駐車場が一番お薦め。
(理由は後述)
<脱出も考慮した駐車場選び>
あと、試合終了後のことも忘れずに!
駐車場から素早く脱出するのはほぼ不可能です。
各駐車場の出口は一つずつで、各駐車場は全て同じ道(県道171号線)に通じるのを見た時、嫌な予感が...。
球場スタッフの必死の誘導で、最低限の秩序が保たれていたものの、脱出まで40分近く掛かった(泣)。
但し、前述の第二駐車場のみ、出口が国道415号線へと通じている。 球場から少し遠くなるものの、そちらに車を停めた方が試合終了後にイライラせずに済みそうです。
■ シート貼り
他サイトを見る限り、前日に試合が無くても、前日から
シート貼りはO.K.のようです。 但し、主催球団のルールに拠るので、カードによって認められない場合があるかも。 富山に出掛ける前に主催球団のサイトで確認することをお薦めします。
外野席の待ち行列はバックスクリーン両脇にあるレフト、ライト側の各入口から延びていました。
■ 参考サイト
若干グラウンドが暗めに見えるのは、東京電力が引き起こした人災による節電対策のため、カクテルライトの照度を30%程度落としているためです。
ネット裏から見た試合風景
他の地方球場と比べると傾斜が急で、少々足が疲れました。
外野は芝生席になっています
内野スタンドの隅にあたるエリア最前列からはグラウンドの様子が非常に見易い。
内野席は通用口を挟み二つに分かれる
地方球場ではファンサービスの意味からもブルペンが外にあった方が良いですね。
ブルペンはスタンド席前にある
スコアボードが前にせり出しており、一部の位置からは見えづらい構造
外野席の全景です
スタンドに入ると、色鮮やかな人工芝が目に飛び込んできます。...が、諸々の問題が浮上中。
外野席からホーム方向を見る
ナイター照明に浮かぶスコアボードは美しい...が、配色的にも、照度的にも、少し見づらいですよね。
スコアボードは磁気反転式
レフト側、ライト側の各ゲートから一列ずつ待ち行列が延びていました。
シート貼りの様子
富山環状線(県道56号線)より見るスタジアム風景。風景から想像が付く通り、駅からは遠く、アクセスは決して良いとは言えません(泣)。
水田の中に忽然と現れるスタジアム
各アイコンをクリックすると、場所名、画像等、詳細情報を表示します。
2011年BCリーグ公式戦/後期 信濃 vs 富山(2回戦) 2011/08/19 富山アルペンスタジアム
TEAM 10 11 12  
信濃グランセローズ        
富山サンダーバーズ        
踏ん張りきれない中継ぎ陣が、飯田君の白星をフイにする。 HR 村田 1号
内野スタンドで初観戦/内野席&ナイター観戦の画像を追加(直近の観戦日:2012/06/23)
内野スタンドと外野席は階段で繋がっています。...が、今日は開放されていなかった。 このエリアが若干張り出している分、内野スタンドには死角が存在します。 この日の観客数は454人と非常に寂しい環境でも、元気いっぱいの応援は好感を持てました。
今日は無人の外野席
スタンド最奥の張出エリアから
今日も元気な雷鳥応援団
見ちゃいやん...
 2004年に観戦したきり、足が遠のいていた富山アルペンスタジアム。
 掲載画像が美しくないにも関わらず、多くの方にアクセスして頂いた状況が続いていたので、早いこと富山を再訪して、
内野スタンドを中心とした画像を追加したいと思っていました。2011年の夏休み、ようやく富山での観戦が叶いましたので
その時の画像を追加します。
 先発は信濃が飯田君、富山が日名田でした。
 初回、信濃は制球が定まらない日名田を攻めて、今村君と原君のタイムリーで幸先良く2点を先制します。
 先発の飯田君は、セットアッパーで崩れていた頃が嘘のように、安定した投球内容で5回まで試合をしっかり作ります。
 6回、疲れの見えた飯田君から中村君にスイッチしますが、これが大誤算。
 四球で走者を貯めて、野手陣も足を引っ張り、あっという間に無死満塁。
 正直、よく2点で収まったな...というくらいのドタバタ劇でした。
 8回に村田君の特大アーチで再び2点差としますが、中村君が再び背信投球。
 脇田君の拙守もあって、9回の攻防を前にして同点に追いつかれてしまいます。
 8回裏、富山に4点目が入ると、信濃応援団からは「またか...」と悲痛な叫び。
 今日もまた中継ぎ陣が踏ん張れず、野手の守りも集中力を欠き、みすみす相手に試合の流れを献上して、勝ち星をフイに
した感が強いです。同点には追いつかれるものの、勝ち越しは許さない訳だから、原因はメンタル面にあるのは明らか。
チーム状態がなかなか上向かず、非常に厳しい状況ではありますが、短期間で何とか立て直して、後期の優勝争いに
踏みとどまって欲しいものです。
2004年度パ・リーグ公式戦 千葉ロッテ vs 白猫(16回戦) 2004/6/27 富山アルペンスタジアム
TEAM 10 11 12 セラフィニ(1勝0敗0S)
Lions      
Marines ×       12 18 後藤光(1勝1敗0S)
西岡プロ初本塁打、セラフィニの初先発初勝利、18安打12点、文句無し♪ HR 西岡 1号、サブロー 3号
富山で西岡のプロ入り初本塁打を観れた
これだけ点取ってくれりゃ満足です。
大勝〜♪ 快勝〜♪♪
見ちゃいやん...
低迷するチーム状況を反映してか、スタメンには若手の
名前が並ぶ。サードに今江、ショートは西岡、しかも、
先発投手は予定のミンチーでなく、「代役」のセラフィニ。
正直なところ、勝てるとは思っていなかった(笑)。
しかし、西武の3番手・大沼が試合をぶち壊してくれた
お陰で、拙攻続きで嫌な流れが出始めていた千葉ロッテが
終盤だけで9点を奪い、試合を決めました。
今江は4打点、西岡は3打点、セラフィニも7回を1失点と
蓋を開けてみれば若手と代役の大活躍で、うちが観戦した
試合での最多得点のおまけ付きでした。
グルメ&観光情報:富山でのおすすめ
富山の美味しい水を育む立山、雪化粧した姿が美しいです。 しげはまの鰤コース、定番の鰤のお刺身です。 COCONUTS ISLANDのイチゴパフェ、これでもかとイチゴの山
立山連峰の雪景色は県民の誇り
氷見で鰤づくしは如何?
Coconuts Islandのイチゴパフェ
岩瀬の大町通りにある森家(国指定重要文化財)は、日本海で活躍した北前船廻船問屋。 森家の向かいにある老舗の和菓子屋さん。 皮の香ばしさが気に入りました。富山では外せない土産になりそう。
北前船廻船問屋 森家
大塚屋の前景
大塚屋の三角どら焼き
市街地から少し南に進んだ石家地区にあります。 見た目のインパクトではCoconuts Islandのパフェに劣る物の、その上品な美味しさは秀逸。 張りぼてのお城もライトアップされるとなかなか美しい。
胡風居の前景
胡風居で頂いたイチゴパフェ
富山城のライトアップ
往路は坂を下る区間のため、うちは上り坂用にと漕ぎ手から外された(笑)。 暑い日にはトンネルの中の冷気が心地良い。トンネル出口手前で撮影すると、良い感じで画像がブレてくれました。  
レールマウンテンバイク
トンネルの爽快感が最高
 
見ちゃいやん...
ここ数年、東北にばかり出掛けていて、北陸地方は少々ご無沙汰の感があるのですが、うちが最初に旅をしたのは
北陸地方(金沢)だし、結婚10周年の記念旅行も北陸(富山、金沢)だった。そんな訳で、少なからずこの地方には
縁を感じてます。
同じ北陸地方にあって、金沢は兼六園や美しい和菓子など「華」があるのに対し、富山は地味に扱われがちですが、
立山連峰が育む美味しい水があり、富山湾は豊富な水産物を産み、金沢の「華」に負けない「味」のある街だと
思っています。そんな富山でのお薦めの味を紹介します。
● 氷見の寒鰤
まず、これからの季節(これを書いているのは1月)は何と言っても氷見の寒鰤です。
「富山のおすすめ」なのに、氷見情報から書くところがこの村らしい(笑)。
氷見の鰤は、年が明けた頃からが本格シーズン。
氷見市内には鰤の部位を余すところなく食べさせてくれる割烹があり、むっちゃ美味しく頂いた記憶があります。
● イチゴ派におすすめのスウィーツ
富山にはうちが勝手に認定する「イチゴジュースの美味しい店」ベスト3の一店があります。
(その他は、帯広と伊豆・河津です)
国産イチゴにこだわったお店のため、美味しいイチゴジュースやイチゴパフェを楽しめるのは冬季限定。
野球シーズンと重なっていないのが残念なのですが、それでも冬の富山に行きたくなります。
● 田園の中の隠れ家カフェ
富山出身のsaburiさんから紹介されたお薦め店。
お店のサイトに記された「富山市石屋にある『甘党の店』」という表現が何とも嬉しいぢゃないか(笑)。
富山市街からは車で15分前後、周辺には家並みよりも広い田圃が広がる、長閑な雰囲気の場所にお店は建つ。
店内からも望める立山連峰が美しい。特に、冬から春にかけて、晴れた日に見れる雪を被った立山連峰の美しさは見事。
前述のCOCONUTS ISLANDで頂くパフェは見た目で圧倒されるのに対し、こちらのパフェは何とも上品で美味しい。
● たまには肉も良い
富山に来ると、どうしても「富山湾の海の幸」に目が行ってしまいがち。
でも、肉も美味いんです。出張で一緒に作業をした同僚の御兄弟が富山在住ということで、市民もお薦めの焼肉屋に
出かけてきました。立ち寄ったのは富山駅前にある「富山育ち」というお店。
JA全農とやま直営のお店で、富山の名水と米が創り出した「とやま牛」や「とやまポーク」を味わうことができる。
同僚には「美味い肉がお安く頂ける」と薦められたものの、ランクが上のお肉や、希少部位のお肉を注文すると、
お財布に響くかも知れません。
● サラリーマンに愛される麺処
紹介するのは、富山市役所と富山警察署の間にある「鶴喜」という、うどんがメインの麺処。
ランチタイムしか営業しておらず、お昼時には周辺の官庁、企業に勤めるサラリーマンで満席になる。
たまたま相席した方に伺ったのだが、富山市街では一、二を争う麺処なのだとか。
そんな評判に違わず、腰の強い、みずみずしいうどんは美味しかった。
ざるに盛られたうどんは少量に見えるが、結構ボリュームがある。
「並」サイズでも十分にお腹いっぱいになれます。
● この町にも爆盛系(大衆食堂 島田)
国道41号線沿い、富山市笹津地区にある食堂。
お店の外観からはなかなか入ろうとは思えないお店だが、ここは富山市では有名な爆盛系のお店。
あのギャル曽根も食べたという大きなオムライスが看板メニュー。
各誌の取材が入るのは、「オムライス(超特大)」で、1200円也。
オムライスの他にも、うどん、そば、定食類とメニューは豊富で、大きな唐揚げがごろっと5つも入った定食も
オムライスに負けず劣らずボリューミーだ。
● ラ・メゾン ド ジュン
国道41号線沿い(富山市経堂)にあるケーキ屋さん。
美術館を彷彿とさせるようなスタイリッシュな建物が素敵です。
種類が豊富で、いずれも完成度の高いケーキは「富山で唯一、東京や神戸等に出店しても肩を並べられる
パティスリー」と富山市民の間でも評価が高い。
● 三角どら焼き
富山駅から富山ライトレールに揺られること20分、岩瀬浜に到着します。
この周辺には、江戸時代に北前船の寄港地として栄えた頃を偲ばせる古い街並みが残っています。
その街並みの中に大塚屋という老舗の和菓子屋があり、大塚屋の看板商品が三角どら焼き。
その名の通り、普通は丸いどら焼きが三角形に作られています。大きさも手頃で食べやすかったな。
形状ばかりに目が行きがちですが、味もお薦め。皮が香ばしくて、美味しいどら焼きでした。
● 北前船廻船問屋 森家
岩瀬の大町通りにある森家(国指定重要文化財)は、日本海で活躍した北前船廻船問屋。
屋久杉の板戸、能登産黒松のはり、囲炉裏を飾るロシアの琥珀、土間には小豆島産の巨大な1枚岩、
日本海交易で活躍した北前船廻船問屋森家は、各地の富を集め3年の歳月をかけて明治11年に建築された
もので、当時のたたずまいを残す東岩瀬廻船問屋型町屋の一つです。
富山市観光ガイドより抜粋)
● 松川遊覧船
富山市中心部、富山城址公園横を流れる松川では遊覧船が運航しています。
江戸初期から明治後期にかけて、最大の通商路として賑わった神通川の歴史を偲びながら、富山市内の7つの橋をめぐる
遊覧を楽しむことができます。松川沿いにはソメイヨシノが460本植えられており、「日本さくら名所100選」にも選ばれた
桜の回廊を遊覧船から眺めようと、花見の季節には多くの人がお花見遊覧船を楽しみむのだそうです。
遊覧船の運航は三月下旬〜十二月上旬の季節運行となります。
● 寿司栄
ちのchanに薦められたお寿司屋さん。
カウンターのみのお店で、お客さんに寿司に集中してもらうために店内は何と禁酒禁煙。
そして板さんが寿司を握ってお客さんの前に置く時、必ず「え゛いよっ!」と叫ぶ(しかも必ずワンクッション置いて)。
ばい貝や鰤や甘えびがウマーだったそうです。
お店のサイトを確認してみると、確かに「禁煙」「禁酒」は今でも維持されています。
(ただし、禁酒なのは総曲輪店のみ)
また、市内に数店舗が点在しており、店舗によってカウンターのみだったり、座敷があったりと形式が異なります。
12月に立ち寄った時は、鰤、カワハギ、白エビの握りが抜群にんまかったです。
● 名水の里 富山
富山は名水の里でもあります。
県内のあちこちに名水が湧き出る箇所があり、富山県内を車で走る時には珈琲を野点できる道具を持っていくことを
お薦めします。
● レールマウンテンバイク(飛騨市神岡町)
レールマウンテンバイク「ガッタンゴー!!」は、岐阜県飛騨市で誕生した、マウンテンバイクと廃線後の鉄路を
組み合わせた新感覚の乗り物。仕組みはとてもシンプル。地元神岡町で製作されたオリジナルのガイドローラー付き
メタルフレームに、2台のマウンテンバイクをがっちり固定。マウンテンバイクの後輪タイヤが直接レールの上に
接地しており、マウンテンバイクのペダルをこぐことで前進、安全かつスムーズにレール上を走行します。
レールマウンテンバイク Gattan Go!!のサイトより引用)
コースは旧奥飛騨温泉口駅から旧神岡鉱山前駅までの往復6km。線路の上を走りながら、神岡町内を流れる高原川を
俯瞰したり、列車が来ることがなくなった駅を通過したりするのはなかなか楽しい。途中、三箇所にあるトンネルを
潜る時が一番盛り上がりましたね。線路沿いには桜の木が多く立っていて、桜の花が咲く時期に走れたら気持ち
良さそう。また、真冬に銀世界を見ながら走るのも楽しいかも知れません。冬は神岡に行くのが大変そうですが。
【参考】これまでの観戦結果
富山アルペンスタジアムでの観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数