■ 2019年公式戦開催予定 at 足利市総合運動場硬式野球場
ルートインBCリーグ公式戦/栃木ゴールデンブレーブス主催試合
  日程発表待ち(3月上旬に発表予定)
足利市総合運動場硬式野球場
(収容:2,670人、両翼:98m、中堅:122m)
桜並木と言えるほどではないが、球場の周りに数本の桜の木が植えられている。
満開の桜が映える、球場正面の様子
見ちゃいやん...
足利市は、栃木県南西部にある市。
古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ 有名な足利学校がある。また、足利学校は2015年4月に日本遺産に認定された。
Wikipedia:足利市より抜粋)
足利市総合運動場硬式野球場は、足利市街地のほど近くにある。 足利市役所や、後述する足利学校、鑁阿寺なども球場から徒歩で行ける場所にある。 その名の通り、足利市総合運動場の中にある野球場で、同公園には野球場のほか、陸上競技場や武道館、テニスコートなどを備えている。
■ 設備
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
照明塔を6基備えており、ナイトゲームの開催も可能。
ブルペンが内野スタンド内に設けられているため、ファウルゾーンが広く作られているのが特徴。 特にベンチ前のファウルゾーンが広く取られていて、グラウンドは三角形というよりバスタブ型に近い。 そのため、観戦エリアもネット裏に向かうにしたがってグラウンドとの距離が離れていくことになる。
観戦エリアは重厚な内野スタンドのみ。
内野スタンドは、ネット裏から一塁・三塁ベース付近までカバーしており、内野スタンドと外野との間はブルペン、および搬入口となっている。 外野スタンドは存在せず、外野フェンスの先にわずかなスペースが存在するのみである。 かつては外野スタンドが存在していたと思われるが、球場改修でグラウンドを拡張した際に、外野席があったエリアを潰したものと思われる。
ネット裏からグラウンドを見ると、レフト側に陸上競技場を、ライト側に武道館?が見える。 いかにも総合運動公園といった試合風景。また、ライト側には駐車場沿いに立つ桜の木が数本見える。
■ 観戦環境
【内野スタンド】
内野スタンドの通路は、中央と最上段、最前列にある。
上段と中段の通路が広めに取られているので、内野スタンド内の通路は十分確保されている。 中央の通路を挟み、上段に6〜7列、下段に6列の座席を配置。
ネット裏下段のみが背もたれの有る個別椅子で、それ以外は長椅子席である。 8〜12名が着席可能なブロックがネット裏に9ブロック、両翼部に5ブロック存在する。
内野スタンドとグラウンドとを隔てるフェンスが高めだが、内野スタンドの傾斜が急であるため、最前列付近に陣取らない限り、視界を遮られることはなさそう。 また、ネット裏の上段5列を覆う屋根があり、屋根がカバーするエリアが若干少ないとは思うが、雨の日、酷暑の日も安心である。
球場入口の階段を上がるとコンコースなどを経ることなく、そのまま観戦エリアに上がる構造。 階段は一塁側と三塁側に2ヵ所ずつある。
【外野席】
前述の通り、外野席は存在しない。
...が、かつては外野席があったと確信したのは内野スタンド内に「外野席連絡通路」の案内が残っているから。 案内に従い、ブルペン脇の細い通路を通って外野席方向に行くが、そこから先は搬入口が道を塞ぐ形で、現在は外野席まで通じていない。
スコアボードは手書きの小さなもの。
マッチ箱のようなスコアボードは、小諸市南城公園野球場のスコアボードを思い浮かばせる。
■ 食事、売店事情
球場周辺には、コンビニや食事処が皆無。
球場へ向かう前に飲食物を仕入れて向かうことを推奨します。
■ 駐車場
足利市総合運動場の駐車場収容台数は60台。
もっと収容台数ありそうなんだけど、どのサイトを参照しても「60台」と過少表現している。 市街地に立地しているため、車での来場を避けてほしいという意図があるのかも知れません。 総合公園の周囲には小〜中規模の駐車場が点在していて、一つの駐車場が満車でも公園の回りを一周すると空いている駐車場を見つけやすい。
ただし、収容台数が僅少なのは確かで、大会等では関係者車両分を除くと、一般用の駐車場はほとんど残らないかもしれません。 うちが観戦した高校野球の試合では、余裕をもって車を駐められましたが...。
■ 球場アクセス
JR両毛線足利駅より徒歩10分。
東武伊勢崎線足利市駅より徒歩20分。
バス路線などは走っていないため、自分の足で歩くか、車を頼ることになりそう。
【タクシー利用時】
JR線「足利駅」よりタクシー10分、730円。
東武線「足利市駅」よりタクシー10分、1000円。
奥の陸上競技場では、JFLクラスのサッカー公式戦が開催されることがあるようです。
陸上競技場をバックに、一塁側からの試合風景
キャパも小さめの球場ですから、これだけの通路があれば十分ですね。
上段と中段の広めの通路が動線にゆとりを持たせる
グラウンドは三角形というよりバスタブ型、ネット裏に向かうにしたがってグラウンドとの距離が離れていく。
ファウルゾーンが広く取られたグラウンド
最前列至上主義の典型的な球場。ネットに視界を遮られ、雨がふればずぶ濡れ、万歳!
ネット裏グラウンド寄りの座席のみ、個別椅子
栃木県って、ブルペンをグラウンドに出さない球場が多いような気がする。
内野スタンド内に設けられたブルペン
グラウンドまで距離があるのがよくわかる一枚です。
三塁側から見る試合風景
小さな箱に色々と詰め込みすぎて、すっきり感がないですね。
マッチ箱のようなスコアボード
赤色のボールのアイコンが小山運動公園野球場の場所を、
茶色のボールのアイコンが栃木市総合運動公園野球場の場所を、
桃色のボールのアイコンが佐野市運動公園野球場の場所を、
紫色のボールのアイコンが足利市総合運動場硬式野球場の場所を、
橙色のボールのアイコンが結城市鹿窪運動公園野球場の場所を示しています。
各アイコンをクリックすると、場所名、画像等、詳細情報を表示します。
色々な角度から足利市総合運動場硬式野球場
市街地にあるせいか、運動場の広さは限定的です。 このような入口が、他に三箇所ある。  
足利市総合運動場の見取り図
内野スタンド入口
 
「連絡通路」が意味するものとは? すでに存在意義を失っている通路 外野スタンドの観戦スペースを設けていないことがわかる
かつて外野席があった痕跡(「外野席通路」の案内 → ブルペン脇の連絡通路 → 搬入口に阻まれ外野には行けない)
このエリアの外周が最も狭い ところどころに桜の木が植えられている 陸上競技場と野球場の間はスペースが広めに取られていて、各種イベントに利用できそう。
球場の周囲を歩いてみました。(左から、内野スタンド裏→ライトスタンド裏→レフトスタンド裏)
春期高校野球代表決定戦 足利清風 vs 足利工大附 足利市総合運動公園野球場
TEAM 10 11 12 足利工大附:柴崎
足利清風          
足利工大附 ×         足利清風:三俣
足利清風は9回裏二死満塁まで行くが、あと一歩及ばず。 HR  
足利市総合運動場硬式野球場での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2017/4/8)
このあたり、写真を撮るには最高のポジションです。 OBを中心とした有志による応援団に見えました。  
バックネット脇から
足利清風高の応援団
 
見ちゃいやん...
栃木県のローカル球場巡り、第二試合は足利市へ移動して、足利工大付属高と足利清風高との対戦。
足利清風の三俣君、良い球は投げていたと思うが、走者をためた場面で決め球が甘くなって痛打される場面、
コースを狙いすぎてストライクが入らず、四死球で走者を貯めてしまう場面が多くみられた。
足利工大付属高有利で進んできた試合だったが、九回裏に足利清風高が怒涛の反撃。
四球や単打を連ねて貯めた走者をタイムリーで返して、まず2点。
その後も四球等で粘って、二死満塁のチャンスを作る。
ここで右中間を破るか...と思われた痛烈なライナーを足利工大付属高の外野手が攻守で阻む。
抜けると思った観客が、一瞬にして歓声から落胆の声へと変わった瞬間でした。
結果的には5回に奪われた3点が最後まで重くのしかかる形となりました。
グルメ&観光情報:足利市/足利市総合運動場硬式野球場周辺のご案内
コンクリート製の杭には記念プレートが設置されており、「三県境界」の文字と加須市、栃木市、板倉町の各自治体名と、経緯度が刻まれている
2018.01.07 栃木・群馬・埼玉の三県境にて
用水路中央に建つのが新たに建てられたコンクリート製の杭
数年前に大掛かりな再整備を実施、うち的にはかなり味気のない平成建築に生まれ変わったように見えます。 入学はしましたが、卒業はしてません(笑)。 学校エリアの最奥に鎮座しています。
史跡 足利学校
足利学校の入口
孔子座像
個人的には足利学校よりも見どころ多かったように見えました。 寺伝では開基、足利義兼公の創建となっているが現存の経堂は1407年に関東管領足利満兼により再建されたもの。内部に八角の輪蔵があり、一切経二千巻余(黄檗版)を蔵している。  
鑁阿寺の周りを巡る堀
一切経堂と桜
 
あっさり系のスープと麺との相性ばっちり、おいしいラーメンでした。 「麺屋ゐおり」の隣にあります うちは手前に写っているチョコモンブランを選択
「麺屋ゐおり」の旨塩ラーメン
「ケーキ工房モンテ」前景とショーケースに並ぶ宝石達
このハヤシライスは美味いっすよ! 蔵の街でひときわ目を惹く重厚な石造りの建物です。 昭和初期の銀行の建物を活用しています。
カマヤ特製、ハヤシライス
オールウェイズカマヤの前景
オールウェイズカマヤの館内
記念館周辺に数軒の蔵が建ち、現在も一般の方が普通に生活しています。 記念館周辺に数軒の蔵が建ち、現在も一般の方が普通に生活しています。 江戸時代にはここから水運を活用して荷物が運び出されていました。
栃木市万町周辺に建つ石造りの蔵
川沿いに立ち並ぶ石造りの蔵
見ちゃいやん...
■ 史跡足利学校
足利学校は、日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定されています。
足利学校の創建については、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などが
ありますが、歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439)、関東管領・上杉憲実が、現在国宝に
指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧・快元を招いて初代の庠主(しょうしゅ=校長)とし、
足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからです。
足利学校は、応仁の乱以後、引き続く戦乱の中、学問の灯を絶やすことなくともし続け、学徒三千と
いわれるほどに隆盛し、天文18年(1549)にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中
最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されました。
足利市のサイトより抜粋)
■ 鑁阿寺(ばんなじ)
鑁阿寺は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。
「足利氏宅跡(鑁阿寺)」として国の史跡に指定されている。日本100名城の一つ。
寺号は詳しくは「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺」と称する。足利氏の氏寺。本尊は大日如来。
鑁阿寺はもともとは足利氏の館であり、現在でも、四方に門を設け、寺の境内の周りには土塁と堀がめぐって
おり、鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されている。
Wikipedia:鑁阿寺より抜粋)
■ あしかがフラワーパーク
四季折々の花々で見るものの心に感動を与えてくれるあしかがフラワーパーク。
特にゴールデンウィークを目安に開花する紫・黄・白の藤は言葉をなくすほどの美しさです。
また、冬のイルミネーションは関東の3大イルミネーションとも言われるほどに毎年趣向を変え、来場者を
楽しませています。
■ 「蔵の街」栃木
栃木市は江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また舟運で栄えた問屋町として、北関東の商都と
呼ばれた。京都から日光に至る例幣使街道が通る栃木の宿は、東照宮に参拝する西国の諸大名も通り、
賑わいを見せた。この例幣使街道の一部が今の中心街をなす大通りや嘉右衛門町通りであり、その両側には
黒塗りの重厚な見世蔵や、白壁の土蔵群が残り、当時の繁栄振りを偲ばせている。
■ オールウェイズカマヤ
オールウェイズカマヤは「蔵の街」栃木県栃木市で「伝統的食文化の継承と発信」をコンセプトに
地産地消のフレンチと和を融合した食事ができるお店。店名は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」で
ロケ地として使われたことからこの店名になりました。
■ 渡良瀬遊水地
渡良瀬遊水地は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた
遊水池である。渡良瀬川に思川と巴波川の2つの川が合流する地点の湿地帯全体が堤によって囲われ遊水池と
なっている。2012年7月3日、ラムサール条約に登録された。
遊水地の領域は、栃木県・群馬県・埼玉県・茨城県の4県にまたがるが、大半が栃木県の栃木市に属し、
残りの部分が栃木県小山市、栃木県下都賀郡野木町、茨城県古河市、埼玉県加須市、群馬県邑楽郡板倉町に
属する。内部の面積は約33km2である。ゴルフ場が造成されている場所があったり、ごく一部に旧建設省の
許可を得て耕作が行われた場所があったりするが、建物はなく、若干の道路と橋のみがある。
Wikipedia:渡良瀬遊水地より抜粋)
■ 栃木・群馬・埼玉の三県境
海上や山頂、川で三つの境を為す所はありますが、陸地(平地)で三県境を為しているのは国内広しと
言えども、ここだけなのだとか。
当初は三県境は渡良瀬川の上だった。
足尾鉱毒事件により渡良瀬川の流路が変更され、三県境のある場所は沼地になり、そして1970年代に約2m
埋め立てられて水田になり、最終的に三県境の正確な位置は分からなくなってしまった。調査されるまでは、
用水路のY字路の部分が三県境だとみなされていた。
2016年1月から、三県境に接する2市1町は各々の県や国土地理院から助言を受けながら協議・測量を行い
はじめた。Y字路を構成するU字溝を壊し、泥を取り除いたところ、1980年の圃場整備終了時に群馬県が
設置した県境確認用の杭が発見された。2月9日には2市1町が合同して、地権者立会いの下で、三県境を
確認した。確定した三県境には新たにコンクリート製の杭が打たれた。
Wikipedia:栃木・群馬・埼玉の三県境より抜粋)
■ 出流原弁天池
出流原弁天池は、栃木県佐野市出流原町(赤見温泉)にある池である。
池は1956年、栃木県指定天然記念物に指定されているとともに、池の水源は1985年、出流原弁天池湧水として
名水百選に選定された。佐野市の北域にあたる後山は秩父古生層の石灰岩で形成されており鍾乳洞から、年間を
通じ 水温は16℃、2400(m3/日)の湧水量の水が湧き出しており、流出した水は料亭の庭の池や養魚場や
磯山公園の池に利用されて下流の灌漑用水にも利用されている。
Wikipedia:出流原弁天池より抜粋)
■ 三滝
作原にある滝で、旗川の源流にもなる深山幽谷の見事な滝。
一の滝、二の滝、そして三の滝とありますが、同じ場所からは全景を一箇所に見ることができないため、幻の滝とも
言われています。(少々大げさなような気はしますが...^^)
■ 麺屋ゐおり
佐野市運動公園野球場で観戦した前日、うちはルートインホテル佐野藤岡インターに宿泊。
ホテルから徒歩圏内で「当たり」の予感を感じたラーメン店がこのお店。
画像にある「旨塩ラーメン」、あっさりしつつも味がしっかりとしていて、スープと麺との相性もばっちり。
旨塩ラーメンと餃子、生びぃるを二杯空けたら、お腹がパンパカパンになってしまった。
食事後、隣の「ケーキ工房モンテ」でデザートも購入、満足感いっぱいの夕食となりました。
■ ケーキ工房モンテ
前述の「麺屋ゐおり」の隣にあるのがこのお店。
夜のとばりに浮かぶお店に惹かれて入店すると、夕食時にも関わらず、商品はフルラインナップ。
さびれたお店であれば「人気ないのね」と思うところだが、この外観にして、この時間帯。
まだまだ多くのお客様が訪れるのでしょう。
うちがショーケースの画像手前にあるチョコモンブランを選択、なかなか美味しいケーキでしたよ。
■ いもフライ
佐野市名物として有名なのがいもフライ。
じゃがいもを串に刺し、パン粉で揚げて特製ソースで食べます。
店によってじゃがいもの大きさやソースの味が異なるため、ソースの味などでファンが分かれます。
市内の至る所で看板や幟が見られます。
下記の「いもフライマップ」では、佐野市は堂々と「佐野にしかない懐かしい味」であるとPR。
しかし、「佐野にしかない懐かしい味」、「佐野発祥」、「特製ソース」と言い切っている点は佐野市の
明らかな誇大広告のようで、近隣市町村(足利市や館林市)でも同様のフライがあり、佐野市が発祥である
ことに明確な根拠もなく、ソースも特製でないお店が多いなど疑問点が多いのだそうな。佐野ラーメン然り、
さのまる然り、言った者勝ち&組織票により、ジャイアン狩りしたってのが本当のところらしい。
【参考】これまでの観戦結果
足利市総合運動場硬式野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2019年)のアクセス数