■ 2017年公式戦開催予定 at 楽天イーグルス利府球場
イースタンリーグ公式戦/東北楽天ゴールデンイーグルス主催試合
  詳細日程については、東北楽天ゴールデンイーグルスの公式サイトを参照
楽天イーグルス利府球場(利府町中央公園野球場)
(収容:3512人、両翼:98m、中堅:122m)
楽天ファームの本拠地となり、チームカラーのクレムゾンレッドに彩られた球場正面。
球場正面の様子
見ちゃいやん...
宮城県利府町にある野球場。
2009年より、東北楽天ゴールデンイーグルスがファーム本拠地として使用している。 ただし、2009年は、それまでイーグルスが二軍の本拠地として利用してきた天童市の山形蔵王タカミヤホテルズスタジアムと本拠地を併用する形が取られている。
イーグルスの練習場が隣接する仙台市泉区にあること、山形県と(二軍)本拠地協定の自動延長を行わなかったことから、今後はこの球場が(単独の)二軍本拠地になるものと思われます。
うちが観戦した試合は、利府での2009年最終戦。
地元の人を多数招待したらしく、ファームの試合とは思えない多数の楽天ファンで埋まりました。 頑張ってファームの本拠地を誘致しただけのことはあり、スタジアム全体が暖かい雰囲気で一杯でした。
下記の通り、観戦環境は決して良いと言えない球場なのですが、この暖かい雰囲気を大事に育てていけば、きっと設備も追いついてくるような気がします。
頑張ってくれますよね(−>利府町長さん)。
■ 設備・座席
内野スタンドと内野芝生席、外野芝生席から成り、其々独立している。 各エリア間の行き来はできず、入口が別々に設けられている。エリア間を跨いで移動するには、一旦スタンド外へ出る必要がある。
内野スタンドには10列前後の座席がありますが、スタンド最前列と最後部の二箇所が通路になるため、スタンド内の動線は比較的確保されていました。
内野スタンドの座席は背もたれのない長椅子、列と列の間が狭いので、観客の多い試合では少々窮屈に感じるかと思います。 また、両翼部分に身障者用のスペースが設けられたり、内野スタンド下に綺麗に整備された手洗い所があるなど、本拠地誘致に当たって球場施設が更新されたことが窺えます。
■ グラウンド
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝...と いう地方球場では一般的な内容。 外野席の奥に視界を遮る建物が存在しないため、天気の良い日には開放的な環境下で観戦を楽しめます。
■ 観戦環境
内野スタンド、内野芝生席ともにグラウンドとの間に高い金網が張られており、視界を遮られる。 そのため、お世辞でも観戦し易いと思える環境にはありませんでした。
金網に視界を遮られずに試合を観戦するには、外野席に行くしかなさそう。 但し、外野席が開放されるのは稀だと思われます。
■ 売店、食事事情
イースタンリーグの試合開催時には、スタンド外に数軒の臨時露店が出るため、最低限の軽食、飲料は手配可能。
但し、販売される商品は限定されるため、飲食物は球場到着前に調達することをお薦めします。 また、利府駅から球場への途中に、数軒のコンビニがあります。
位置については左の地図を参照してください。
■ アクセス
東北本線支線(利府線)の利府駅から約2km、徒歩30分と歩けない距離ではありません。 バスの本数も限られるため、気候が良い季節にはのんびり歩いて球場へ向かう方が良いかも知れません。
前述した通り、本数は少ないですが、利府駅からバスを利用することができます。利用路線は以下の通り。
時刻表の画像も、この後の項で紹介しています。
(1) しらかし台団地ゆき(宮交バス)
 駅前ロータリー、二番乗り場発
 (2)の利府循環と乗り場は同じです。
 このバスを利用時には、「青山タウンセンター前」で
下車してください(所要20分、料金は190円だったはず)
(2) 利府駅ゆき/利府循環(宮交バス)
 駅前ロータリー、二番乗り場発
 (1)のしらかし台団地ゆきと乗り場は同じです。
 このバスを利用時にも、「青山タウンセンター前」で
下車してください(所要時間、料金は(1)項と同じ)
(3) 西部路線 岩切駅ゆき(町営バス)
 駅前ロータリー左奥、町営バス乗り場発
 このバスを利用時には、「十符の里パーク」で下車して
ください(所要時間、料金は不明ですが、宮交バスより
短絡的に走るため、いずれも早い/安いはずです)
何かのTV番組で見たのですが、(3)の町営バスは週末を中心に遅れが激しいようなので注意が必要です。
時間には余裕を持って球場へ向かいましょう。
車で向かう方は、下記「駐車場」の項を参照して下さい。
■ 駐車場
車で向かう場合は、利府高校前を右折し、球場を通り越した辺りに臨時駐車場があります。 イースタンリーグの試合開催時には中央公園内の駐車場が使用禁止となるため、臨時駐車場を利用する形となります。 なお、球場の向かいにホームセンターがありますが、そちらの駐車場には決して車を停めないようにしてください。
■ 参考サイト
利府球場での最終戦とあって、地元ファンを中心に多くのファンが観戦に訪れました。家族連れには芝生席が良いですね。
一塁側芝生席
外野席にも芝生席がありますが、この日は開放せず。内野席がほぼ満席だったので、開放してくれると嬉しかったな...。
芝生席から外野方向を見る
芝生席を含め、この球場はどこも高い金網で覆われています。安全重視もわかるが、これでは試合の臨場感が半減されてしまう。
内野スタンドの様子
ここもまた目が粗く、高いネットが視界を遮ります。
ネット裏から見た試合風景
球場入口が近いこともあり、スタンド内で最も賑わう場所。グラウンドに薄く「RIFUCHO」と書かれているのがわかる。
ネット裏座席の様子
選手名表示は見やすいが、試合経過が見づらいという意見が多い。がんばれ、利府町長!
スコアボード
金網で囲まれた球場では、穴にねじこんで撮影できる携帯が威力を発揮します。
グラウンドの様子(打者:中田翔)
利府駅から楽天イーグルス利府球場までのバスアクセス
仙台方面からの列車に合わせて、駅前から出発。所要時間は約20分、料金190円。 しらかし台団地に行くバスと、利府駅の周りを循環するバスの二系統があります。 本数が限られているため、試合終了時刻にバスが来る可能性は低そうです。
利府駅からの宮交バス時刻表
宮交バス路線図
球場から帰る際のバス時刻
こちらのバスのほうが、団地を迂回することなくまっすぐに球場方面へ走ってくれるようです。 噂によると、このバスは遅延することが多いらしい。時間には余裕を持って向かいましょう。  
利府駅からの町営バス時刻表
町営バス路線図
 
余談:スコアボードについて
ホーム最終戦ということで、試合開始前に利府町長の挨拶がありました。
この挨拶がなかなか面白かった。
 先日、河北新報に利府球場のスコアボードが
 見辛いとの意見が載りました。
 スコアボードが見辛い点の改修については
 何と、国の補助金が下りることになりました! (観客拍手)
 先日、町議会でも承認されました! (観客大拍手)
 ところが
 政権交代で
 その予算が凍結! (観客大爆笑)
 政権が変わろうが、通すべきものは通す。
 民主党さんには陳情を重ねる予定です。
 皆さんのご協力をお願い致します。 (観客大拍手)
なかなか、ファンキーな町長さんです(笑)。
ほとんど挨拶らしい挨拶をしてなかったもんな(爆)。
長ったらしい挨拶が仕事と思っているお偉いさん達に見習って欲しい内容です。
他でどのような功績を残しているかしらないけれど、うち的にはなかなか愛すべき町長像に映りました。
2009年イースタンリーグ公式戦 東北楽天 vs 北海道日本ハム(18回戦) 楽天イーグルス利府球場
TEAM 10 11 12 坂元(2勝3敗0S)
Fighters       宮本(1勝3敗3S)
GoldenEaagles       愛敬(4勝8敗0S)
二番手投手の出来が終盤の逆転劇を生む形となった。 HR 丈武 11号、中田 30号
利府での戦績 0勝1敗0分(直近の観戦日:2009/09/20)
熱い声援に支えられて、選手達はいつも以上にはつらつとしたプレーを見せてくれました。 2007年の高校生ドラフト1位、札幌南高校出身とあって日公ファンからも声援が飛んでいました。  
楽天の先発は朝井
中継ぎ崩壊の中、好投した寺田君
 
見ちゃいやん...
先発は楽天が朝井、日公がダース。
プロ入り後、ダースを初めて見るのですが、高校時代の荒れ球やチキンハートがどこまで矯正されて
いるのか興味がありました。見た感じ、制球は安定していたし、連打を食らうことも少なく、競争の激しい
日公投手陣の中でかなり揉まれてきたという印象を受けました。
朝井は、そもそもこんなトコで投げてる投手ぢゃないですから、抑えて当然。
球威、変化球のキレともに、及第点かと思います。ただ、嶋や藤井が捕手の時と異なり、捕手のリードが
未熟な時に一本調子になるところが気になる。自分がリードするくらいの気概で、緩急自在の投球を
出来ないと、また上で潰されてしまうのではと思わざるを得ません。
試合の方は、初回に楽天の失策で日公が先制、その裏丈武の本塁打で同点。
4回に中田翔の豪快な一発で再び日公がリードするも、その裏に外野手の失策等で楽天が逆転。
このまま楽天が勝利...と思いきや、朝井の後を継いだ愛敬と吉崎の出来が最悪で、日公打線に連打を
食らって自滅。CSシリーズを狙う一軍とは裏腹に、勢いも元気も見られないイーグルスファームでした。
楽天イーグルス利府球場...というか、仙台エリア周辺のグルメ・観光情報
東京では考えられない肉厚の牛タンが至福の時を演出/利休東口本店にて 画像は東部工場店の様子。早朝から店を開けてくれるのは、朝が早い旅人にとって非常に有難い。 美味しいものを見つけて追加するまで、カラスコchanの画像で楽しんでください
利休で堪能した牛タン
こだまのどら焼き本舗
(只今準備中)
桜の木でたたずむ女性、絵になります。 山の上まで桜の帯が続いているのがわかるでしょうか。 満開の桜にも勝る、満開の笑顔
船岡駅周辺には城址公園と白石川の土手沿いに見事な桜並木があり、4月下旬には街全体が桜色に染まる。
見ちゃいやん...
利府町は、仙台都市圏の中に組み込まれた新興のベッドタウンであり、利府町単体で見ると観光資源は乏しい。
観戦のためこの町を訪れる人の大半は、仙台駅から東北本線を利用して、若しくは仙台市から利府街道を利用して
向かう人が大半でしょうから、この項では視野を少々広げて、仙台エリアのグルメ&観光情報を載せています。
● やっぱり牛タン
試合終了後には是非牛タン屋へ!
仙台駅ビル内に「牛タン通り」がありますが、いつ行っても行列ができています。
うちのお薦めは、仙台駅東口エリアに数店ある「利休」。ここなら、ほぼ並ばずにお店に入れます。
事前に場所を調べて、仙台での滞在時間を有効に使ってくださいませ。
利休の牛タンはとにかく分厚くて、美味い。都内の店で出される牛タンとの厚みの違いを実感してください。
正直、利休ほどのインパクトは無いのですが、べこ政宗本舗もお気に入り。
スタジアムや、仙台駅から少し離れるため、試合終了後の混乱に巻き込まれることはない。
食事よりも、お酒と牛タンを楽しむ方に主眼を置いている店なので、食事目当ての慌ただしい人達に巻き込まれず
落ち着いた雰囲気の中で牛タンを楽しむことができます。
● 喜久水庵
最近では各地で見かけるようになった生クリーム大福。
喜久水庵は、そんな生クリーム大福を早くから手掛けていたお店で、お茶屋さん(お茶の井ヶ田)が自ら作る
抹茶生クリーム大福の味は絶品。大福以外にも抹茶生クリームが入ったどら焼き、シュークリームなどがあり
どれをとっても逸品。とにかく、抹茶生クリームが濃くて、美味いのです。是非一度、お試しあれ!
● 卸町工業団地のお薦め
苦竹交差点を南へ折れ、二つ目の卸町交差点を東へ入ったエリアに、うちが仙台へ行く際に必ずと言って良いほど
立ち寄っているお店が二店あります。
一店目は「こだまのどら焼き本舗(東部工場店)」
仙台駅ビルにも店舗はありますが、東部工場店は工場併設ということで朝5時半から開いているのが嬉しい。
そのまま南下すれば仙台東部道路のI.C.ですので、高速道路に入る前に立ち寄れる立地条件も良いのです。
「こだま」さんのお薦めは、いちごどら焼き。甘酸っぱいいちごの餡が絶妙です。
スタンダードな小豆のどら焼きと合わせてどうぞ!
→ こだまのサイトへGo!
二店目は「鐘崎笹かま館」
笹かまぼこの老舗「鐘崎」がテーマパーク的に出店している店舗で、土産品の購入の他、
笹かまぼこの手作り体験なども行えて楽しいです。試食もできますので「小腹が空いたがここで食べると夜に
沢山牛タンが食べれない」と言う時に、時間つぶしを兼ねて訪ねるのも良いかも知れません。
→ 鐘崎笹かま館のサイトへGo!
● ケーキハウス「フレーズ」
決して作り置きをせず、新鮮な材料で作ったケーキを安心して購入できることをコンセプトに掲げるお店。
清潔感があり、接客も重視したお店を目指していることも消費者にとっては嬉しいですね。
イートインコーナーも設けられているので、店内でケーキを頂くこともできます。
● 仙台城址(青葉城址)
仙台城は、慶長年間に伊達政宗が築造した城。
廃藩置県・廃城令までの約270年に渡り伊達氏代々の居城であり、仙台藩の政庁だった。
伊達政宗が築城した仙台城は約2万坪で、徳川家康の江戸城に次ぐ大きさを誇り、全国最大級の城であった。
幾度となく、地震などによる損害を受けながらも修復を繰り返し、奥羽越列藩同盟盟主として戊辰戦争を経るも、
一度も戦火を見ることなく要塞としての機能を終えて、その後は明治初期から大正にかけてその大半が失われた。
数少ない遺構であった大手門、脇櫓、巽門は国宝(旧国宝)に指定されていたが、太平洋戦争時の仙台空襲により
焼失した。現在では、宮城県知事公舎正門の建築に転用された寅の門の部材が残るのみである。
Wikipedia:仙台城より抜粋)
● 瑞鳳殿
瑞鳳殿は、仙台市都心部の南西、広瀬川の蛇行部に挟まれた経ケ峯にある伊達政宗を祀る霊廟。
仙台藩初代藩主・伊達政宗は生前に、自らの死後、遺骸を仙台城下町南西縁にある経ケ峯に葬ることを遺言し、
1636年に没した。政宗の後を継いだ第2代藩主・伊達忠宗は政宗の遺言に従い、翌1637年10月、政宗の御霊屋を
経ケ峯の東の峰に、正面が仙台城本丸を向くよう西向きに建立し、「瑞鳳殿」と命名した。
瑞鳳殿は、本殿・拝殿・唐門・御供所・涅槃門からなり、桃山文化の華麗な建築を誇った。
その後、第2代藩主・忠宗を祀る「感仙殿」、および、第3代藩主・綱宗の「善応殿」も経ケ峯に建立された。
1931年に瑞鳳殿は国宝に指定されたが、第二次世界大戦末期の1945年7月10日の仙台空襲で瑞鳳殿、感仙殿、
善応殿は総て焼失。1979年、瑞鳳殿の本殿・拝殿・涅槃門・御供所が再建され、翌1980年に瑞鳳殿資料館が
新設された。1985年(昭和60年)には、感仙殿および善応殿も再建された。
Wikipedia:瑞鳳殿より抜粋)
● 秋保大滝
秋保大滝は、名取川の上流部にあり、落差55m、幅6mで流れ落ちる壮麗な滝。
国の名勝に指定されており、日本の滝百選の1つにも数えられる。秋保温泉に近く、観光客の来訪も多い。
厳冬期の2月上旬頃には、秋保大滝が凍る場合がある。
● 塩釜水産物仲卸市場
仙台から仙石線で少々足を延ばして塩釜へ。
ここには東北一の大きさを誇る「塩釜水産物仲卸市場」があります。
店舗数は350店以上、鮮魚貝類はもとより、塩干加工品・冷凍物・珍味など全てが揃います。
一般の方とプロの職人さんが、平等に商品を買える市場です。
● 亀喜寿司
塩釜まで足を延ばしたのであれば、やはり地元のお寿司屋さんへ行きたい。
亀喜寿司では、地元でも珍しいと言われるマツカワガレイを味わうことができます。
脂が乗っていて、身は甘く、特にエンガワは他のカレイよりも濃厚な味わいがするとか。
マツカワガレイは、お塩でサッパリ頂きましょう♪
【参考】これまでの観戦結果
楽天イーグルス利府球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数