結城市鹿窪運動公園野球場
(収容:2,400人、両翼:95m、中堅:120m)
何処とは言いませんが、過剰反応した地元高校の保護者会から入場時に写真撮影自粛を求められたため、ネット裏後方からの写真はこの一枚のみ。
ホームベース後方には「KANAKUBO」のロゴ
見ちゃいやん...
結城市は、茨城県の西部に位置する市。
Googleを用いて街の情報を検索すると、Wikipedia等から引用される形で、歴史や文化、観光などその街の特徴をサマライズした情報が画面右側に表示されるのだが、 結城市については上記の通り「茨城県の西部に位置する市」としか表示されない。
さすがに、何も無い訳ではなかろうが、地味な町ってことなんですかね。 隣県の佐野市のように、あさましく、がつがつ売り込めとは言いませんが、せっかく結城紬とか全国的に有名な文化が継承されているのだから、もう少し、街の価値を上げても良いのではないですかね。
さて、そんな前置きはさておき、本題。
結城市鹿窪運動公園野球場は、その名の通り、結城市の鹿窪運動公園にある野球場である。 うちの予想に反し、よく整備された美しい公園で、うちが観戦に出掛けた日は見頃は過ぎていたが、桜の花が綺麗に咲く中、野球観戦と花見を同時に楽しめました。 同公園には野球場のほか、体育館や武道館、テニスコートなどを備えている。
■ 設備
グラウンドは内外野ともに人工芝。
地方球場としては珍しい部類の球場かと思います。
内野スタンドが小さく、ブルペンを内野スタンド内に設けることができない関係で、ファウルゾーンに簡易ブルペンが設けられている。 ホームベース後方には、KANAKUBOのロゴが入る。
人工芝を採用すること自体は否定しないのだが、この球場については、地方都市の無知な小役人が、見栄だけで人工芝を採用した結果、グラウンドの痛みが目立つ悲しい球場が残った形である。 人工芝って、クレー舗装と違い、こまめなメンテナンスで金が要る点をまったく考慮しなかったようにも見える。 グラウンドの痛みだけでなく、各塁のアンツーカ、ピッチャーマウンドと人工芝の境でイレギュラーが起きやすく、うちが観戦した試合でも何度か打球、送球の向きが変わり、試合展開に影響を及ぼすシーンがあった。
照明塔を6基備えており、ナイトゲームの開催も可能。
観戦エリアはネット裏スタンド、内野芝生席と外野芝生席の三つに大別できる。 各エリアが独立しており、相互の往き来は出来ない。
■ 観戦環境
【ネット裏スタンド】
ネット裏スタンドはすべて長椅子席。
6〜7名着席可能なブロックが11ブロック、各ブロック6列の座席がある。 通路は最前列のみでスタンド内の動線はやや悪い。 ネット裏スタンドへの入口は、同スタンドの両脇2ヵ所にあり、階段を数段上がると観戦エリアに至る簡素な構造である。 上段3列、中央5ブロック程度を覆う屋根がある。
【内野芝生席】
内野芝生席は観戦エリアというよりは、待機用、アップ用という感じ。 傾斜は緩め、グラウンドとを隔てるフェンスも高いので、観戦エリアとしては不向きである。 内野芝生席への入口はホームベース寄りに1ヵ所ずつ。土盛りを上がれば、すぐに観戦エリアに至る構造である。
【外野席】
外野スタンドもおまけで作られたような些末なもの。 奥行きもなく、傾斜も緩め、フェンスが高めなので、こちらも観戦には不向き。 レフトとライトスタンドの間は、バックスクリーン前を通って(それもまた、どうかと思うのだが)往き来が可能。 外野席への入口はポール寄りに1ヵ所ずつ。こちらもまた、土盛りを上がればすぐに観戦エリアに至る構造である
【その他】
ネット裏から見ると、外野席後方の桜並木が見事。
スコアボードはチーム名と得点表示のみでLED方式を採用。 以前は選手名表示もできたようだが、LED導入時に必要箇所のみに集約した模様で、当該箇所は穴埋められた跡が残っていた。
■ 食事、売店事情
球場周辺には、コンビニや食事処が皆無。
球場へ向かう前に飲食物を仕入れて向かうことを推奨。
■ 駐車場
結城市鹿窪運動公園の駐車場収容台数は525台。 公園を取り囲むように、大小7か所の駐車場を配している。 この規模の球場であれば、体育館など、他の施設と大会やイベントがバッティングしない限り、満車になる可能性は低いかと思われます。
詳細は下記、公園の案内図を参照。
■ 球場アクセス
結城市鹿窪運動公園の最寄駅は、JR水戸線の結城駅。
駅から公園までの距離は約2.5km、徒歩約35分。
季節が悪くなければ、歩けない距離ではないですね。
バス路線などは走っていないため、自分の足で歩くか、車を頼ることになりそう。
【タクシー利用時】
JR線「足利駅」よりタクシー10分、910円。
見ての通り、小ぶりの市民球場といった感じです。
飾り気のない球場正面の様子
メンテナンスできないなら、初めから内外野人工芝なんてやるもんぢゃない。
内外野の人工芝がすっかり色あせている
座席はすべて長椅子席である。
ネット裏からベンチ付近までの小さな内野スタンド
傾斜も奥行きもなく、観戦することを前提には作られていませんね。
おまけ程度に作られた外野スタンド
主な用途は観戦というより、次試合出場選手のアップ場所といった感じ
観戦には不向きな傾斜のない内野芝生席
まぁ、そういう用途っていうことです。
内野芝生席で次試合の選手達がアップ中
まったく人工芝にしたメリットを感じられないでしょ(笑)。
外野席から観る試合風景
埋められて久しい選手名表示部が寂しい
LED化と同時に機能縮小されたスコアボード
色々な角度から結城市鹿窪運動公園野球場
コンパクトな内野スタンド、嫌いぢゃないです。 色あせている...。 試合の趨勢よりもグラウンドの痛み具合が気になる。
内野スタンドの前景
外野席付近を撮影してみる
内野芝生席から観る試合風景
最低限のルールは守れる球場仕様にしませんか? 桜並木の後方は池が作られていて、市民の憩いの場になっている。 外野スタンドの観戦スペースを設けていないことがわかる
バックスクリーン前の通路、あり得ん!
センター後方には市民憩いの場が
内野席入口(左)と芝生席入口(右)
今年の花見は諦めていたのだが、ひょんな場所で花見をすることに。 散り際の桜、いとおかし 球場はしょぼいのだが、よく整備された公園でした。
球場の周囲では桜が満開(左から、三塁側後方→一塁側後方→おまけで公園案内図)
春季高校野球県大会地区予選 岩井 vs 結城一 結城市鹿窪運動公園野球場
TEAM 10 11 12  
岩井          
結城一          
失策だらけの両チーム、勝ったところで次は...。 HR  
結城市鹿窪運動公園野球場での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2017/4/15)
見ちゃいやん...
茨城県のローカル球場巡り、第一試合は結城市にて、結城一高と岩井高との対戦。
球場は一部を除き、地元である結城一高を応援する雰囲気。
開催球場を決める際はある程度までは移動距離を考慮する必要はあるものの、あまりその点にこだわり過ぎると
開催球場がある町の高校と、そうでない高校との間で「格差」が生まれるのよね。
どちらからも遠い、ある意味「中立」の場所で、平等に試合をやっても良いんぢゃないかな。
結城鹿窪球場、画像にある通り、全面人工芝のグラウンドになっています。
地方小都市の球場では非常に珍しい(大田スタジアムや、大田市民球場等の事例がある程度)。多分、事例数が
少ない人工芝球場を「おらが町」に導入してポイントを上げたかったんでしょうが、とても悲しい状況になって
いました。
地方小都市の無知な役人が見栄だけで人工芝を採用した結果、グラウンドの痛みばかりが目立つ悲しい球場が
残った。人工芝って、クレー舗装と違って、こまめなメンテナンスと、短いサイクルでの芝の交換が必要なので
コストが莫大なのよ。グラウンドの痛みだけでなく、各塁のアンツーカやピッチャーマウンドなどと人工芝の境で
イレギュラーが起きやすい状況になっていてく、観戦した試合でも何度か打球、送球の向きが変わり、試合展開に
影響を及ぼすシーンがあった。
当時、人工芝採用を決定した役人は既に退職しているか、担当を外れているかで「僕、知らないもん!」「責任
ないもん!」って言うんでしょうが、お前らいつか暴走老人とか、浜渦のように百条委員会に引っ張り出されても
知らんぞ(笑)。まぁ、そんな小ネタはさておき、とにかく酷い、悲しいグラウンドだったってことです。
この球場で試合を設定された高校球児達がかわいそうです。
あと、茨城県の高校野球連盟の方、ネット裏と外野席での動画、写真撮影はご遠慮ください...って、
やり過ぎぢゃありません? SNSに投稿されて、高野連が持つ権益とか、肖像権の問題とか、公正な試合運営の
ため、何らかの縛りをかけることは必要だと思いますが、他県ではそこまでやってませんよ。(特に青字部分)
そこまで言うなら、ネット裏って何処までがネット裏かも明示して頂けませんかね。
過剰反応した結城一高の保護者会のリーダーとおぼしき人から、内野スタンドでカメラを持つ人達に対して、
十把一絡げに撮影禁止のキャンペーン張られて、はなはだ迷惑なんですけど。その対応に非常に憤慨しましたので
ご当地、結城一高を応援する父兄が多い中、ネット裏ど真ん中で岩井高校に200%肩入れしてやりました(笑)。
結城一高の選手達よ、悪いのはあなた達の学校の保護者会ってことで(爆)。
保護者会って偉そうにしてますが、我孫子ではあんな事件も起きてますしねぇ。
グルメ&観光情報:結城市/結城市鹿窪運動公園野球場周辺のご案内
     
     
見ちゃいやん...
■ 史跡足利学校
足利学校は、日本で最も古い学校として知られ、その遺跡は大正10年に国の史跡に指定されています。
足利学校の創建については、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁説、鎌倉時代の足利義兼説などが
ありますが、歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439)、関東管領・上杉憲実が、現在国宝に
指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から僧・快元を招いて初代の庠主(しょうしゅ=校長)とし、
足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからです。
足利学校は、応仁の乱以後、引き続く戦乱の中、学問の灯を絶やすことなくともし続け、学徒三千と
いわれるほどに隆盛し、天文18年(1549)にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中
最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されました。
足利市のサイトより抜粋)
■ 鑁阿寺(ばんなじ)
鑁阿寺は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。
「足利氏宅跡(鑁阿寺)」として国の史跡に指定されている。日本100名城の一つ。
寺号は詳しくは「金剛山 仁王院 法華坊 鑁阿寺」と称する。足利氏の氏寺。本尊は大日如来。
鑁阿寺はもともとは足利氏の館であり、現在でも、四方に門を設け、寺の境内の周りには土塁と堀がめぐって
おり、鎌倉時代前後の武士の館の面影が残されている。
Wikipedia:鑁阿寺より抜粋)
■ あしかがフラワーパーク
四季折々の花々で見るものの心に感動を与えてくれるあしかがフラワーパーク。
特にゴールデンウィークを目安に開花する紫・黄・白の藤は言葉をなくすほどの美しさです。
また、冬のイルミネーションは関東の3大イルミネーションとも言われるほどに毎年趣向を変え、来場者を
楽しませています。
【参考】これまでの観戦結果
結城市鹿窪運動公園野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数