■ 2017年公式戦開催予定 at 明治神宮野球場
日本女子プロ野球リーグ公式戦/埼玉アストライア主催試合
  2017年 7月17日(月)    埼玉アストライア vs 京都フローラ
セントラルリーグ公式戦(交流戦含む)/東京ヤクルトスワローズ主催試合
  詳細日程については、東京ヤクルトスワローズの公式サイトを参照
明治神宮野球場
(収容:35,650人、両翼:101m、中堅:120m)
一新されたスコアボード。
2008年に新装されたスコアボード
見ちゃいやん...
神宮球場は国内では珍しい宗教法人が所有する野球場。
東京六大学野球連盟の本拠地であり、阪神甲子園球場と並ぶ「野球の聖地」とする声も多い。大学野球の他で、東京ヤクルトスワローズが専用球場として使用する。
優先使用権が大学野球連盟側にあるため、プロ野球の試合開催にあたって数々の制約がある。詳細について、下記にWikipediaのリンクがあるので参照されたし。
■ 設備
グラウンドが狭く、フェンスも低いためにホームランが出易く、Swallowsの選手が放つ本塁打の半分は球場の賜物...と長い間他チームファンから揶揄されてきたが、 2008年のシーズンを前に人工芝張替えとスコアボードの一新、外野フェンスを後方へ移動する拡張工事を実施、ようやく普通の球場並みの広さとなった。
人工芝張替えによって、グラウンドコンディションはかなり向上したと言われる。 例えば、神宮の堅い人工芝は足への負担が大きいという理由で、足に故障を抱える広島の前田選手は神宮でのヤクルト戦を休養日に当てることが多かった。 人工芝張替えによって、神宮でも前田選手の雄姿を見れる機会が増えるかも知れない。
グラウンドコンディションの向上とは裏腹に、我々ファンが観戦するスタンド部分の設備は極めて劣悪で、至る所にガタが来ている。 外野スタンドの傾斜が非常になだらかで、どこからでも球場全体を見渡せる。選手も比較的近くに見える。 しかし、傾斜が緩い分、前の人の頭が非常に気になるのね。イライラするのね。
内野席に張られるネットを支える黒い支柱が結構太くて、ネット自体も視界を遮るために観戦には非常に邪魔。
しかも、ポール際や内野自由席部分から、ホームベース付近が非常にみづらく、一体何を観戦してるんだろう...という感じ。
スタンドが緩やかな割には、全体的に窮屈に感じる部分の多いスタジアムです。
■ 球場アクセスと食事事情
地下鉄銀座線外苑前駅が最寄駅。
その他、都営大江戸線の国立競技場前駅や、中央線の信濃町駅も利用できる。新宿、渋谷、赤坂、霞ヶ関...と何処からでも行き易いのは有難い。 まぁ、霞ヶ関の役人どもに野球を観て欲しいとも思わないし、タクシーチケット使える時間まで残業し、タクシーの運chanからキャッシュバックをもらってなさい。
地下鉄外苑前駅から神宮球場へ至る道沿いには、多くの飲食店が並び、試合がある日には弁当や飲み物を街頭販売しています。 スタジアム内にも売店はありますが、正直目を惹くメニューはないので、ここで調達して球場へ入るのが良いかと思います。
■ ファンサービス
色々なスタジアムで、多くの試合を観戦してきましたが、ヤクルトほどファンサービスの悪い球団はない。
あのギャンブラーズ以下って相当なものですよ(失笑)。
7回攻撃前に各チームの球団歌を流すのが恒例となってますが、この球場は自チームの球団歌しか流さない。
試合終了後のヒーローインタビューも、自チームが勝った時にしか行わない。自チームが敗れると、試合終了後、早々に外野の照明を落とし始める。
ビジターチームファンに対するヤクルト球団のこれら一連の冷淡さや、無下に扱う姿勢は本当腹立たしい。
長いことセントラルで、首都圏で胡坐をかき続けたことが、12球団で最低のファンサービスを生んでいると言える。
また、自チームの攻撃中にスタジアムDJが「Go Go Swallows」の掛け声を連呼するのですが、 少しタイミングがずれてるし、それしかやらないから非常に寒い。
試合開始から試合終了まで、ずっと盛り上がりに欠ける寂しいスタジアム。 ファンサービスやスタジアムには何もお楽しみが無いのならば、自己満足で河川敷で試合してりゃいいぢゃんって思います。
■ 場所取り
前日から場所取りに出たことが一度あります。 待ち行列は、レフトスタンド入口からバックスクリーン後方へ続き、そこから周回道路に出て、サイクリングセンターの方へと延びていきます。 前日から場所取りをするファンが少ない場合は、スタンド下だけで待たせることもあるので、都度、球場係員に確認した方が良いかと思います。
■ 総評
スタジアムはぼろぼろ、観戦環境は最悪。
でも、交通アクセスや立地条件が良いことを加味すると、5段階評価で2(最高は5)ってトコですかね。
■ 超私見
これまでに書いた通り、戦前から何とかごまかしごまかし使用してきた球場は痛みが激しい。 「野球の聖地」として扱われているが故に、改修が難しい点があるのでしょう。
アマチュア野球で使用するなら、グラウンドさえ良好なら問題はないが、プロ野球の公式戦で使用する場合には、あの陳腐でチンケなスタンドは問題。
しかも、興行優先権の問題で、気候の良い春や秋の休日であっても、ナイターが多くなる点など開催スケジュール的にも厳しいものがある。
そこで、「ヤクルトはとっとと松山へ本拠地を移せ」と思います。 産経新聞やフジテレビとの関係もあるでしょうが、セ・リーグの凋落や、パ・リーグ各球団が各地で地元密着のファンサービスを 定着させたことを考えると、ヤクルトが東京に固執する理由は何も無いはずです。
松山は四国最大の都市、近県(香川、高知、広島、山口)への交通手段も整備されている。 坊ちゃんスタジアムというプロ野球の年間開催が十分に可能なインフラもある。
これまでにヤクルトは松山で多くの試合を開催しており、古田が2000本安打を放った球場も松山。 まんざら悪い話ではないと思います。 瀬戸内海を挟み、広島東洋カープとの「瀬戸内海シリーズ」などを開催すれば、盛り上がる要素は十分にあるでしょう。
■ 参考サイト
携帯の割には綺麗に撮れましたね。人工芝張替えで、芝目が長く、柔らかくなっているのがわかります?
張り替えられた人工芝が美しい
応援中の楽天ファン、仕事帰りの人がかなり多かったです。
楽天戦、外野席は楽天ファンの方が多く入った。
2007年までのスコアボード、色々と不要な表示が沢山あった。
2007年までのスコアボード
2007年度交流戦 千葉ロッテ vs ヤクルト(4回戦) 2007/6/24 明治神宮野球場
TEAM 10 11 12 荻野(1勝1敗0S)
Marines       小林雅(1勝2敗15S)
Swallows       石井ピン(5勝6敗0S)
里崎の逆転満塁弾で連敗を4で止める。こんな劇的な勝利は久々です。 HR 里崎 5号、ワトソン 3号、
ガイエル 16号、青木 11号
神宮での観戦成績:7勝3敗0分(直近の観戦日:2015/03/20)
レフトスタンドを真っ黒に埋めたMarinesファン、ヤクルトファンよりも沢山入ってます。 試合中の様子、人工芝が非常に堅そうだ...。
神宮のレフトスタンドを真っ黒に染めたマリサポ
張替え前のいかにも足に悪そうな人工芝
見ちゃいやん...
3回に相手のエラーに乗じて1点を先制するも、先発 清水は毎回走者を背負う苦しい投球。序盤こそ、併殺2つで
切り抜けていたが、4回にガイエルに一発を浴び、5回には3連打で2点を失い、一気に逆転されてしまう。
逆に打線は、決して良さそうに見えない石井ピンを打ちあぐね、淡白な攻撃を繰り返す。そんな石井ピンを
ようやく捕えたのは8回、竹原と早川の連打、堀の死球から無死満塁。しかし、福浦が良いところなく三振、
サブローが初球をファールフライ...と、チャンスを潰しかけたところで、里崎が起死回生の逆転満塁弾。
もう、レフトスタンドは大騒ぎですよ。
ただ、この本塁打、打った瞬間は外野席でため息が出るほどの凡フライに見えた。
内野のファールフライか、良くて浅いレフトフライか...という感じ。...が、レフトのラミレスが何故か
ゆっくり、ゆっくりと後退して、フェンスに近づいてくる。 「ををっ?」「あれっ?」、皆が騒ぎ出した頃に、
ボールがレフトスタンド最前列に落ちると、黒い軍団はお祭り騒ぎ。いやぁ、気持ちいい!!
今日の殊勲者は里崎だけど、8回の先頭打者(代打)できっちり安打を放った竹原、3回と8回の得点に絡む
猛打賞の早川、8回裏の攻撃を剛球できっちりねじ伏せた薮田、この3人の活躍抜きに今日の勝ちは語れません。
2008年度交流戦 楽天 vs ヤクルト(2回戦) 2008/5/26 明治神宮野球場
TEAM 10 11 12 永井(5勝4敗0S)
Golden Eagles       11 小山(2勝1敗3S)
Swallows       13 リオス(2勝6敗0S)
永井降板後、中継ぎが冷や冷やでしたが、何とか逃げ切り。 HR
この日は、天気予報でほとんど雨の心配は無いと言われていたのですが...。
試合中盤からぽつぽつと振り出した雨は、終盤に入って本降りに...。
どうも神宮では雨に逢うケースが多いようです。
平日のナイターは18:20開催、べるさっさすれば間に合うのが嬉しいです。
試合開始ぎりぎりに入っても、席は十分空いているし、のんびり観戦できました。
【参考】これまでの観戦結果
明治神宮野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数