■ 2017年公式戦開催予定 at 浜松球場
セントラルリーグ公式戦/中日ドラゴンズ主催試合
  2017年 6月27日(火)    中日ドラゴンズ vs 阪神タイガース
浜松球場
(収容:26,000人、両翼:99.1m、中堅:122m)
チケット代の高さを嫌われたか、年に一度の試合開催にも関わらず、観客は少なかった。
2016/05/24 浜松球場にて
この施設内容で3000円以上のチケット代を取るのは犯罪に近い(笑)。正に浜松「ぼったくり」球場。
比較的近い場所にありながら、なかなか観戦機会を作れなかった球場の一つです。
球場正面の様子
見ちゃいやん...
■ 概要
浜松球場は、浜松市中区の四ツ池公園内にある野球場。
高校野球、社会人野球などアマチュア公式戦の他、中日ドラゴンズがオープン戦と公式戦を年1〜2試合、当球場で主催している。
1948年、浜松市営球場として開場。
開場時のフィールド規格は、両翼91.5m、中堅106mだった。
1979年、施設の老朽化に伴い全面改築を実施、これが現在の浜松球場である。
改築後のフィールド規格は、両翼91m、中堅118mだった。
その後、2003年にスコアボードが電光掲示板に改造され、2004年3月には球場のリニューアル工事が実施されたほか、 耐震補強工事、グラウンド拡張、選手控室・ロッカー室・観客用トイレ(内野のみ)の改良が行われている。
■ 新球場建設構想が進行中
静岡県交通基盤部は21日、浜松市西区で建設構想を策定中の新野球場について、 全体事業費を150〜180億円程度と概算して今後精査する方針を示し、 2016年度予算案に測量や地質調査、設計など2〜3億円の関連経費の計上を検討していることを明らかにした。 新野球場の整備概要が明らかになったのは初めてで、多額の建設費を要する事業だけに、県議会の理解を得られるか注目される。
関係者によると、新野球場は同市西区篠原地区の遠州灘海浜公園に建設し、防災機能を兼ね備える。 平時は防災用品の備蓄スペース、災害発生時は公園利用者や国道1号通過車両の津波緊急避難場所として活用する。 遠州灘沿岸で造成中の防潮堤の完成に合わせ、東京五輪が開催される2020年を目標に整備する。
規模は県営草薙球場と同規模の22000人程度で、両翼100m、中堅122m。 事業費のうち、用地取得費は浜松市が負担する。(静岡新聞(記事1)より抜粋)
■ でも、建設方針については揉めているようです。
静岡県の遠州灘海浜公園篠原地区(浜松市西区)への新野球場整備をめぐり、 市議会が2016年度一般会計当初予算から関連調査費を減額する修正案を可決したことを受け、 建設のため市に5億円を寄付したスズキの鈴木修会長は26日、「篠原地区に造るというので寄付した。 手続きをやり直すならば、寄付金は返してもらう」と述べ、市に返還を求める考えを明らかにした。
鈴木会長は今月中にも新たに5億円を寄付する予定だったことも明かした上で「追加寄付は取りやめる」と断言。 「20年来、地元が建設を求めてきたのに(認めないとは)理解できない。他に建設に適した土地があるならば、 示してほしい」と市議会を批判した。スズキは野球場建設への協力費として2014年9月に1億円、2015年3月に4億円を いずれも市スポーツ施設整備基金に寄付した。(静岡新聞(記事2)より抜粋)
■ 設備と観戦環境
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
照明塔が6基あり、ナイトゲーム開催が可能である。
【観戦エリア(共通)】
観戦エリアは内野席と外野席の二つに大別できる。
内野席はネット裏と両翼部に分類できる。
ネット裏と両翼部とは通路で繋がっているが、その間には仕切り用の鉄柵がある。 その鉄柵を境に、内野S席と、内野A席・内野B席とを仕切っている。
【内野スタンド】
他球場で見られるような、球場の各ゲートと、内野スタンドの観戦エリアとの間に設けられるコンコースが存在しない。 内野スタンドの柱が、球場の外周部分を円を描くように支えていて、外観がちょっとしたコロッセウムのよう。 事務所などが入る部分から、外周部分の柱までの間が、場内の通路となっていて、コンコースとは言えないが、この通路を通って、 内野スタンド内の移動が可能である。また、内野スタンド内の売店なども、この通路沿いに設けられる。
上記の通路から、内野スタンドの観戦エリアへと通じる階段が設けられている。 内野スタンド中段に直結する階段が両翼部に三箇所、上段に直結する階段が二箇所、 ネット裏の中段に直結する階段が左右に1箇所ずつ、ネット裏の上段に直結する入口も左右に1箇所ずつ設けられている。
内野席はネット裏(内野S席)が背もたれのある個別椅子で、それ以外(内野A席・B席)は長椅子席である。 座席はすべて緑色に統一されている。 うちは内野A席で観戦したのだが、長椅子席にマジックで簡易的に線を引いて座席番号を付与した仕様で、チケットは4000円/枚。 正直、4000円はボリ過ぎだろうと思う。このは、中日対DeNAという少々地味なカードだったこともあるが、年に一度のプロ野球開催の割に、 入場者数が少なく感じたのは、このボリ過ぎのチケット価格に嫌気がさしたファンがリピートしてくれない事情もあるのだろう。
8名程度が着席可能な座席列が、各通路を挟んで、上段、中段、下段に設けられている。 下段と中段の間、中段と上段の間、および内野スタンド最上列が通路となっている。 最前列は通路になっていないため、最前列に陣取るとフェンスにかぶりついて観戦が可能である。 各座席列にはアルファベット文字が付与されていて、グラウンド寄りの最前列がA列で、下段はH列まで、中段はR列まで、上段はY列までとなっている。
三箇所ある通路に加え、内野スタンド下の通路を使っての移動も可能であるため、キャパシティを考慮すると動線は比較的確保されていると言える。
内野席とグラウンドとを隔てるフェンスは高め。
内野スタンドにそれほど傾斜がないため、中段の前よりくらいまでに陣取ると、フェンスに視界を遮られることになる。
【外野スタンド】
外野席は芝生席 内野席から見る限り、傾斜も奥行きもあまりなくて、観戦しづらいのではないかと思う。 加えて、外野フェンスの上に金網がかさ上げされていて、観戦しづらさを更に増している。 元々、この金網は設置されていなかった。 しかし、外野席から度々ファンがグラウンドに乱入したのを受けて、このようなトラブルが頻発したこともあって、翌1997年には外野フェンスが嵩上げされ、さらに主催者側が試合終了直後、フィールド上に警備員を配置するなど警備を強化して、観客の入り込みを防止するようになった。 グラウンドとを隔てるフェンスが低めで、結構見易いと思われる 外野席にはバックスクリーン裏にレフト/ライト共通の入口があり、外野席の両脇(ポール付近)、および外野席の中央にも1箇所ずつ入口が設けられている。
バックスクリーン下にある外野席共通入口を介して、レフト⇔ライトの行き来が可能となっている。
バックスクリーンがフィールド側にせり出しており、またスクリーンのすぐ後方には旗を掲揚するポールが設けられている。 バックスクリーン後方には外野スタンドの入場口や洗面所などが設けられているため、こうした配置となっている。 だが、このため左翼側の観客からスクリーン右翼側横にあるスコアボードが見えづらくなっているなど、設備上の問題点がいくつかある。 ただ外野スタンド後方は丘陵地となっており、スタンドに沿うようにして市道が通っているため、外野スタンドのイス席化や増築などの大規模改修を行うのは困難とされている。
■ 球場アクセス
球場の最寄駅は遠州鉄道の上島駅。
新浜松駅から12分おきに列車が出ており、所要時間は16分。
遠州鉄道の線路を背にして、上島駅から西へ向かう。 だらだらと坂を10分上ると、球場がある四ツ池公園が見えてくる。
浜松駅バスターミナルからバスで向かうことも可能。
(13番乗り場)
遠鉄バス「萩丘・旭ヶ丘」「萩丘・テクノ都田」行に乗車。
「市営グランド」下車。
■ 食事、売店事情
公園内には店らしきものは何もありません。
ただ、上島駅から球場までの間に、飲食店が数軒あり。
数軒、気になる居酒屋や焼肉屋がありました。
なお、NPBの試合では数軒の露店が出てましたが、主に熱中症対策の飲み物が中心で、食料調達は難しい状況でした。
■ 駐車場
公園内に駐車場があり、収容台数は228台。
但し、NPB公式戦や高校野球の試合開催時は利用できない。
遠方から球場へ向かう場合は、浜松駅周辺に車を置いて、電車かバスで球場へ向かうことをお薦めします。
■ 参考サイト
そのため、ライトスタンドが少々窮屈になっている。
バックスクリーンとスコアボードを分離した構造
外野スタンドの外壁が、崖のようにそそりたっている。
内野スタンドから分離・独立した外野スタンド
ネット裏でも端の方に陣取ると、ネットや柱にかなり邪魔されることがわかる一枚。
ネット裏のみ、全席背もたれのある個別椅子
この座席で4000円、浜松ぼったくり球場と言われる所以だ。
両翼部は長椅子席、ベース寄りは青色に統一
ホームから遠ざかるが、障害物が減る分、すっきりと観戦を楽しめるエリアではある。
両翼部は長椅子席、外野寄りは橙色に統一
これだけ堂々と、観客の邪魔となるエリアに、広いスペースを確保する意味が何処にある!
ネット裏最上段、特等席を奴らが占拠
ゲートを入ってすぐの通路が内野スタンドの外周通路、ここから伸びる階段はスタンドに直結している。
内野席下にコンコースが存在しない構造
外野席に陣取る半数の客はスコアボードが良く見えないはずである。
スコアボードは見易いが、設置場所に難あり
浜松球場:その他画像集
この先に森と市道が通る関係で、ここが外周通路の「どん突き」となり、球場の外側を一周することができない構造。 最前列はかぶりついて観戦ができる半面、列幅は狭いし、長椅子席は詰め込み。かなり圧迫感のある内野席です。 傾斜が程々にある内野スタンドであることがわかる。
レフトスタンド入口
グラウンドを隔てるフェンスは高め
中央通路から見る内野スタンド風景
このフェンスを境にして、座席料金がさらに上がる。正にぼったくりの源泉。 森、道路、スコアボードに場所を奪われ、かなり圧迫感のあるホーム側ライト外野席。 そのため、スタンド下を通路として活用する苦肉の策が取られている。
ネット裏と両翼部とを隔てるフェンス
レフトスタンド後方に迫る森
外野スタンド外壁が道路脇まで迫る
収容台数はそこそこあるが、NPB公式戦では早々に満車になるはず。 日中は12分おきに電車が走っています。 駅からひたすら西へ向かうと球場に辿り着きます。
駐車場のキャパは限定的
球場最寄駅は遠鉄の上島駅
遠州鉄道上島駅
2016年セ・リーグ公式戦 中日 vs 横浜(10回戦) 2016/5/24 浜松球場
TEAM 10 11 12 須田(2勝2敗0S)
BayStars       10 山ア康(1勝2敗11S)
Dragons       10 又吉(2勝4敗0S)
決め手の欠く投手陣が、だらだらした試合を演出 HR ロペス 12号
浜松での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2016/05/24)
見ちゃいやん...
今期11試合目の観戦となったこの試合、対戦カードは中日vs横浜DeNA。
チケットを購入するまで、カープ戦だとばかり思っていた(笑)。
カープ戦ならばユニ持参で気合入れて観戦したかもしれませんが、こんなしょぼいカードでは、どうしても
球場に来ることがメインとなる。いずれのチームにも肩入れしないので、引き分けにならない限り、観戦試合の
勝率は上がります(笑)。...という状況なので、頑張れ、マリーンズと叫びたくなる試合でした。
浜松では、今年唯一開催される公式戦ですが、その割に、空席が目立つ。
まぁ、カードが地味すぎるのも一因ですが、座席の値段が高過ぎるのも問題かと。
うちが確保したのは内野A席。丁度、三塁ベースを正面に見るくらいの場所です。
内野A席といっても、長椅子席にマジックで線を引いただけの座席で、チケットの料金は4000円。どう見ても
ボリ過ぎだろ! このコスパだと余程良い試合を見せない限り、二度とチケットを確保しようとは思うまい。
先発は中日が佐藤、横浜がモスコーソ。
立ち上がりは佐藤の方が良かったように思えたが、好調な横浜打線に二回からつかまることになる。
二回に倉本のタイムリーなどで二点を失い、三回にもロペスのタイムリーで1点を失ったところで降板。徐々に
調子をあげてきたモスコーソの状態からして、試合の趨勢が決まったように思えたが、三回裏、モスコーソが
突如崩れる。代打遠藤の二塁打を足掛かりに、ビシエド、平田のタイムリー等で一挙に4点を挙げて逆転。
その後、両チームが点を取り合って迎えた八回。
一死一・三塁の場面でビシエドが痛恨のエラー、横浜が勝ち越し。
最後は山崎が締めて、横浜が見事な逆転勝ちを収めました。
この日、負け投手となった又吉は中継ぎ失敗が続き、今月だけで4敗目。
この試合の後、ファームへの降格が伝えられたとスポーツ紙が報じていました。
グルメ&観光情報:浜松球場周辺のご案内
数分おきに猛スピードで通過していく新幹線、なかなか圧巻です。
2015.12.26 オークラアクトシティホテル浜松から浜松市街を望む
地上32階の部屋から見下ろす風景の中を、新幹線が駆け抜けていく。
浜松出張時に必ず訪れる隠れ家的な名店です。 かわはぎの刺身、美味かった〜♪ 弁天島駅からこの景色を見ながら、てっちゃへと向かう。
「さかなのてっちゃ」前景
かわはぎの刺身と〆鯖
弁天島夕景
毎日御前崎港から直送するかつおの鮮度は、ここでしか味わえない絶品です。 村長亭に戻ってから、頂いた鰹の刺身です。  
美味しいかつおならここ
おいしい鰹でございました。
 
マドゥーに導かれ、一歩たりとも迷わずにシロクマ舎に到着(笑)。 マドゥーがシロクマから離れないので、ペンギンに癒されてました。 2012年10月8日に誕生した、浜松動物園の人気者です。
シロクマさん(キロ助)
シロクマ舎の隣はペンギン舎
アムールトラのテンchan
見ちゃいやん...
● 弁天島と「魚のてっちゃ」
弁天島温泉は、浜松市西区舞阪町の弁天島にある温泉地。
浜名湖南側に浮かぶ弁天島一帯に旅館や民宿がありますが、温泉を引いているのは実はそのうちの二軒のみ(笑)。
弁天島周辺は東海道新幹線や東海道本線も通過しており、車窓から見える浜名湖は弁天島周辺の風景です。
レジャースポットとしても有名で、海水浴や潮干狩り、マリンレジャー、釣り、サイクリング等を楽しむ人達が多い。
てっちゃは、そんな弁天島界隈にある居酒屋さん。
我々が浜松出張の度に立ち寄っていた店で、味は確かなのだが、場所は弁天島だし、基本的に夜しか開いてないので
「幻の店」と称している方も居るらしい。我々は電車に乗ってでも、終電戻りになっても通っていたので、幻なんて
全然感じませんでしたけど...。
お店は浜松駅から東海道線で弁天島駅まで移動して、駅から5分ほど歩いた場所にある。
品数はそれほど多くはないが、刺身に外れは無いし、卵焼きも絶品。何より、値段が安いのが有難い。
太刀魚のお刺身、ふぐのカマの唐揚げ、んまかったなぁ。
● アクトタワー
浜松駅前に経つ地上45階建ての高層ビルです。
浜松市内、何処にいてもアクトタワーの位置で駅の方角がわかります(笑)。
地上に近いフロアは、ショッピング&飲食ゾーン。その他、オークラアクトシティホテル浜松とオフィスゾーンも
設けられている。45階にある展望回廊からは、遠洲灘の水平線や南アルプスの山々が眺めることができる。
● 浜松城
徳川家康が今川家から「独立」して、居城としたのが浜松城。
ここから天下人へと駆け上がったことから「出世城」とも呼ばれる。
春になるとお城の周りに桜が咲き乱れ、城と桜のコントラストが美しい。
また、金曜日、土曜日は天守閣、天守門がナイター営業されている。
天守からは浜名湖をはじめ、天気の良い日には富士山も望める。
● 浜松市動物園
浜松市動物園、シロクマ好きのマドゥーに連れられて、一度立ち寄りました。
敷地がとにかく広い。マドゥーが居なければ、間違い無く園内で迷ったことでしょう。
動物園の人気者は、2012年に誕生したアムールトラのテンちゃん。何とも素敵な名前ぢゃないですか(笑)。
その他、マドゥー目当てのシロクマ、日本で浜松だけで飼育されているゴールデンライオンタマリンというライオンの
サルを見ることができます。隣接する浜松市フラワーパークとは園内通路同士で繋がっているので、共通券を
購入すれば二園をを自由に巡ることができる。
● うなぎパイファクトリー
浜松のお土産と言えば、春華堂のうなぎパイ。 そんなうなぎパイの工場見学ができるのが、「うなぎパイファクトリー」です。
うなぎパイができるまでを学習できるほか、場内ないるうなぎパイカフェではデザートも頂ける。
工場見学は三種類あり、丁寧に分かりやすく説明をしてもらえるファクトリーツアー、探偵に扮したコンシェルジュと
一緒に周るスマイルツアー、自分たちの好きなように周れる自由見学があります。
● 浜松市楽器博物館
「楽器の街 浜松」を象徴するように世界中の楽器を展示しているのが、浜松市楽器博物館。
特別展や企画展の開催だけでなく、コンサートなども積極的に行っているので、事前にスケジュールを調べてから
訪れることで生の演奏を堪能することができます。美術品のような楽器を見ることができる貴重な場所です。
● 浜名湖オルゴールミュージアム
浜名湖の景観を楽しみながら、舘山寺ロープウェイで大草山に登ったところにある。
19世紀末から20世紀初頭のオルゴールから、フェアグランドオルガン等約50点の貴重なコレクションが一堂に揃う。
一時間に一回、オルゴールのコンサートを聴けるほか、体験工房も用意されている。
好きな音色を選び、アクリルやガラスなどの素材や小物を組み合わせ、自分だけのオルゴールを作れます。
なお、浜名湖オルゴールミュージアムに向かう際に利用する舘山寺ロープウェイは、浜名湖の湖面上を進む、
日本で唯一の湖上ロープウェイ。浜名湖パルパルから大草山の頂上までをつないでいます。浜名湖を見ながら
爽快な空中散歩が楽しみつつ、天気がよく、空気が澄んでいる時は富士山を望むことができる。
【参考】これまでの観戦結果
浜松球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数