■ 2017年公式戦開催予定 at 伊那市営球場
  残念ながら、今年は伊那市営での公式戦開催は予定されていません。
伊那市営球場
(収容:11000人、両翼:90m、中堅:120m)
この隣には、何故か県営球場が立地している。何とも不思議な位置関係にある市営球場です。
市営球場正面入口
見ちゃいやん...
伊那市営球場は、長野県伊那市にある野球場。
球場は伊那公園内に立地しており、同じ公園の中に県営伊那球場が隣接するという珍しい立地関係にある。
■ グラウンド・設備
ナゴヤドームへ観戦に行く際、「直で名古屋へ向かうのはつまらん」と諏訪、伊那経由で向かったことがあります。
伊那のお目当ては後述するソースカツ丼を楽しむことと、高遠にある和菓子屋に立ち寄ることでしたが、 市街地の程近くに信濃グランセローズも試合を開催する球場があることを知り、ロケハンを兼ねて立ち寄ることにしました。
国道153号線国道361号線との交差点手前を右折し、伊那公園に通じる坂道を登っていくと球場はありました。
雨の中、ぐるっと球場周辺を回ると、「本当にここでプロの試合やったの?」というのが正直な感想でした。
いや、まぢで、久々に凄い球場を見させてもらいました。
画像を見るとわかりますが、この球場、内野も外野も土のグラウンドです。 あちこち球場を見てますが、外野だけは天然芝という球場が多いので、プロが試合を開催する中では非常に珍しいタイプの球場かな...と思います。
でも、これは、まだまだ序の口。
外野席に通じるゲートが二箇所あって、この日は厳重にゲートが閉まってました。 しかし、ゲート横にある築堤は幼稚園児でも上れる高さ。ゲートの意味を成してません(笑)。外野席と内野席との仕切りも薄〜いネット一枚で、 入れと言われりゃ簡単に入れる代物でした。
ただ、石の階段があるだけの内野席にわざわざ入ろうとは思いませんでしたが...。
そして、この球場の一番すごいのは...、
球場の隣が墓地
...であること。
日本広しと言え、墓地の隣でプロ野球が開催される場所はそんなに無いぞ(笑)。
なかなか面白いモノを見させて頂きました。
■ その他雑感
Wikipediaによれば、1948年、1951〜1953年、1956年にプロ野球公式戦が開催されたことがあるとか。
現在、野球でも、サッカーでも、最上位のリーグに属する各チームが本拠地とするスタジアムには 数万人単位で収容可能なスタンド席があり、大型のスクリーンを備え、手入れの行き届いたグラウンドが存在することを思うと、 この球場でかつて公式戦が開催されたことに隔世の感を感じざるを得ません。
ただ、プロ野球観戦自体が珍しかった当時、地方都市で開催された試合がどれだけ盛り上がって、 地元の方々にどれだけの夢を与えたのかを想像すると、興行面に偏り、ファンサービスを忘れた各球団や各選手に、 「野球をすること、観ることを楽しむ」という原点を忘れずに居て欲しいと思います。
■ 売店、食事事情
球場のある伊那公園周辺には、あまり店がありません。
BCリーグの試合開催時には、球場周辺に若干の露店が出るとは思いますが、 この球場での観戦時には事前に飲食料を調達してから向かうことをお薦めします。
球場前にある「みや川食堂」(後述)に立ち寄るのも良いかも知れません。
■ 球場アクセス
最寄り駅は飯田線の伊那北駅。球場までは徒歩約15分なので、比較的交通至便な球場と言える。
また、伊那市駅、伊那北駅からバス便もある。
「いーなちゃんバス」という可愛いネーミングの市内循環バスを利用し、球場最寄りの古町バス停まで、伊那市駅から約15分、伊那北駅からは約10分。
古町バス停から球場まで徒歩約3分です。
「いーなちゃんバス」、地方の小都市を走るバスとしては非常に優良路線で、内回り、外回りともに 約40分ヘッドで運転されている。
■ 駐車場
伊那市のサイトによれば、伊那公園の駐車場収容台数は380台。 伊那市営球場の一塁側を出た辺り、県営球場との間を隔てるスペースが駐車場となっている。
球場から距離が近く、ファウルボールが直撃するのではと思える位置に駐車場があるため、 公園内の別の場所を駐車スペースとするのか...等、BCリーグ観戦時に確認してこようかと思います。
■ 参考サイト
雨でぬかるんでいるせいもありますが、本当にここでBCリーグの試合をやってるの?...という感じ。
全面クレー舗装は比較的珍しい
設備が貧弱な割には、照明塔だけは立派なんだよねぇ。
外野席からホーム方向を見る
内野席の作りを見てしまうと、芝生席に座ってのんびり観戦するのがベストポジションかも知れない。この外野席、外側から容易に進入できます(笑)。
外野席の様子
内野席と言っても石段が組まれただけの簡素なもの。よ〜く見ると、ネット裏も同様の作りのようだ。
一塁側内野席
球場施設から考えると電光掲示板+鉄骨三階建のスコアボードはゴージャスとも言える。
スコアボード
あまり人が訪ねてきそうもない、うら寂しい外野席裏の草むらにぽつんと置かれていました。
外野席裏手にはこんなものも
グルメ情報:伊那市周辺のお薦め店
丼の蓋から肉がはみ出しており、ボリューム満点。肉屋直営店だけあって、味も抜群。 麩菓子のような香ばしさがある「麦ころがし」、うちのお気に入りになりました。 唐揚一つを完食するのさえ大変でした。注文してから出てくるまで30分前後、揚げるのにも相当時間が掛かるらしい(笑)。
「たけだ」のソースカツ丼
あかはねの高遠饅頭と麦ころがし
みや川食堂の唐揚定食
見ちゃいやん♪
馴染みの薄い街に出掛ける時は、色々なサイトでその街のお薦め店を調べてから出掛けます。
伊那市に出掛ける前も同様の対応をしたのですが、この街、惹かれるお店が非常に多いです。
しばらくは、野球観戦と絡めて、それらのお店を訪ね歩ければ...と思っています。
■ 「たけだ」のソースカツ丼
やはりこのエリアに来たら「ソースカツ丼をがっつり食べたい!」ということで、沢山のサイトで
紹介されていた「たけだ」さんに立ち寄りました。巷の評判を裏切らない素晴らしいお店でした。
まず、出されたソースカツ丼を見て、驚愕。
ご飯の量と比べて、何とアンバランスな肉の量なんでしょう(笑)。
丼の蓋から肉がはみ出ているし、私は三切れでご飯を平らげられましたよ(爆)。
しかも、このお店、ただ量が多いだけではありません。
肉屋さん直営なので、味も半端なく美味いです。
まさに「肉屋〜!」「ブッチャー!」...という感じの親父さんが威勢良く、見ていて気持ちの
良いお店でした。ソースカツ丼、940円也。伊那市を訪れる際は是非お薦めの逸品です。
■ みや川食堂
伊那市営球場入口の向かいにあるお店。
「大盛りフェチ」の皆さんの間では、ちょっとした有名店だったりします。
このお店のお薦めは、笑っちゃうくらい大きな唐揚げ(笑)。
余程の握力がないと箸で挟むことが難しいのではないか...と思える程の大きな唐揚げが5つも
入った「唐揚げ定食」、740円也。こちらも外せない名店かも知れません。唐揚定食には唐揚が3個入ったライトサイズと
5個入ったフルサイズがあり、うちは迷わずライトサイズの方を注文。怖いもの見たさはあったんですけどね...。
ただ、もともと大食いではない村長ですから、ライトサイズでも見事に玉砕しました(汗)。
但し、開店時間はかなりルーズ。正午前にならないと開店しないので、訪ねる時間が難しいかも。
■ こやぶ本店
やはり、信州と言えば蕎麦である。
伊那市のお店を紹介するサイトをいくつも訪ね歩いた結果、うちが一番訪ねたいと思ったのは
この蕎麦屋です。メニューが少なく、少々高めなのが気になるが、一度は食してみたいと
思っています。
■ あかはね(高遠の和菓子屋)
平成の大合併で旧高遠町も伊那市に吸収されてしまったため、敢えて紹介しましょう。
以前、雑誌で見たことがあり、一度立ち寄ってみたいと思ってました。
伊那I.C.を使わず、諏訪I.C.で下りて高遠経由で伊那を目指したのはそのためです。
高遠市街地の目抜き通りに立つ「あかはね」さんで和菓子を買った「高遠饅頭」と「麦ころがし」、
どちらも丁寧に作られたお菓子で、非常に美味しかった。
【参考】これまでの観戦結果
伊那市営球場ではまだ観戦がありませんが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数