笠間市民球場
(収容:8,200人、両翼:95m、中堅:120m)
波崎ってかなりローカルな町だと思うのですが、地元から多くの応援団が詰めかけていました。
2017.04.15 笠間市民球場にて
桜をバックに好投を続ける波崎高校の投手
グラウンドが観客席よりも掘り下げた位置にあり、非常に観戦しやすい球場でした。
ネット裏から観る試合風景
見ちゃいやん...
笠間市は関東地方の北東部、茨城県中部に位置する市。
古くから日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社の門前町として、また笠間城の城下町として栄えてきた。 最近では笠間焼の生産地として知られ、春や秋に行われる陶器市の時期には、多くの観光客で賑わう。
Wikipedia:笠間市より抜粋)
笠間市民球場は、笠間市街地の北側に位置している。 笠間市総合公園の中に位置しており、同公園には野球場のほか、体育館や武道館、プール、テニスコートやピクニック広場などを備えている。 施設が充実している以上に、敷地が広く、緑豊かな公園は正に市民の憩いの場と言える公園となっている。 笠間市総合公園の隣には鳳台院というお寺があり、境内の入口には巨大な達磨さんの銅像が鎮座している。
■ 設備
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
なお、照明施設はなく、ナイターには対応できない。
観戦エリアは内野スタンドと外野スタンドに大別できる。 内野スタンドは一塁・三塁ベースを少々越えた場所まで延び、外野スタンドはポールを少々越えた場所まで延びていて、 内野スタンドと外野スタンドの間にはブルペンが設けられている。そのため、地方球場でよくお見かけする、簡易ブルペンがグラウンド上に設けられることもなく、 すっきりとしたグラウンドといった印象が強い。
ブルペンの裏手が通路になっていて、内野・外野両スタンドを結んでいる。 また、レフトとライトスタンド間もバックスクリーンの裏を通って往き来が可能である。
■ 観戦環境
【内野スタンド】
内野スタンドは、すべて長椅子席。
ネット裏が緑色の座席、両翼部が赤色の座席に色分けされている。 8〜12人程度が着席可能なブロックが、ネット裏に8ブロック、両翼部に7ブロックずつ設けられている。 ただし、両端の3ブロックは、トイレ等がある関係で、下段にしか座席が無い。 内野スタンドには屋根がなく、悪天候での観戦、酷暑時での観戦は難渋しそうである。
中央の通路を挟んで下段が8列、上段が5列。 通路は最前列と中央で、比較的立派な内野スタンドの割に動線はやや悪いように思える。 内野スタンドへの入口は6ヵ所設けられていて、ゲートを通るとスタンド中央の通路に直結している。
【外野スタンド】
外野スタンドは芝生席。
最前列と最上段に通路を配した立派なもので、奥行きや傾斜も十分。フェンスはやや高めだが、最上段に陣取られば、観戦環境としては申し分ない。 なお、外野席へは内野席から誘導する形で、ゲートは設けられていない。
スコアボードは味のある手書きのもの。
高校野球の試合ということで、一部しか使用していなかったが、これフルで活用した時の試合を観戦してみたい。
■ 食事、売店事情
球場周辺には、コンビニや食事処が皆無。
球場へ向かう前に飲食物を仕入れて向かうことを推奨します。
■ 駐車場
笠間市総合公園の駐車場収容台数は511台。
公園内の他施設と大きな大会がバッティングしない限り、駐車場がパンクすることは無さそう。 うちが観戦した高校野球の大会でも、余裕をもって車を駐めることができました。
■ 球場アクセス
球場の最寄駅はJR水戸線の笠間駅。
球場は市街地の北側を迂回する国道50号線よりも更に北にあり、笠間駅からの距離は約2.7km。 徒歩で40分程度で歩けない距離ではないのだが、酷暑時、悪天候時は徒歩で球場に向かうのは難しいかと思われます。
バス路線なども走っていないため、自分の足で歩くか、車を頼ることになりそう。
【タクシー利用時】
笠間駅よりタクシー10分、1190円。
非常にあっさりとした外観で、スタンド内に入るまでは立派な球場であることが想像できない。
球場正面の様子
ネット裏は緑色、両翼部は赤色に塗り分けられている。
内野席はすべて長椅子席
中央の通路より上段に陣取れば、フェンスに遮られることなく観戦が可能。
傾斜が十分にあり、観戦しやすい内野席
スタンドから声援を送る玉造工の選手達
グラウンドとを隔てるフェンスは高め
奥行きと傾斜が確保された立派な外野席です。
外野席は芝生席
酷暑時、悪天候時の観戦では苦労しそうである。
ネット裏スタンドに屋根はない
この日も外野席が開放されていました。ありがたい!
外野席から観る試合風景
色々な角度から笠間市民球場
ここからだと、やっぱりフェンスが気になりますね ファウルグラウンドの広さって、試合の趨勢に結構影響を与えるはずなんですよねぇ。 玉造側は応援団も少なく、控えの選手たちが必死の声援
一塁側スタンド下段から
ファウルグラウンドが広め
一塁側の応援風景
最前列は通路としていないので、かぶりついての観戦が可能です。 この通路から直接観戦エリアへの入場が可能  
三塁側スタンド最前列から
ネット裏スタンドへの入口
 
ゲートを閉め忘れたのか、たまたま空いていたのか、運よく外野席で観戦することができました。 高校野球の試合では使い方がなかなか難しい。  
両翼部と外野席とをつなぐ通路
内野席と外野席の間にブルペンを配置
 
小さな子供はこっちの方が楽しいよねぇ。 遊歩道を通って周回が可能 ちょっとした広場になっている。
ライトスタンド後方は子供広場
スコアボード裏の様子
レフトスタンド裏の様子
春季高校野球県大会地区予選 玉造工 vs 波崎 笠間市民球場
TEAM 10 11 12 波崎:
玉造工          
波崎 ×         玉造工:
玉造工は先発投手の不調が痛かった。 HR  
笠間市民球場での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2017/4/15)
ダイナミックなフォームから活きの良い球をびしばし投げ込んでいました。 緩急を上手くつけて投げられていたが、相手のタイミングが合っていた感じ。 中盤と終盤が締まった良い試合だっただけに悔やまれる点も多い
要所を抑えて、試合を作る
決して悪い投球内容ではなかった
試合前半の攻防が勝敗を分けた
見ちゃいやん...
茨城県のローカル球場巡り、第二試合は笠間市民球場での玉造工vs波崎高の試合。
あまり期待せずに向かった笠間市民球場、むっちゃ立派な球場で予想外の収穫でした。
何処かの球場と比較している訳ではありませんが、やはり球場は土のグラウンドでなくっちゃ。分不相応な
球場を造ったら駄目ですよ。結局、小役人の浅はかな発想のしわ寄せは高校球児に至りますから。
内野スタンドのゲートをくぐると階段等を上がることなく観戦エリアに出られて、グラウンド自体はゲートが
ある位置よりも掘り下げた場所に造られているのが、西武球場に似た感じがしました。設備が整った球場で、
且つ、偉そうに立ち振る舞う保護者会メンバーも居ない中で気持ち良く観戦できました。
試合のことに少しだけ触れると、玉造工、惜しかったんだよね。
幾度か得点圏に走者を進める機会があったんだけど、あと一本が出なかった。
また、先発投手もテンポ良く投球して、何とか試合を作れていた感じでしたが、緩急を付けた投球がかえって
波崎高校の各打者とタイミングが合ってしまった形で、ストレートで押す二番手投手が中盤以降0点に抑えた
だけに、その辺りの見極めがもう少し早めに出来れば、違う試合展開になっていたかも知れません。
グルメ&観光情報:笠間市/笠間市民球場周辺のご案内
ダイナミックなフォームから活きの良い球をびしばし投げ込んでいました。 ダイナミックなフォームから活きの良い球をびしばし投げ込んでいました。 ダイナミックなフォームから活きの良い球をびしばし投げ込んでいました。
グリュイエール前景
笠間稲荷神社
稲荷神社といえばやっぱり
見ちゃいやん...
■ 笠間稲荷
笠間稲荷神社は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。
五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が
訪れる。正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。
日本三大稲荷の一つとされている。
Wikipedia:笠間稲荷神社より抜粋)
■ グリュイエール
笠間駅前にある洋菓子店。
石造りのモダンな外観、落ち着いた店内と豊富な洋菓子のラインナップが地元で人気の洋菓子店である。
笠間市は栗の大産地でもあり、マロン系の洋菓子もしっかりそろっています。
店内にイートインスペースもあり、珈琲などとセットで、その場で美味しい洋菓子を味わうことも可能。
【参考】これまでの観戦結果
笠間市民球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数