■ 2017年公式戦開催予定 at 三国運動公園野球場
BCリーグ公式戦/福井ミラクルエレファンツ主催試合
  2017年 5月25日(木)    福井ミラクルエレファンツ vs 富山GRNサンダーバーズ
  2017年 6月24日(土)    福井ミラクルエレファンツ vs 滋賀ユナイテッドBC
  2017年 7月21日(金)    福井ミラクルエレファンツ vs 福島ホープス
  2017年 7月22日(土)    福井ミラクルエレファンツ vs 信濃グランセローズ
  2017年 8月 6日(日)    福井ミラクルエレファンツ vs 滋賀ユナイテッドBC
  2017年 8月19日(土)    福井ミラクルエレファンツ vs 石川ミリオンスターズ
  2017年 8月20日(日)    福井ミラクルエレファンツ vs 富山GRNサンダーバーズ
三国運動公園野球場
(収容:11253人、両翼:92m、中堅:122m)
よ〜く見ると、三国の「国」の部分のプレートが墜ちてしまっている。
三国運動公園野球場:正面入口の様子
見ちゃいやん...
福井県北部、坂井市にある野球場。
坂井市という地名にぴんと来ない方は、三国町と言えばわかる人も多いかと思います。 BCリーグの福井ミラクルエレファンツが主会場の一つとして使用しています。
球場は、三国町市街地の山手に作られた総合運動公園の中に作られていて、球場周辺の緑が非常に美しい。
球場の周りを一周することも可能で、ネット裏や内野席の入口周辺には広い芝生のエリアが、外野席裏手は美しい木立の散歩道と なっていて、木立から住宅地越しに海が眺められる美しい道です。
正に「三国町民の憩いの場所」という感じ。
■ 設備
お世辞でも整っているとは言えません(笑)。
通常、内野スタンドはバックネット裏付近の座席スペースを分厚く、両翼の一塁側、三塁側の座席スペースをやや狭目に作るのが普通ですが、 この球場、バックネット裏、両翼の座席とも座席スペースの広さが変わらず、座席も前後7列のみと非常に狭い。 ある意味、非常に開放的な球場と言えるでしょう(爆)。
スタンド幅が非常に狭いので、ファウルボールがスタンドに飛び込むことは稀で、殆どのファウルボールは場外弾となっていました。 駐車場が満車で公園内に車を置く場合には、ボール直撃で泣きを見ないようにしてくださいね。
ネット裏の座席を覆う屋根もなく、座席は全て背もたれが無い長椅子で、椅子が設置されていないコンクリの石段部分も多い。 長椅子が破損して、石段化した箇所もあるようです(汗)。ネットが張られていなければ、ネット裏の座席と内野席との間に全く差はありません。
長椅子が破損している他に、コンクリにひび割れが入り、穴が開き...と内野スタンド全体が非常に痛んでいるという印象を受けました。 また、1枚目の画像をよく見るとわかるのですが、「三国運動公園野球場」の「国」の字が崩壊寸前です(笑)。
階段を上がり、内野スタンドの様子が初めて目に飛び込んで来た時、「本当にここで試合するの?」と思いました。
外野席は芝生席となっていて、青空に生える緑が鮮やかでした。 内野スタンドから見ると、外野席越しに海が垣間見えて、野球観戦をしながら海が見れる風光明媚な球場の中で観戦していると、設備は確かに貧弱ですが、うちはこの球場、好きだなぁ...と感じられます。
内野スタンドと外野スタンドとの間の往き来は出来ず、 一旦スタンド外へ出てから移動する必要がある。
ネット裏に1箇所、内野スタンド両翼に2箇所、外野席はライト、レフト各1箇所ずつの入口が設けられていますが、ネット裏入口以外は シャッターやゲートで塞がれていて、開放したことあるのかな...と思えました。
我々が観戦した福井vs石川戦も、開放したのはネット裏の入口だけ。 1000人強の集客しか見込めない試合で、外野席を開放すると維持、管理面の負担が大きくなると思いますが、素敵な芝生席なので是非開放して欲しいと思います。
また、味のある手書きのスコアボードが良いです。
通常、バックスクリーンやスコアボードはフェンスと同様の緑色に統一されることが多いですが、海沿いに立つ球場だからか、青色のスコアボードは結構斬新でしたね。
手書きでも、選手名はちゃんと表示されてるし(全選手の把握が難しいBCリーグではとっても大事)、 意外と表示できない施設も多い投手名の表示(DH制対応)にも対応できてるので、最低限の情報は網羅できているかな...と思います。
可能であれば、審判名(彼らもトライアウトで採用している訳だし、表示欄があるのだから...)と安打数を表示してくれると有難いなと思います。
■ 観戦環境
我々はバックネット裏に陣取ったのですが、やはりネットの網目が若干視界を遮るのが気になりました。
内野スタンドを守るネットはほとんどなく(笑)、何処からも選手を間近に撮影できる素敵な観戦環境でした。
内野席を直撃するようなファウルボールが飛んでくると、怖い思いをするかも知れません。
大丈夫です、私はびぃるを飲む時に打球から視線を切りませんし、当たっても訴えたりしませんから(失笑)。
■ 球場アクセス
最寄駅はえちぜん鉄道三国線の三国港駅。
駅を降りたら、線路を越えて山側へ出て、坂を上りきった場所にあります。駅から約1.0km、徒歩で約20分です。
車で向かう場合も、基本的には徒歩とほぼ同じルート。
三国町の市街地に入ると、総合運動公園の案内標識が出ていますので、標識に従って進んでください。
■ 駐車場
三国運動公園の駐車場は収容台数が約600台。
試合前に到着すれば、満車であることはないでしょう。
うちが観戦した試合の観客数は1129人でしたが、殆どの車は駐車場に停められたようです。 最後に到着した車の一部は、駐車場には停められず、公園内の臨時スペースに駐車したようでした。
そのため、停める場所がなくて困るという最悪の事態にはならないと思われます。
■ 再入場
うちが観た試合では、再入場が認められていました。
うちが観戦した日は好天の一日でしたので、待ち時間の間に公園を散策したり、福井ミラクルエレファンツの応援グッズを見たりと、有意義に利用することができました。
■ 売店、食事事情
数店の露店が出るため、軽食と飲み物は調達可能。
球場周辺にコンビニ等の店舗が少ないので、入場前に食料は調達した方が良さそう。
■ 参考サイト
ネット裏の少し高い席に陣取ると、正に海を見ながら観戦を楽しめます。
外野席越しに海が見える
間にコンコース等はなく、階段を上がるとスタンドに直結しています。
内野スタンド入口
フェンスが低いので、写真を撮影するにはもってこいの環境です。
三塁側スタンドから見たグラウンド
これがネット裏です(笑)。屋根もなければ、椅子も長椅子と、本当にネットが張られただけのエリアです。
バックネット裏の様子
日本海からの潮風にさらされて、外側はかなり痛みが目立ちます。
手書きのスコアボード
この機械、うちは始めてみました。少々味気ないものの、ある意味わかり易いです。
ネット裏に設置された簡易得点表示板
三国運動公園野球場:その他画像集
この日は天気に恵まれ、芝生の上を歩くのがむっちゃ気持ちよかった。 木立の途中からは、住宅地越しに海が見えて、気持ちの良い散歩道です。 ちょっと寂しげで哀愁感漂うキャラクターです。
緑が美しい公園の中に立つ球場
外野席裏手は素敵な木立の道
福井のマスコット:パオ太郎
こちらもシャッターが堅く閉じられたまま。使われた形跡はほとんどなさそう。 ゲートが重く、しっかりと閉じられ、落ち葉が山と積もり、開放された形跡が全く無い。 ゴールデンウィークとあって、小学生以下は無料でした。てんむすも小学生と偽って入場(笑)。
内野席入口/両スタンドに2箇所ずつ
外野席入口/開放したことあるのか?
色鮮やかな5/2の福井戦チケット
2009年BCリーグ公式戦 福井 vs 石川(3回戦) 2009/5/2 三国運動公園野球場
TEAM 10 11 12 前田(2勝1敗0S)
石川ミリオンスターズ        
福井Mエレファンツ ×       山崎(2勝1敗0S)
好投手同士の対戦は1点を争う接戦となり、前田に軍配。 HR  
三国での戦績 1勝0敗0分(直近の観戦日:2009/05/02)
今年の福井ミラクルエレファンツのドラフト1位の好投手だそうです。 この試合において、このプレーが一番大きかったですね。 相手の4番が「大振り」系なため、安定した打撃が余計に際立ってましたね。
完封で2勝目、福井先発の前田
6回表 石川は走者を返せず
石川の4番 楠本
見ちゃいやん...
正直、BCリーグでこれほどの投手戦を見るとは思いませんでした。
福井先発の前田、石川先発の山崎、いずれも完投。得点は初回に福井が奪った1点のみ。
ネット裏で見ていると、両投手ともに球速が早いというイメージではなく、制球が良かったですね。
特に、福井の前田は変化球の制球が安定していて、ここぞと言う時に三振を奪えていた感じです。
石川の山崎は、初回の立ち上がりが不安定で、制球が安定せずに1点を奪われてしまったのが悔やまれます。
ただ、そこはNPBの第一線で活躍する投手でも自制できない部分ですから、致し方ない点と言えるでしょう。
両チームとも、打線は低調でした。
安打は放つものの得点圏に走者を進められない石川打線と、得点圏に走者を進めるが返せない福井打線。
決定力に欠いた両チームの打線が、投手戦を長引かせてしまったという印象が強いです。石川は6回表一死二塁から
楠本がライト前へヒットを放つものの、福井の坂本が好返球でこれを捕殺。石川は唯一の得点機を潰しました。
この試合、打線で輝いていたのは石川の4番 楠本。
丁重な打線にあって、非常にミートが上手く、センターを中心に打ち返すバッティングが目を引きました。
好投した前田も、楠本だけは抑えられなかったようで、短打ならO.K.的な投球をしていたようです。
あと、これは翌日の信濃戦でも感じたことですが、内野手はもう少ししっかり守りましょう。
記録に残らないものを含め、エラーが非常に多く、投手の足を引っ張りすぎです。
...で最後に「どちらに肩入れしたのか?」的な話。
てんよめ+てんむすが福井に肩入れしているため、この試合を観戦したのですが、信濃ファンのうちとしては
正直、どちらが勝っても良い試合です(笑)。前回の高崎と同じ発想で「肩入れ」することにしました。
要するに...
 勝った方に肩入れすれば良いぢゃん!
...ということで、今日は福井を応援していたことにしました(笑)。
自分が観戦した試合の勝率が悪い時に、この手は使えるなぁ(爆)。
これで今期は11試合を観戦して、4勝5敗2分。1勝得しました〜♪
グルメ&観光情報:坂井市/三国運動公園野球場周辺のご案内
三国駅前、正直言って何もありません(笑)。そのため、余計にこのお店は目を惹くのです。 運河沿いの道から、一本路地を入った場所にありますので、お店に向かう際は目を凝らして店の案内板を探してくださいね。 無茶苦茶眠い状態でそんな所に立って大丈夫なのでしょうか?
酒饅頭のにしさか お店の外観
新保屋 お店の外観
東尋坊の絶景
「長」と大きく刻印された酒饅頭に、何となく老舗の風格やら、酒饅頭の歴史を感じます。 大根おろしがどっと載ってくるかと思いきや、大根おろしの汁を生かした蕎麦の出汁が特徴。  
にしさかの酒饅頭とどら焼き
新保屋の越前(おろし)そば
 
見ちゃいやん...
三国運動公園野球場への行き方を調べた際、球場が福井県坂井市にあることを知る。
坂井市、坂井市...、はて、何処だろう?
地名フェチのうちが知らない市の名前、平成の大合併で誕生した新市であることが想像付きます。
市のホームページを見ると「2006年3月20日に同じ坂井郡に属する丸岡町、春江町、坂井町と合併し坂井市に」とある。
何で、こんな中途半端な合併しちまうかなぁ...。
...というのも、三国町は古くから北前船の拠点として栄えた港町で、現在も越前ガニの水揚げで潤う他、福井県
随一の観光地である東尋坊を抱え、経済基盤のしっかりした町であるとのイメージでした。人口も2万人を越えており
市制移行の条件を満たしながら、税金面でのデメリット等から長く市制移行を見送ってきた「格好良い」町という
印象をずっと持ってきたので、少々残念なんですよね。
経済的な結びつきも、芦原温泉を抱える隣町のあわら市との方が強い。(鉄道で結ばれてますからね)
そんな状況からか、旧町内のあちこちで「三国町」と記された昔のままの案内標を見ました。
まぁ、地理には詳しいが、部外者であるうちの薀蓄はこの程度にして、グルメ・観光情報に行きましょう(笑)。
■ にしさかの酒まんじゅう
酒饅頭は三国町の名物の一つで、にしさかは、三国町で古くから酒饅頭を製造・販売する老舗の和菓子処です。
えちぜん電鉄三国線の三国駅前から海(運河)に向かって伸びる道沿いにある素敵なお店は、必ずや目を惹くはず。
地元では、婚礼の際に利用する三国箪笥(たんす)の色をイメージしたという真っ赤な暖簾が格好良い。
実は、うち、酒まんじゅうがあまり得意ではありません。あんなに酒飲むのに?...という突っ込みはなしです(笑)。
酒粕独特の長期間熟成されて生まれる甘みが、ちょっと駄目なんですよね。
でも、ここの酒饅頭、そんなうちでも美味しく頂けました。
もちろん酒粕の味はするんだけど、それ以上にしっかりと作られた饅頭の皮や、中の餡が実に美味しかった。
新名物として売られているお餅の入ったどら焼きも美味しかったですよ。
詳しい商品のラインナップは以下のサイトを参考にしてください。
■ 新保屋の越前そば
以下に紹介したブログで「大根とは暴力である」と書かれているのを見て、是が非でも訪ねたくなった蕎麦屋さん。
越前そばは、「おろしそば」の形で食すことが多いですが、このお店の大根はその中でも特に辛いのだとか。
...で、観戦当日は新保屋さんで越前蕎麦を楽しんでから球場へ向かいました。
運河沿いの道を南側(福井方面)へ少し戻り、新保橋の東詰近くにあります。(店の看板あり)
ブログでのコメントは嘘でないほど、新保屋のおろしそばの大根は、凶器と思えるほど辛かった。
これにわさびを載せて食べると辛さが倍増して、止められない旨さが出てきます。
蕎麦も非常に美味で、このエリアへお越しの際は是非お薦めの逸品です。
■ 東尋坊
福井県の中で、最も有名な観光スポットの一つと言って良いでしょう。
長期の侵食によって岩肌が削られて生成された、高さ25メートルの断崖が続く絶景を楽しめます。
「自殺の名所」としても有名な東尋坊は、主に断崖の上から景色を楽しむものと思われがちですが、部分的に
海岸に下りれる場所もあり、小さな子供を連れた家族連れでも安心して楽しめる場所があるほか、入り江からは
断崖絶壁を外から楽しむための観光船も発着している。
地質学的にも「輝石安山岩の柱状節理でこれほどの規模を持つものは世界に三箇所だけ(Wikipediaより抜粋)」であり
地質学上極めて貴重なのだそうです。
■ ゆあぽーと
三国町内にある温泉施設。入湯料は大人 600円、子供 200円也。
温泉の泉質や、温泉街の風情を楽しみたい方々にはお薦めできず、お隣の芦原温泉に行った方が良いでしょう。
ただ、温泉そのものの敷居が低く、気軽に利用できるため、長距離移動中の休憩スポットとして重宝します。
今回の北陸遠征は、途中3〜4時間の仮眠だけで福井まで移動したため、観戦前に休憩できて非常に助かりました。
うちは寝ることを目的に入館したので良かったですが、温泉に浸かることが目的だと、大浴場とサウナだけの
施設では正直物足りないだろうな...と思います。
【参考】これまでの観戦結果
三国運動公園野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数