■ 2017年公式戦開催予定 at 阪神甲子園球場
ウェスタンリーグ公式戦/阪神タイガース主催試合
  2017年 5月 3日(水)〜 4日(木)    阪神タイガース vs 広島東洋カープ
  2017年 6月 9日(金)〜11日(日)    阪神タイガース vs 福岡ソフトバンクホークス
  2017年 6月23日(金)〜25日(日)    阪神タイガース vs 広島東洋カープ
  2017年 7月21日(金)〜23日(日)    阪神タイガース vs 福岡ソフトバンクホークス
セントラルリーグ公式戦/阪神タイガース主催試合
  詳細日程については、阪神タイガースの公式サイトを参照
阪神甲子園球場
(収容:47508人、両翼:95m、中堅:118m)
当時はダメ虎でねぇ、チケットの確保も容易だったのやが...。
2016/03/05 甲子園球場にて
23年ぶりにやってきました、甲子園球場
高速道路の高架が邪魔しますが、堂々たる内野スタンドの偉容は画像に納めておきたい。
球児のあこがれ、甲子園の内野スタンド
見ちゃいやん...
阪神甲子園球場は、兵庫県西宮市にある野球場。
兵庫県西宮市に全国中等学校優勝野球大会の開催を主目的として建設された日本初の大規模多目的野球場である。
なお、収容人数は日本の野球場の中で最大である。
阪神タイガースの本拠地球場であるほか、全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)、 および選抜高等学校野球大会(春の甲子園)という高校野球大会が開催され、 大学野球における明治神宮野球場と並び「野球の聖地」と称される。
大学野球でも使用され、関西六大学野球連盟と、関西学生野球連盟リーグ戦の一部試合が同球場にて実施されている。
また、アメリカンフットボールの全日本大学選手権の決勝戦である甲子園ボウルも開催されている。
■ 設備
両翼95メートル、中堅が118メートル。
両翼が100メートルに満たない球場は良く見ます。
東京ドームのように、本当は100メートルに満たないのに、100メートルだと言い張る事例も稀にあります)
でも、中堅が120メートルに満たない球場って非常に珍しいと思います。
両翼や中堅までの距離は短いが、フェアグラウンドの面積はNPB本拠地球場中で最大と言われる。(約13,000u)
外野フェンスは本塁を中心とした半径118mの円弧を描く形状で、ファウルポールの近くで急角度に絞り込まれる。
左・右中間までの深さは国内他球場ではほとんど見られず、これがフェアグラウンド面積がNPBの本拠地球場中で最大と言われる所以である。
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
...というか、甲子園を参考に作られた地方球場が多く、全国各球場のモデルとなった球場と言っても過言ではない。
【照明塔】
照明が六基(銀傘庇部に二基、照明塔が四基)ある。
外野席改修工事(2008年)までの照明塔はスタンド席に直接設置されていた。 照明塔毎に二本の柱が観客席内に建てられ、柱付近の観客席からは大幅に視野が狭められていた。
2009年からスタンド外の2本とスタンド最上段の2本の鉄柱で支える方式に変更され、観戦環境が改善されている。
【スコアボード】
甲子園球場と言えば、このスコアボードである。
スコアボードが現在の形状になったのは1934年からで、開設当時は得点のみ表示する仮設板のみが設置されていた。
(国営放送の高校野球中継が当時の映像を振りかえる中で、仮設のスコアボードも度々紹介されています)
過去のリニューアルで、スコアボード表示形式が手動式から電光掲示板、オーロラビジョンへ変更されても、 スコアボード左側に選手名表示、真ん中に時計とボールカウントと審判名表示、右にスコア表示というする形状は継承されてきた。
【銀傘】
甲子園球場の特徴的な設備として銀傘が挙げられる。
アルプススタンドを除く、内野スタンド全体を覆う巨大な屋根で、ドーム球場を除くと、これだけ大きな屋根を内野スタンドに設けた球場は甲子園球場以外には無い。 なお、戦前、初代の銀傘はアルプススタンドまで拡張されていたそうである。戦時中の鉄材供出で一時撤去された後、二代目以降の銀傘は規模を縮小されて建設された経緯がある。
銀傘下には個別観覧席であるロイヤルスイートや、中央付近に外野席向けのサブスコアボード、壁面の下部にリボン状LEDボード「甲子園ライナービジョン」が設置されている。
現在の銀傘は四代目に当たり、2009年に付け替えられた。
■ 観戦環境
観戦エリアは内野スタンド、アルプススタンド、外野スタンドに分けられる。 各エリアがそれぞれ独立した構造であるが、内野スタンドとアルプススタンドはスタンド内の通路で繋がっている。 各エリアともに、座席は緑色系統で統一されている。
各スタンドともに単層のスタンドであるが、 甲子園球場の収容人員は47,000人以上と、単層の球場としては非常にスケールが大きい。 加えて、外野席の収容人数が全収容人員の四割程度と高い点が特徴である。
外野席と内野席とを結ぶ通路はない。
外野席においてレフト⇔ライトの行き来はバックスクリーン裏を通って可能な構造である。
【内野スタンド・アルプススタンド(構造)】
内野スタンドの入口は、1号門から14号門までの計14箇所。
1号門〜2号門:一塁側アルプススタンド
3号門〜5号門:一塁側両翼部(アイビーシート)
6号門〜9号門:バックネット裏(グリーンシート)
10号門〜12号門:三塁側両翼部(ブリーズシート)
13号門〜14号門:三塁側アルプススタンド
ゲートから階段を上がると、内野スタンド二階にあるコンコースに出る。 コンコースは内野スタンドの二階、三階に設けられていて、内野スタンドとアルプススタンド内を自由に行き来可能。 そのため、通路から座席に向かう際に、各ゲートに配置された係員がチケットを都度確認する方式を取っている。
コンコースから観戦エリアへと通じる入口は、バックネット裏に6箇所(二階に2箇所、三階に4箇所)、両翼部に6箇所(二階に3箇所、三階に3箇所)、アルプススタンドに6ヶ所(二階に2箇所、三階に4箇所)ある。
【内野スタンド(座席)】
内野スタンドのシート構成は、比較的シンプルである。
座席は、バックネット裏の「グリーンシート」(約5000席)と、両翼部は一塁側の「アイビーシート」、三塁側の「ブリーズシート」(いずれも約3700席)で構成される。 グリーンシートと、アイビーシート・ブリーズシートとの間には鉄柵が設けられ、明確にエリアを区別している。
グリーンシート、アイビーシート、ブリーズシートは、いずれも背もたれのある個別椅子、 グリーンシートは簡易テーブルが設置されている。 そのうち、バックネット裏の最前部は「TOSHIBAシート」と命名され、座面が簡易ソファとなった座り心地の向上された座席が配置されている。
なお、アイビーシートとブリーズシートには簡易テーブルが設けられていないが、カップホルダーが付いている。
内野スタンドの座席は、四段構造。
二階の通路からは二段目・三段目の座席へ、三階の通路からは三段目・四段目の座席へ行き易い構造である。
二段目の座席付近までは緩やかな傾斜で、三段目から上が急傾斜となっていて、底の広いパスタ皿のような構造である。 そのため、内野スタンドの上段に陣取ると球場全体が綺麗に見ることができて、歴史ある球場の雰囲気を存分に味わえる。
バックネット裏の最上段には放送関係者・記者用のブースが設けられている。 取って付けたような放送用ブースではなく、かなり広いスペースが常時確保されているところは、さすがは甲子園と言った感じである。
【アルプススタンド(座席)】
アルプススタンドの座席は背もたれの無い個別椅子。
NPB12球団の本拠地球場において、内野スタンドの座席で背もたれの無い個別椅子を採用しているのは、おそらく甲子園球場だけでしょう。 敢えて、背もたれの無い座席を採用しているのは、アルプススタンドが春と夏の高校野球大会で各校応援団が熱い応援を繰り広げる場所でもあり、 その点を配慮したのではないかと思っています。
【外野スタンド】
外野スタンドの座席は背もたれの無い個別椅子。
■ 食事、売店事情
球場内の飲食環境は非常に充実してます。
コンコース沿いには、様々なジャンルのお店があり、料金もそこそこリーズナブル。 個人的には、球場内で黒びぃるを調達できたのがヒットでしたね。
■ 駐車場
球場周辺には観客用の専用駐車場はない。
阪神電鉄・球団はシーズン中、CM等の告知で電車・バスを利用しての来場を求めている。 甲子園球場に隣接するららぽーと甲子園の駐車場は、試合開催日に観戦客の駐車を排除するため、3時間を超える駐車には本来の駐車料金に加え、特別駐車料金6,000円が加算される。 また、球場周辺のコインパーキングも同様に、試合開催日当日に限り割増料金を設定している。
■ 球場アクセス
【電車】
阪神電鉄の甲子園駅利用が最も一般的である。
駅前のロータリーを抜け、信号を一つ渡れば球場前に出る。
駅から徒歩2〜3分で球場前に到着できる。
【バス】
阪神バス「阪神甲子園」又は「ららぽーと甲子園西」下車。
なお、阪神バス宝塚甲子園線では、定期便終了後もナイトゲーム終了20分後に宝塚行き臨時便が運行される。 その他、JR難波駅への直通バス、阪急西宮北口駅ゆきの直通バスも運転されている。
■ 参考サイト
オープン戦ですが、内野席もそこそこに客が入っています。
三塁側内野席(ブリーズシート)から見る試合風景
(三段目、四段目付近からは見下ろす感が強くなる。)
スコアボードの表示仕様が変わる中でも、この形状・表示スタイルは継承されてきた。
甲子園と言えば、このスコアボードですねぇ
2009年に付け替えられたガルバリウム鋼板製の銀傘
内野席全体を覆っている巨大な銀傘
全部で24箇所のゲートが設けられています。
「○○号門」というゲート呼称にも歴史を感じます
横断幕のような球場内広告も甲子園球場独特のものですね。
銀傘の下に個別観覧席と甲子園ライナービジョンを設置
(内野スタンドの二段目〜四段目の座席を写した画像)
かなり広いスペースを設けられているのがわかるでしょうか。
ネット裏最上段に設けられた放送関係者・記者用ブース
NPB12球団の本拠地球場で、内野スタンドに背もたれの無い個別椅子を採用しているのは甲子園球場のみ。
アルプススタンドの座席は背もたれの無い個別椅子
青空の下、気持ち良く観戦中〜♪
一塁側内野席(アイビーシート)から見る試合風景
(一段目・二段目付近の傾斜は緩めである)
集客の多い球場ですから、ファンのさばき方も超一流?
外野席の入口(20号門、21号門付近)
2016年オープン戦 千葉ロッテ vs 阪神 甲子園球場
TEAM 10 11 12 大谷(1勝0敗0S)
Marines       内(0勝0敗1S)
Tigers       10 高橋(0勝1敗0S)
大嶺祐、スタンリッジが安定した内容。迫力に欠ける打線は心配。 HR  
阪神甲子園球場での戦績 1勝0敗0分(直近の観戦日:2016/03/05)
土日で甲子園、西京極での開催。日程が良かったんだよねぇ。 野球中継で故河島英五氏が「卵子に向かって旅立つ精子のようだ」と表現したジェット風船 なかなか上手く撮れないものですね。
千葉から大挙して訪れた人達
甲子園名物、ジェット風船
売り子さんを入れて撮影
見ちゃいやん...
先発はMarinesが大嶺、Tigersが能見。
大嶺は昨年あたりから開花し始めた、肩の力を抜いたフォームで、安定度を増した投球で阪神打線を翻弄。
5回を5安打1失点(自責0)、今年は開幕ローテを掴んだように思える。阪神の先発能見もベテランらしい
落ち着いた投球、4回を2安打無失点。ただ、これについては、ナバーロの謹慎処分で大砲を欠くMarines打線に
迫力がないことも要因の一つだと思うのだが...。
試合の流れが変わったのは5回。
阪神の二番手青柳が、まったくストライクが入らないのだ。
三者連続四球であっという間に無死満塁、伊志嶺の犠飛と荻野のタイムリーで2点を 先制する。
でも、ここで2点で終わってしまうところが、開幕に向けての不安材料。
Marinesの二番手投手は新戦力のスタンリッジ。
以前、阪神に在籍していたこともあり、場内からは温かい拍手が起こる。
スタンリッジも安定した投球で2回を1安打無失点。
5回、8回と1点ずつを返されて同点とされた9回、相手のエラーから、下位打線が三連打でつないで1点を
追加した後、伊志嶺の犠飛でもう1点を追加。これでほぼ試合が決まった感じ。恵理ネエとの約束もあり、
ここで球場を後にする。
阪神甲子園球場 : その他画像集
オープン戦でも16000人が来場したこの試合、車内には観戦に向かう多くの人が乗車してました。 駅から球場までは徒歩2〜3分、非常にアクセスの良いスタジアムですね。 表情が、ポーズが、マスコットの微妙さを醸し出している。
甲子園には阪神電車に乗って
高速道路高架の先が甲子園球場
(甲子園駅ホームから見る風景)
こいつら、ボルト留めしなくて大丈夫か?
暴徒化した阪神ファンに強奪されるぞ(笑)
クッションが一つあったトコで、長時間座って居ると疲れるんですけどね。 テーブルがあるのって、やっぱり楽。でも、隣の人が移動する度に畳まなくちゃいけないのは面倒だよね。 カップホルダーは付いてます。
TOSHIBAシート
(座面がクッション/簡易テーブル付き)
グリーンシート
(座面が堅い/簡易テーブル付き)
アイビーシート・ブリーズシート
(カップホルダー付き)
このおっさん、何を指さしているのだろうか? 球場裏に神社があるのって珍しい。 星野仙一の直筆文字が彫られている。
ネット裏と両翼部とを仕切る鉄柵
球場裏にある素盞嗚神社
素盞嗚神社に置かれるモニュメント
外野席側にはららぽーとが建っていたり、住宅街になっていたりと広めのスペースが設けられている。 この中に優勝校を刻んだプレートが設けられています。 ここに刻まれなくても、一度は出場しよう日野高校。
外野席入口横にある甲子園歴史館
甲子園歴史館前に立つ野球塔
歴代の優勝校が刻まれている
グルメ&観光情報:西宮市/阪神甲子園球場周辺のご案内
大きいサイズの珈琲を注文するとポットで出てくるのが嬉しい。 孫文記念館越しに見る明石海峡大橋。  
ヒロコーヒーで頂いた「大黒」
舞子公園にて
 
見ちゃいやん...
■ ヒロコーヒー
甲子園での観戦後に合流した恵理ネエに紹介してもらったお店。
チョコレートをふんだんに使った濃厚なチョコレートケーキ「大黒」が人気のお店である。
大きなサイズのコーヒーを注文すると、お洒落なコーヒーポットに入って出てくるのが嬉しい。
■ 寺町(尼崎市)
江戸時代、尼崎は阪神間唯一の城下町として栄えていました。
現在も、その城下町としての面影を思わせるような建物が、市内中心部である阪神尼崎駅前に点在しています。
この中でも代表的な歴史空間、それが寺町です。11ヶ寺が軒を連ね、国指定の重要文化財、7件をはじめ、
県、市指定の文化財も多く残されています。(下記リンク先より引用)
■ 枡千(尼崎市)
尼崎中央商店街にある創業140年のかまぼこ屋さん。
かまぼこをはじめ、さつま揚げ、厚焼などの練り物を販売している。
店頭で売られる揚げたてのさつま揚げ、サイトにある練り物の画像などを見るとついつい食欲がそそられて
しまいます。昔は、こういった練り物屋さんをあちこちの街で見かけたもんやけどなぁ。
■ 西宮神社
日本に約3500社ある、えびす神社の総本社である。
地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。
1月10日に行われる福男選び、正式には「十日戎開門神事福男選び」が有名。
当日は未明から多数の人が表大門の前に集合し、午前6時の開門とともに230m先の本殿を目指して駆け出す。
そして3着までにゴールした人間(待ち構えている神主に抱きつくことが条件になる)がその年の福男となる。
(決して、走る方にエントリーしたい訳ぢゃございません...笑)
■ 舞子公園(神戸市)
神戸市を越えて、明石市に程近い場所ですが...。個人的に好きなもので(笑)。
元は、明治33年に初の県立公園として開設された公園で、明石海峡大橋の建設・開通にあわせて「台場跡」や
「孫文記念館 (移情閣)」などの史跡が再整備された。明石海峡大橋を間近に見える公園として、週末を中心に
多くの観光客が訪れる公園である。
【参考】これまでの観戦結果
阪神甲子園球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数