■ 2017年公式戦開催予定 at 稚内市大沼球場
  残念ながら、今年は稚内での公式戦開催は予定されていません。
稚内市大沼球場
(収容:7,000人、両翼:95m、中堅:120m)
日ハムには毎年、道内の小都市での開催を続けて欲しい。
2015/08/15 稚内市大沼球場にて(日本ハムvsDeNA戦)
稚内では6年ぶりとなる公式戦開催、久々の公式戦開催を待ちわびた多くのファンが詰めかけた。
さすがは道内球界のメッカと呼ばれることのことはある。
球場正面の様子
見ちゃいやん...
大沼球場は、稚内市東側の丘陵地に位置する野球場。
声問地区の南側、宗谷ふれあい公園から続く公園エリアに、大沼球場と大沼第二球場が立地している。
これまで2009年、2015年にファーム公式戦を開催。
2015年は稚内軟式野球連盟創立70周年記念事業として、イースタンリーグ公式戦 北海道日本ハムファイターズvs横浜DeNAベイスターズの一戦が開催された。
■ 設備
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
ブルペンが内野グラウンド内に設けられているため、ファウルゾーンが広く作られているのが特徴。 当日は外野席から観戦していたのだが、外野グラウンドの芝目が美しかった。
照明塔は無く、ナイトゲームでの利用はできない。
観戦席に屋根はなく、雨天での観戦は厳しい環境になりそう。
稚内の場合、酷暑で苦しむことは無さそうですね(笑)。
観戦エリアは単層の内野スタンドと、両翼部、外野席の三つのエリアに大別できる。 内野スタンドと両翼部との間、両翼部と外野席との間が搬入口となっている。
この搬入口を経由して、両翼部と外野席との間は行き来可能だが、 内野スタンドは独立していて、内野席と両翼部の行き来はできず、一旦外へ出て再入場する形となる。
試合当日、搬入口が両翼部と外野席の入口となっていた。
なお、両翼部は更に、ホーム寄りの石段席と、外野席寄りの芝生席の二つのエリアに分かれていた。
外野席は芝生席である。
スコアボードは磁気反転式。
海に近いせいですかね?、風が強い場所だからですかね?
スコアボードが結構傷んでいるのが気になった。
■ 観戦環境
【内野スタンド】
内野スタンドのチケット取れなかったからなぁ...。
各ゲートから内野スタンドへのアクセスは少々不明。
内野スタンドを外側から見た限りでは、コンコースは無く、直接スタンドに上がっているようにも見えるが...。
遠目で見るかぎり、傾斜が適度にあって、観戦し易そうな内野スタンドに見えた。
なお、座席はすべて長椅子席である。
【両翼部、外野席】
両翼部では観戦エリアとスタンドとを隔てるフェンスは比較的高め。 石段席、芝生席のいずれも傾斜が緩やかであるため、フェンスに視界を遮られる位置が多そうです。
外野席も同様にフェンスが高め&傾斜が緩やかなので、視界を遮られる位置が多かった。
■ 食事、売店事情
球場周辺には、コンビニや食事処が皆無。
さすがにファームの試合会場には露店や臨時のグッズ売り場が出ていましたが、数には限りがあるため、球場へ向かう前に飲食物を仕入れて向かうことを推奨します。
滅多に行けない街での観戦なので、試合前後に北の幸を満喫するのはのは如何でしょう。
...というか、うちもそうしました(笑)。
■ 駐車場
稚内市大沼球場の駐車場収容台数は338台。
公式戦や大会で使用する際は、球場の東側(養護学校側)にある遊休地を活用して対応する。 うちが観戦時は臨時駐車場を二箇所(第三駐車場まで)設けて、対応していました。
第三駐車場(パークゴルフ場裏)が広いので、第三駐車場が満車になることはなさそう。
■ 球場アクセス
【路線バス利用】
稚内駅から宗谷バス宗谷岬線で声問下車、徒歩10分。
運行本数は1日7往復(日中3往復)で当てにならない。
2015年は試合開始が11時だったので...、
稚内駅 8:38→声問 8:57、稚内駅 11:04→声問 11:23
といった便が何とか利用できる程度。(2015年12月現在)
【タクシー利用時】
稚内駅から約3180円(片道)。
南稚内駅から約2460円(片道)。
ブルペンがグラウンド内にあるので、ファウルゾーンが広めである。
外野席の芝目が美しい
規模は違いますが、熊本藤崎台球場を彷彿とさせます。
稚内空港が至近、試合中に着陸するANA機
ちょっとした段差があるので、通り抜ける際には注意が必要
両翼部は石段席と芝生席に分かれる/内野寄りの石段席
平日開催のファームの試合なのですが、円山球場を皆が愛している証拠か?
外野ポール際は、両翼部も芝生席になっている
座席が長椅子なのか、個別椅子なのかわからないくらい、人で埋まっています。
外野席は芝生席
レフトスタンドに木が残されているのがわかる。
内野グラウンド内にブルペンが設けられている
シンプルなデザインが好きですね。
磁気反転式のスコアボード
色々な角度から稚内市大沼球場
この日はサッカーグラウンドを使用中 ワイヤーが少々邪魔ですが、ここもすっきり観戦ができるエリアです。 こちらも展望が利く場所として人気急上昇です。
6年ぶりの稚内開催!
試合途中で一瞬、青空が広がる
レフト⇔ライトの行き来が可能
外野席からも試合風景を見てみたかった。 ただし、この日は外野席が開放されていなかった。  
ポール際にある搬入口(外野席入口)
球場隣は、軟式野球場
 
2015年イースタンリーグ公式戦 日公 vs DeNA(14回戦) 2015/8/15 稚内市大谷球場
TEAM 10 11 12 高梨(9勝5敗0S)
BayStars       10  
Fighters ×       山口(1勝2敗0S)
山口が先発してこの展開になるとは思わなかったな。 HR  
稚内市大沼球場での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2015/8/15)
見ちゃいやん...
6年ぶりに開催された稚内での公式戦。
8月15日は稚内で、8月16日は札幌円山でという強行スケジュールである。
稚内から札幌へ戻る飛行機は17時55分発、他の試合同様に13時開始とすると、試合が長引いた場合に
飛行機に間に合わないことになる。そこで、稚内での試合開始時刻は11時。中途半端な開始時間のため
午前中をあまり有効に使えないので、結構しんどいマッチメークでしたね。
午前中、サロベツ方面を回ってから10時半くらいに球場へ。
予想外に人の出が早く、駐車場は既に第三駐車場しか空いていなかった。
加えて、内野スタンドのチケットは完売。外野席で観戦することになった。
先発はBayStarsは山口、Fightersが高梨。
開幕当初は一軍のローテーションを任されていた山口を、稚内で見るとは...。
その意味で、BayStarsが優位に試合を進めるのでは...と思っていたが、蓋をあければ、こんな試合内容。
打線含めて、BayStarsは覇気がなかったですねぇ。
ほとんど試合を振り返っていませんが、その理由は簡単。
日公vsDeNAという対戦カードに全く興味が無いからです(笑)。
まぁ、若干DeNAに肩入れする程度かな。
完全に球場目当ての観戦だったため、8回くらいまで観戦して、球場を後にしました。
グルメ&観光情報:稚内市/稚内市大沼球場周辺のご案内
3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。 3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。 3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。
日本最北限「宗谷岬」
稚内港北防波堤ドーム
稚内は樺太への玄関口
3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。 3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。 3月に初めて見た時にはただ足の速い兄ちゃんだったが、試合をこなす度に、彼は盗塁の技術を上げているように見える。
日本最北端の駅「稚内駅」
ここが日本の鉄路の最北端
宮の台展望台からの眺望
見ちゃいやん...
北海道を目指す人であれば、誰もが一度は「最北端の宗谷岬に立ちたい」と思うはず。
かく言ううちも、急行八甲田と青函連絡船を乗り継いで(古い...)初めて北海道へ渡った時には、
札幌から急行宗谷に乗って(これまた古い...)真っ先に稚内を目指した記憶があります。
そんな「最北端の地」を巡る際の拠点となるのが稚内市、稚内市のお薦め情報をまとめてみました。
■ 宗谷岬
ここで詳細を書く必要あるまい。ご存知、本州最北端の地である。
宗谷岬灯台の近くには間宮林蔵の銅像と、日本最北端の碑が立っている。
「日本最北端は択捉島(カモイワッカ岬)では?」という方、確かに正しい。
「民間人が到達することができる日本の最北端」という意味で建てたものと解釈しているが、そんな弱腰な
姿勢だから、いつまでたっても露助が北方領土を返してくれないのでしょう。まぁ、碑の内容については
大目に見てやってください(笑)。
■ 稚内港北防波堤ドーム
北防波堤ドームとは、稚内港にある大型の防波堤である。
稚内港の防波堤としての役割および、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するため、1931年から
5年間をかけて建設された。高さ約14メートル、長さ427メートル、古代ギリシア建築を彷彿とさせる
70本のエンタシス状の柱列群は、斬新な印象を与えている。1981年に全面改修。
北海道と樺太を結ぶ鉄道連絡船(稚泊連絡船)の桟橋など港湾施設の保護および、桟橋を利用する乗客の
便宜のために作られた。建設後、稚内駅からドームの手前まで国鉄の線路を延長し、同駅の構内仮乗降場扱いで
「稚内桟橋駅」が開設され、乗客はドーム内を歩いて桟橋に待つ連絡船に乗り込んだという。
その後、第二次世界大戦を経て終戦を迎えたことから稚泊連絡船は消滅し、これとともに稚内駅から桟橋駅に
続く線路も消滅したが、防波堤としての機能は維持されており、以後も礼文島や利尻島への航路など多くの
船が発着する稚内港を守り続けている。
Wikipedia:稚内港北防波堤ドームより抜粋)
■ 宗谷肉牛牧場
宗谷岬と反対側のかなり斜度のある坂道を上っていくと、展望台がある。
展望台から更に上っていくと、目の前に丘陵地が広がり、黒牛が斜面で長閑に草をはんでいる風景を
見ることができる。
■ 開基百年記念塔周辺
記念塔の駐車場から更に未舗装の道を1km程度歩くと(車・バイクは入れません)見晴らしのよい丘に出ます。
丘の上からは樺太や利尻島を一望することができます。
■ 稚内全国犬ぞり大会
毎年二月第四金・土・日曜日に開催される。
会場は稚内空港脇の敷地、全国から100頭以上の犬が参戦する。
以前、うちがしばしば宿泊していた母子里一刻舘(既に閉館)の宿主もハスキー犬二頭を連れて参加
してたっけなぁ。いきいきと走るハスキー犬の写真が今も鮮明に思い起こされます。
また、ギャラリーが無料で参加できる体験レースもある。
大会に合わせて出店する露店では、稚内の名物料理を堪能することができる。
■ 寒寒ドリンクラリー
2月中旬に稚内市で「寒寒ドリンクラリー」というイベントが開催されます。
低迷する地元商店街を盛り上げようと1998年から地元の料理飲食店組合が主催して開催されている。
90分以内にスナックや居酒屋など5軒をハシゴ酒してスタンプを押してもらい、ラリー終了後に現金や
豪華商品が当たる抽選会が待っている。
各店舗ではイベントにあわせて腕によりをかけた料理を準備し、ハシゴ酒をする方々との交流を
図っている。例年、2月の第三土曜日に開催されるようですが、詳細な日程については地元商店街に
問い合せた方が良さそうです。
【サロベツ原野】
稚内市からは少し離れますが...。
サロベツ原野についても少々触れておきます。
サロベツ原野は、豊富町と幌延町の海岸線沿いに広がる広大な湿原。
東西7km、南北28kmに渡って泥炭性の低湿地が広がり、その広さは約23,000ha。
湿地帯にはペンケ沼、パンケ沼といった沼地が点在する。6月〜8月、サロベツ原野ではさまざまな花が
咲き乱れ、湿原から見る利尻島は四季折々の美しさを見せる。
特に、春から夏にかけて夕焼けに浮かぶ利尻島、湿原が雪原に変わる冬の原野越しに見る利尻島はお薦め。
■ 原生花園
6月下旬から7月上旬、サロベツ原野をエゾカンゾウの黄色い花が埋め尽くす。
うちもサロベツ原野でエゾカンゾウを見たことがないので、是非一度、初夏に道北を巡りたいと画策中。
■ 豊徳台地
道道444号線から、清明豊里方面に向かった場所にある牧草地。
草をはむ牛たちの向こうにサロベツ原野が広がり、癒される風景が広がる。
牧草地を更に兜沼方面へ向かうと、高台からは海と利尻島が大きく見え、原野の広さを実感できる
場所に出る。
■ 宮の台展望台
徳満駅前で国道40号線から東へ折れ、約1km進んだ場所にある展望台。
(道道923号線の一本手前を折れる形です)
サロベツ原野が左右に開ける形でどこまでも広く見える。
広いサロベツ原野の向こうには、日本海越しに利尻島が大きく見える。
■ 大規模草地放牧場
豊富温泉の北側に広がる、その名の通り大規模な放牧場。
総面積1500haと日本有数の規模を誇る大規模草地牧場で、見渡す限り牧場が続くなだらかな丘陵地帯には、
約1500頭の乳牛が放牧され、畜産のまちならではの牧歌的風景が広がっています。レストハウスで引き返す
ことなく更に進むと、「ここは日本なのか?」と思えるような大陸的で、素晴らしい道が続く。
【参考】これまでの観戦結果
稚内市大沼球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数