■ 2017年公式戦開催予定 at 佐野市運動公園野球場
ルートインBCリーグ公式戦/栃木ゴールデンブレーブス主催試合
  2017年 4月21日(金)    栃木ゴールデンブレーブス vs 塵賣ギャンブラーズ
  2017年 4月23日(日)    栃木ゴールデンブレーブス vs 塵賣ギャンブラーズ
  2017年 5月25日(木)〜26日(金)    栃木ゴールデンブレーブス vs 武蔵ヒートベアーズ
  2017年 7月 7日(金)    栃木ゴールデンブレーブス vs 武蔵ヒートベアーズ
  2017年 7月 9日(日)    栃木ゴールデンブレーブス vs 群馬ダイヤモンドペガサス
  2017年 8月25日(金)    栃木ゴールデンブレーブス vs 新潟アルビレックスBC
  2017年 8月26日(土)    栃木ゴールデンブレーブス vs 武蔵ヒートベアーズ
佐野市運動公園野球場
(収容:11,390人、両翼:92m、中堅:120m)
春季高校野球大会は日程がタイト、多少の雨でも強行していかないと後の日程が大変になる。そのしわ寄せをすべて高校生に押し付けるというのはいかがなものかと。
「先輩、俺達野球の試合しに来たんすよね? 田植えぢゃないっすよね?」
そんな会話が聞こえてきそうなホームベース付近の惨状。
ゲートから階段を上るとすぐに観戦エリアに出られるのがお分かりだろうか。
想像していたよりも重厚な内野スタンドだ
見ちゃいやん...
佐野市は、栃木県南西部に位置する市。
2005年2月28日に旧佐野市、安蘇郡田沼町、同郡葛生町の新設合併により発足。 人口は12万人で足利市に次ぎ同県第5位、近年は佐野ラーメンとアウトレットモールで有名である。 (Wikipedia:佐野市より抜粋)
■ 設備
グラウンドは、内野がクレー舗装、外野が天然芝。
地方球場で良く見かけるオーソドックスなタイプです。
ブルペンが内野スタンド内に設けられているため、ファウルゾーンが広く作られているのが特徴。 照明塔を6基備え、ナイトゲームも開催可能。
観戦エリアは、一塁・三塁ベースとレフト・ライトポールの間付近までカバーする内野スタンドと、外野芝生席(いずれも単層)の二つのエリアに大別できる。 内野スタンドと外野席との行き来は出来ない。また、ライト⇔レフト間の行き来も出来ないように見える。
■ 観戦環境
グラウンドが両翼92メートルと狭い部類の球場に入るが、中央の通路を挟んで下段に7列、上段に8列、しっかりと傾斜を設けた重厚で立派な内野スタンドを有する。
【内野スタンド】
内野スタンドの入口から階段を上がると観戦エリアに直接出られる構造で、途中にコンコースなどを挟まない。 観戦エリアと場外とを結ぶ階段は、ネット裏(メインスタンドと球場は呼ぶ)に4ヵ所、両翼部(内野スタンドと球場は呼ぶ)に2ヵ所ずつある。
スタンド内の通路は中央と最上段。
コンコースを持たない構造のため、内野スタンド内の動線にはやや難がある。
座席はメインスタンド上段のみ背もたれの有る個別椅子、その他はすべて長椅子席である。 上段に個別椅子があるエリアを「ネット裏」、それ以外を「両翼部」と定義するのであれば、ネット裏は約10名が着席可能なブロックが5ブロック、 両翼部には8〜10名程度が着席可能なブロックが16ブロック(メインスタンド5ブロック+内野スタンド11ブロック)設けられている。
丁度、個別椅子があるエリアをすべて覆う程度の大きな屋根がある。 搬入口がメインスタンドと内野スタンドの間にあり、搬入口を跨ぐ形で、搬入口付近には内野スタンドの下段席が設けられていない。
内野スタンドとグラウンドとを隔てるフェンスは高めだが、内野スタンドの傾斜が急であるため、最前列付近に陣取らない限り、視界を遮られることはなさそう。
【外野スタンド】
外野芝生席はやや奥行きがないかなと思うが、しっかりと土盛りが施された立派なもの。 ただ、フェンスが高いので最上段に陣取らないと視界を遮られそう。 外野芝生席のうち、ライトポールの回りのみやや広めになっている。
■ 球場アクセス
【徒歩】
球場の最寄駅は東武佐野線の吉水駅。
駅から球場までは約3.5km、徒歩40分といったところか。
酷暑時などを除けば、歩けない距離ではなさそうです。
加えて、吉水駅に停車する列車は1時間おき。
綿密に計画しないと待ち時間ばかりが増えそう。
【タクシー料金の目安】
佐野駅から約2170円
櫛ヶ浜駅から約1360円
→ タクシーサイトへGo!
■ 食事、売店事情
公園内には店らしきものは何もありません。
ただし、Googleマップなどを見ると、公園周辺にダイニングキッチンや和食処、中華料理屋などが点在していることがわかる。 定休日とかち合わなければ、食事で困ることはなさそうです。
■ 駐車場
佐野市運動公園の駐車場収容台数は約1400台。
公園内の他施設と大きな大会がバッティングしない限り、駐車場がパンクすることは無さそう。 うちが観戦した高校野球の大会でも、余裕をもって車を駐めることができました。
グラウンド上に水が浮いていて、見るからにやりづらそうなグラウンド状況。
レフト後方の三角屋根は市民体育館
朝からの雨で開始時間が変更になり、皆が屋根の下で雨宿り中。
ネット裏上段を覆う大きな屋根がある
この雨では、誰もアルプス席に陣取る人はいませんね。
ネット裏上段以外の座席は長椅子席である
本来、球場のあるべき姿です。
ファウルグラウンドが広い
早く試合始まんねぇかな。
内野スタンド端から雨煙る球場風景を見る
画面手前、ライトスタンド入口付近のみ芝生席のエリアが広くとられている。
外野芝生席の様子
ここまでしっかり作られたスコアボードなのであれば、フル稼働すると見栄えがするでしょうね。
フル稼働して欲しい手書きのスコアボード
各アイコンをクリックすると、場所名、画像等、詳細情報を表示します。
佐野市運動公園野球場:その他画像集
田んぼのようになり果てたホームベース付近、これでは打者もつらかろう。 メインスタンドと異なり、外周通路のような形でコンコース代わりの通路を設けている。 内野スタンドの傾斜が急なので、上段に陣取ればこのフェンスは気にせず、観戦が可能。
バックネット脇が絶好の撮影ポイント
内野スタンド(両翼部)の入口
グラウンドとを隔てるフェンスは高め
搬入口をまたぐ形で、上段エリアの座席のみが設けられている。 内野スタンド側から見た搬入口のオーバークロス部分  
搬入口を挟んで「メインスタンド」と「内野スタンド」に分かれる構造
なかなか、この球場でライト側、レフト側を分けて入場させる機会はなさそうですからね。 この入口、使われることはあるのか? ライト側のみに設けられている。
ポール脇にある外野席両端の小さな入口
外野席のメインゲート
通常はこのゲートを用いて、レフト、ライト側に振り分けることを想定しているのでしょう。 こういった部分からも良く整備された公園であることがうかがえる。  
メインゲート付近は広めに設計
外野席後方に続く散策路
 
春期高校野球代表決定戦 小山南 vs 佐野日大 佐野市総合運動公園野球場
TEAM 10 11 12 佐野日大:君島
小山南                
佐野日大 5X             10   小山南:八木橋→小島
途中、65分間の中断あり。良い条件で試合させたかったな。 HR  
佐野での観戦成績:1勝0敗0分(直近の観戦日:2017/04/09)
足場が悪い中、要所を締めるピッチングを見せた。 野球部員の父兄は大変ですよ、本当に。  
佐野日大の先発、君島君
雨の中、応援する方も大変
 
見ちゃいやん...
10時開始の試合に合わせて、球場入りしたのが9時50分頃。
しかし、観客はみな屋根の下で待機状態。どうやら開始時刻をずらしたらしい。
15分ほど待つと選手たちがアップを始めて、予定よりも20〜30分ほど遅れて試合開始。
試合は開始したとは言え、雨はまだしっかりと降っているし、日程がタイトなのはわかるが、こんな悪条件の下で
一発勝負で戦わねばならない選手たちは大変である。
スコアボードだけを見れば佐野日大の圧勝...ということになるが、小山南の八木橋君も良い球を投げていた。
ただ、足場の悪い中で守備のミスが出て、立ち上がりに2点を奪われ、3回にも連打で2点を奪われる。
加えて、3回が終わった段階で65分の中断、それぢゃ集中力は保てませんわな。
小山南にしろ、佐野日大にしろ、青空が広がる下で思いっきりプレーをさせてあげたかったというのが本心。
大人の事情とは言え、少々かわいそうな試合になってしまった。
グルメ&観光情報:佐野市運動公園野球場周辺のご案内
あっさり系のスープと麺との相性ばっちり、おいしいラーメンでした。 ラーメンと餃子一皿、生びぃる二杯を空けたら、お腹がパンパカパンになってしまった(笑)。  
「麺屋ゐおり」の旨塩ラーメン
「麺屋ゐおり」前景
 
「麺屋ゐおり」の隣にあります うちは手前に写っているチョコモンブランを選択  
「ケーキ工房モンテ」の前景
ショーケースに並ぶ宝石達
 
市街地の喧騒から少し離れた住宅地の中にある。 上に載っているテントウムシが可愛い。  
「いちごとバナナ」の前景
シュークリーム、美味でした
 
見ちゃいやん...
● 出流原弁天池
出流原弁天池は、栃木県佐野市出流原町(赤見温泉)にある池である。
池は1956年、栃木県指定天然記念物に指定されているとともに、池の水源は1985年、出流原弁天池湧水として
名水百選に選定された。佐野市の北域にあたる後山は秩父古生層の石灰岩で形成されており鍾乳洞から、年間を
通じ 水温は16℃、2400(m3/日)の湧水量の水が湧き出しており[2]、流出した水は料亭の庭の池や養魚場や
磯山公園の池に利用されて下流の灌漑用水にも利用されている。
Wikipedia:出流原弁天池より抜粋)
● 三滝
作原にある滝で、旗川の源流にもなる深山幽谷の見事な滝。
一の滝、二の滝、そして三の滝とありますが、同じ場所からは全景を一箇所に見ることができないため、幻の滝とも
言われています。(少々大げさなような気はしますが...^^)
● 麺屋ゐおり
佐野市運動公園野球場で観戦した前日、うちはルートインホテル佐野藤岡インターに宿泊。
ホテルから徒歩圏内で「当たり」の予感を感じたラーメン店がこのお店。
画像にある「旨塩ラーメン」、あっさりしつつも味がしっかりとしていて、スープと麺との相性もばっちり。
旨塩ラーメンと餃子、生びぃるを二杯空けたら、お腹がパンパカパンになってしまった。
食事後、隣の「ケーキ工房モンテ」でデザートも購入、満足感いっぱいの夕食となりました。
● ケーキ工房モンテ
前述の「麺屋ゐおり」の隣にあるのがこのお店。
夜のとばりに浮かぶお店に惹かれて入店すると、夕食時にも関わらず、商品はフルラインナップ。
さびれたお店であれば「人気ないのね」と思うところだが、この外観にして、この時間帯。
まだまだ多くのお客様が訪れるのでしょう。
うちがショーケースの画像手前にあるチョコモンブランを選択、なかなか美味しいケーキでしたよ。
● いちごとバナナ
佐野市運動公園野球場で観戦した試合、3回途中から長い中断に入った。
再開を信じて30分ほど球場内で待機したのだが、これ以上は待てんと球場を後にする。
珈琲飲みたいな、美味しいパフェが食べたいなと考えて、探したのがこのお店。
「いちごとバナナ」、如何にも!という店名に惹かれて選んだ訳だが、パフェはなかったことは先に伝えて
おきます(笑)。
地元で20年近く続いているケーキ屋さんのようです。
地元で愛されている期間はうそを付かず、店名の通り、ケーキ「は」美味しかったです。
あとは悟ってください(爆)。
● いもフライ
佐野市名物として有名なのがいもフライ。
じゃがいもを串に刺し、パン粉で揚げて特製ソースで食べます。
店によってじゃがいもの大きさやソースの味が異なるため、ソースの味などでファンが分かれます。
市内の至る所で看板や幟が見られます。
下記の「いもフライマップ」では、佐野市は堂々と「佐野にしかない懐かしい味」であるとPR。
しかし、「佐野にしかない懐かしい味」、「佐野発祥」、「特製ソース」と言い切っている点は佐野市の
明らかな誇大広告のようで、近隣市町村(足利市や館林市)でも同様のフライがあり、佐野市が発祥である
ことに明確な根拠もなく、ソースも特製でないお店が多いなど疑問点が多いのだそうな。佐野ラーメン然り、
さのまる然り、言った者勝ち&組織票により、ジャイアン狩りしたってのが本当のところらしい。
● 佐野ラーメン
佐野市と言えばラーメンってことになるのでしょうか。
うちにとっては、何の変哲もないラーメンにしか見えないんですけどね(笑)。
...とは言え、佐野市による誇大広告の効果もあり、市内には数多くのラーメン店がひしめいていますので
下記のラーメン店マップなども用いて、お好みのお店を探しに行くのは如何でしょう。
球場の近くでラーメン店を探してみると、おぐら屋さんが近くにありますね。
ただ、このお店、佐野市内でも有名な老舗だそうで、常に行列が起きているとか。
下記のマップ等を駆使して、お好みやスケジュールに合わせたラーメン店を選ぶのがよいでしょう。
【参考】これまでの観戦結果
佐野市運動公園野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数