■ 2017年公式戦開催予定 at 茅野市営野球場
  残念ながら、今年は茅野での公式戦開催は予定されていません。
茅野市営野球場
(収容:10000人、両翼:92m、中堅:120m)
茅野市運動公園に入り、丘をだらだらと登った一番奥に野球場がある。
茅野市営野球場の正面入口
見ちゃいやん...
霧ヶ峰や蓼科への玄関口である茅野市にある球場。
BCリーグの発足以来、茅野・諏訪エリアでの試合開催は諏訪湖スタジアムに限られていたのだが、2011年7月に初めて茅野市営野球場で試合を開催することとなった。
茅野市で試合が開催された前日、信濃グランセローズは新潟市に新規開場したみどりと森の運動公園野球場で柿落としの試合を行っており、 二日続けて初開催となる球場で試合を行った。こんな機会は滅多にない...と、泊まりがけで黒埼・茅野へと観戦に出掛けたのでした。
茅野で初めて試合を開催するとあって、地元の力の入れ具合が凄かった。 試合開始前に和太鼓演奏があるわ、商工会議所が大震災の被災地を支援するチャリティーを行ったり、800人の観客に対して108人が当たる農産物のプレゼントがあったりと場外イベントも盛り上がった。
かくいううちも大根二本が当たって(嬉)、場外では格安のじゃがいもを仕入れ、昨日新潟で仕入れた大量の枝豆と合わせて、 農産物満載で帰宅。球場で頂いた大根は、風味豊かで大根おろしにすると辛みがあり、煮物にすると崩れず、村長亭では大変好評でした。
さて、話を本題に戻して...と。
茅野市営野球場は、茅野市運動公園の中にある。
茅野市運動公園内には、野球場のほか、陸上競技場や総合体育館、プール、テニスコート、国際スケートセンターなどが併設され、茅野市民に親しまれるレクリエーション施設となっている。
■ 設備
グラウンドは、内外野ともにクレー舗装。
BCリーグで使用する球場の中でも、内野が芝でない球場は珍しい部類に入ります。 照明設備はありません。
内野スタンドがあるのはネット裏エリアのみ。 両翼部は盛り土しただけの観戦エリアで、ロッテ浦和球場に近い。
同じ芝生席ではあるが、外野席の方が内野芝生席よりも「スタンド席」としてしっかりと作られた感がある。
ネット裏⇔両翼部の行き来は可能だが、両翼部と外野席との間に搬入口があるため、内野席から外野席へと移動するためには一旦スタンドの外へ出る必要がある。
また、レフト側⇔ライト側の行き来は可能である。
■ 観戦環境
この球場の観戦環境で特筆すべき点は、内野芝生席が非常に見づらいこと。 グラウンドと内野芝生席とを隔てるフェンスが異常に高くて、どこに座ってもフェンスに視界を遮られる。 その上、芝生席に縦(奥行き)方向へ傾斜が全くないために、最前列に座らないとグラウンドの様子は掴めない。 しかも、盛り土が分厚いエリアが狭く、外野に向かって下っていく形なので、端へ行けば行くほど、更に観戦環境は悪くなる。 そんな内野芝生席を嫌って、試合途中から外野席へと場所を移る観客が多かった。
逆に、外野席からの観戦環境はすこぶる良かった。
美山球場や、県営伊那球場渋川球場などと同様、観戦エリア側から見ると外野フェンスが数センチしかない。
全く遮るモノが無い状態で、選手を間近に見ながら観戦できるのは最高でした。 また、外野席奥は木立になっていて、外野席上段に陣取ると木立が強い日差しを遮ってくれるので、暑さを避けられるという意味でも 内野芝生席に陣取らずに正解だったと思いました。
ネット裏は、石段に長椅子を配しただけの簡素な造り。
「この座席で特別料金(1000円)取るんですかい??」と思ったファンも少なくなかろう。 ただ、ネット裏以外は座席すら無い訳だし(笑)、ある意味差別化は図られている。
また、雨を避けれるエリアは非常に限定的だが、ネット裏の座席には申し訳なさ程度の屋根がある。 悪天候時の観戦では、ネット裏上段に陣取るのも手かも知れない。
■ 食事、売店事情
運動公園や周辺エリアには、コンビニや食事処が皆無。
BCリーグの試合開催時にはある程度の露店が出店することが予想されますが、球場へと向かう前には飲食物を仕入れて向かうことをお薦めします。
ちなみに、後述する「カフェ フルハウス」さんから球場まで車で3〜5分程度です。
■ 駐車場
BCリーグのサイトによると、茅野市運動公園内の駐車場収容台数は500台。 公園西側(入口近く)にある駐車場に車を置き、高台にある野球場まで上っていく形となる。
駐車場以外にもフリースペースが多いので、満車で締め出されることはなさそう。
■ 球場アクセス
【徒歩で向かう場合】
茅野駅から球場まで約1.9km。
徒歩で25〜30分といったところでしょうか。
気候の良い季節であれば、気持ち良く歩けるのでは?
【路線バス利用時】
茅野駅より中央病院行きで10分
運動公園入口、または野球場前バス停下車
(時刻表は見つけられませんでした...)
【茅野駅からタクシー利用時】
予想運賃は900円〜1000円(片道)。
止むを得ず利用した場合でも、支障のない金額かと。
なお、茅野市内のタクシー会社と連絡先は下記の通り。
球場から戻る時などに活用してください。
第一交通(0266-72-4161)
■ 参考サイト
内外野ともにクレー舗装の球場は、BCリーグ使用球場の中では珍しい。
外野席から見るグラウンド風景
最前列に座ればまだ良いが、後方に座るとグラウンドの様子は全く掴めません。
内野芝生席の視界を完全に塞ぐ高いフェンス
初めは内野芝生席に陣どるつもりだったが、あまりの視界の悪さから、うちは外野席へと移動した。
内野芝生席、スタンドからはこう見える
位置関係やスコアボードの貧弱さは小諸に似通ったものがあります。
スコアボードはバックスクリーン横にある
この席で1000円増しと言うのは少々やり過ぎ感が満載だが、屋根が一部でもあるのは悪天候の時には有難いかも。
ネット裏は屋根ありだが、長椅子席
色々な角度から茅野市営野球場
チェックする人を立てる方が人件費的に難がありそうだな...(笑)。 スコアボードに選手名表示ができないのなら、作ってしまえ、持ち込んでしまえ。選手名表示をおろそかにしない信濃の姿勢、大事だと思います。  
内野芝生席とネット裏とを繋ぐ通路
信濃式、小球場向けスコアボード
 
2011年BCリーグ公式戦/後期 信濃 vs 群馬(1回戦) 2011/7/3 茅野市運動公園野球場
TEAM 10 11 12 飯田(3勝1敗0S)
群馬Dペガサス       鈴木(0勝1敗9S)
信濃グランセローズ ×       小暮(2勝3敗0S)
先発の篠田君が好投、できれば完投して欲しかった。 HR 治下 1号
茅野での戦績 1勝1敗0分(直近の観戦日:2014/04/29)
この日の篠田君は絶好調。ぐいぐいストレートで押す投球内容は見ていて気持ちが良かった。 春先の元気の良さ、好調さが暑くなってから薄れてしまったのが来期に向けての課題か? この頃は抑えとしての風格が出始めていた鈴木君ですが、この後は...。
好投した先発の篠田君
夏バテ気味、元気不足の脇谷君
最後は鈴木君が締め、勝利のタッチ
見ちゃいやん...
先発は信濃が篠田君、群馬が川野でした。
両投手ともに安定した投球内容で、序盤から中盤にかけては投手戦が続きます。
今日、両投手が投げていたようなキレの良い球は、昨日の新潟戦では見ることがほとんど無かった。昨日は
やはりマウンドが悪かったのかな...と思いつつ、今日の投手戦を見ていました。
篠田君の投球内容は実に良かった。
ストレートでぐいぐい押しつつ、ストライク先行。
後ろから見ていても(今日は外野席で観戦でしたの)安心して見ていられた。
ピンチらしいピンチは無かったんぢゃないかな。
グランセローズは三回、二塁打を放った根津君を松本君が犠打で三塁へ送り、続くヘルナンデスがどん詰まり
ながらもセンターの前に落ちるタイムリーを放って先制。この虎の子の一点を篠田君が守っていたのですが、
七回に群馬に新加入した治下に右中間スタンドへ運ばれて同点。(追い込んでいただけに悔やまれる)
試合は振り出しに戻ってしまいます。
両チームが更に一点ずつを加えて迎えた八回裏。
信濃は一死満塁のチャンスを作るも、板倉君がマヨラの前に三振。
このまま群馬に流れが行ってしまうのか...と思った時、マヨラの投じた投球が原君の背中にズドン。
むっちゃ痛そうだったが、これが貴重な決勝点。
9回裏は鈴木君がしっかりと四人で締めて、信濃が3対2で勝利しました。
昨年も後期は最初の5試合を4勝1分でスタート、序盤は良かったんです(笑)。
でも、7月25日から怒濤の10連敗、一気に元へ戻ってしまった(泣)。
だから、開幕カード連勝くらいで、誰もこのまま首位を走れるなぞ思ってません。
ましてや、後期優勝するなんて、これっぽっちも思っていません(爆)。
昨年のような大崩れさえしてくれなければそれで良いんです。
一戦一戦、型にはまることなく、消極的になることなく、大事に戦って欲しい。
だから、今日のように「8回になったから飯田君に交代」というような投手起用は避けて欲しい。
降板時点で篠田君は80球も投げていなかったんですから...。
グルメ&観光情報:茅野市/茅野市営野球場周辺のご案内
開店直後から地元の人が多く来店していました。休日日中は競争必至かも。 休日日中のお昼時、40越えたおっさんが一人で食べる代物ではないですね(笑)。 なかなか夢のあるメニューだと思いませんか?
「カフェ フルハウス」前景
モカとコーヒーゼリーのパフェ
「カフェ フルハウス」のメニュー
市街地から近い割に、訪れる人が少ない穴場的存在の公園。 昭和建築の香りが強いお城ではあるが、市街地にある数少ない観光地であるため立ち寄ってみました。  
立石公園から見る諏訪湖の眺め
高島城址
 
見ちゃいやん...
■ カフェ フルハウス
午前8時前に目が覚める。
ホテルで朝食を摂って、チェックアウトぎりぎりの10時まで粘る。
...というのも、試合が開催されるのは諏訪市のお隣、茅野市。ホテルからは車で15分ほどの場所。
諏訪市界隈は何かと足を運んでいるエリアだし、外は暑いし、しゃかりきに観光することもないでしょう。
結局、諏訪市から霧ヶ峰方面に上がった場所にある立石公園で諏訪湖を眺め、上諏訪駅近くの高島城址を
冷やかしてから茅野市に向かいました。
ただ、茅野市では、一箇所だけ立ち寄りたい場所があった。
それが茅野高校前にある「カフェ フルハウス」というお店。
パフェ系のメニューが豊富だと聞き、観戦前に是非立ち寄ろうと思っていた。
ホテルでしっかり朝食を摂ったし、大きめのパフェを食べれば、夜までお腹は持つだろうと考えてました。
おっさん独りが小汚い恰好でお洒落な店に入り、しかもパフェだけ注文するというのはなかなか勇気が要り
ましたね(笑)。うちが注文した「モカとコーヒーゼリーのパフェ」、美味しかったですよ。
【参考】これまでの観戦結果
茅野市営野球場での観戦結果を上記で紹介しましたが、その他の球場ではどうなのか?
これまでの全観戦記録を以下にまとめております。
時間のある方、冷やかしに立ち寄ってくださいませ。
他球場情報へのリンク
■ 北海道、東北
■ 北関東
■ 埼玉
■ 南関東
■ 新潟
■ 北陸
■ 山梨
■ 長野
■ 東海、近畿
■ 中国、四国
■ 九州
■ 番外

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ メール送信ボタン
「生が好き」Index 村の入口へ 村議会(掲示板) Mail
村全体のカウンタ メイン このスタジアムレビューへのアクセス総数 今日は何件?  昨日は何件? 今年(2017年)のアクセス数