国道338号線|R338|津軽海峡|大間町|大間崎|仏ヶ浦|マグロ|フェリー|花見|紅葉|景色

国道338号線
【全般】 道内のショート国道(函館駅〜函館港) From : Ten(2011/01/03)
 函館駅から函館市電に沿いながら、函館山外人墓地に向かうような形で走る。
 道路に付けられた愛称は「海峡通り」、正にそのままって感じです(笑)。
 ハリストス正教会から続く坂との交差点を右に折れ、赤煉瓦倉庫群とぶつかった
場所が、道内における国道338号線の終点となります。ここから津軽海峡を越えて
青森県下田町までが、国道338号線の海上国道として指定される区間になります。
 函館駅前[R5]−(6分)→函館港
 ● 函館市国道原標
 函館駅前広場の交差点の一角に「函館市国道元標」があります。
 白御影石で作られたなかなか立派なものでした。
 国道フェチとしては立ち寄らない訳にはいかず、しっかり写真に収めてきました。
 ここを起点に、北方向への国道5号線、東方向への国道278号線、南方向への
国道279号線(海上国道)が伸びています
国道フェチの方、函館駅についたらまずこの銘板を探しましょう(笑)。 国道279号線は函館駅から函館港までのミニ国道です。 市内は車よりも市電での方が移動が楽です。
函館市国道原標 原標脇の道路標識 原標脇交差点を往く市電
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|津軽海峡|ハリストス正教会|外人墓地|函館山|函館港|函館市電|函館市
【街】 函館のおすすめ From : Ten(2011/12/26)
 ● 函館山の夜景
 やはり、函館と言えば函館山から見る夜景です。
 うちも球場でのシート貼り後、約25年ぶりに函館山からの夜景を堪能しました。
五月の連休中は、函館山へ向かう交通機関、函館山頂の混雑、どちらもすごいことになってました(汗)。
函館と言えば、やはり夜景です
 函館山登山道路では、マイカー規制があります。
 4月25日から10月15日までの期間中、毎日17時〜22時の間は、営業車(観光バス・
タクシー)以外の一般車両は通行禁止となり、登山道路・山頂周辺の駐車場も
駐車禁止となります。
 上記規制のため、函館山へは函館駅からシャトルバス、若しくは函館山ロープウェイ
を利用することになります。シャトルバスは20〜30分おきに出発、ロープウェイは
混雑に合わせて5分〜10分間隔で運転しています。
 お薦めはロープウェイかな。シャトルバスは料金が安い分だけ混雑が激しいですし、
登山道路では観光バス同士の行き違いに難渋しているようですから...。
(シャトルバス往復:720円/ロープウェイ往復:1160円)
 → シャトルバス時刻表
 → 函館山ロープウェイ
 ● 湯の川温泉
 函館市街地から東北東に位置する温泉。
 1653年に湯が発見されたという道内屈指の由緒ある名湯で、「函館の奥座敷」と
して多くの人に親しまれている。津軽海峡を見渡せるなど、ロケーションでも十分に
楽しませてくれる。アクセスが良く、車や路面電車でベイエリアや函館山にぶらっと
行けるのも嬉しい。
 ● ハセガワストアとラッキーピエロ
 函館のソウルフードとして、「ハセガワストア」と「ラッキーピエロ」を挙げる人が
少なくない。函館市民であれば、誰でも知っている親しみのあるお店ですが、エリア外
ではほとんど見掛けることがない。そんな「地域限定性」が旅人にも支持されて
「函館に行ったらハセストとラッピに立ち寄る」という旅人も多いです。
 街歩きの中で立ち寄り易いようにと、ホテルグランヴィアで貰った市内地図には、
エリア内の「ハセガワストア」と「ラッキーピエロ」の場所がマッピングされて
いるのが面白かったし、うち自身にとっても非常に役立ちました。
 「ハセガワストア」は函館エリアに展開するコンビニエンスチェーン。
 「函館名物やきとり弁当」が有名です。
 「やきとり」ですが、載っているのは豚肉を串刺しにして焼いたものなのが面白い。
 極々普通のコンビニエンスストアなのですが、お店の中央に焼き鳥を焼くための
厨房がどどーんとあって、白いコック帽を被ったお姉ちゃん(兄ちゃんやおばちゃんが
焼いててがっかりした場合の責任は負いません^^)
が注文を受けてから
丁寧に焼き鳥弁当を仕上げてくれます。
 → ハセガワストアのサイトへGo!
市内のあちこちに店舗がありますので、立ち寄り易いお店へどうぞ! ハセストを探す際の目印にして頂ければ幸い!
ハセガワストアの焼き鳥弁当 ハセガワストアの前景
 「ラッキーピエロ」は函館エリアに展開するハンバーガーショップ。
 「ハンバーガー通が最も高く評価したご当地バーガー」というのがお店のウリ。
 ボリュームがあって豊富なメニュー、注文を受けてから作り出すスタイル、
デザート系も豊富....と何度でも立ち寄りたくなるお店の雰囲気が素敵で、
高い評価を受ける理由がわかるような気がしました。
 → ラッキーピエロのサイトへGo!
ハンバーガー通から高い評価を受けている理由が良くわかりました。
ラッキーピエロの派手な外観
 ● 五稜郭公園
 函館で野球観戦をした際、宿から五稜郭公園までが徒歩圏内だったため、試合当日
少し早めに宿を出て、五稜郭公園を散策してから球場へ向かいました。
 丁度、桜が満開の時期と重なり、画像にあるような雪山と桜並木のコントラストを
楽しむことができました。さすがにユニフォーム着て、桜の写真を撮ってるのは
うちだけでしたが...(笑)。
うちが観戦した五月上旬は五稜郭公園の桜が満開。雪を被った山々と合わせて、非常に良い景色でした。
道内随一の桜の名所でもある
 ● 函館と言えば、イカです
 函館と言えば、うち的には何と言ってもイカです。
 甲殻類なんて目ぢゃありません(笑)。
 それだけに、函館朝市を訪ねて、何処へ行ってもカニしか売っていない市場に
辟易したのは言うまでもありません。本格的な漁期が6月前後からとのことで、時期が
悪かったというのもあるんですけどね...。
 函館での観戦後、函館駅近くにあるその名も「イカ太郎」というお店に飲みに
行きました。探せばいくらでもお店はあるのでしょうが、駅から近いし、気軽に
入れるお店で、なかなか当たりでした。そんなお店でも「時価」と書かれるイカの
活き造り、清水から飛び降りて注文したら、やっぱり美味かった♪
 → 「勇旬 いか太郎」の紹介サイトへGo!
時価となっていたので、清水から飛び降りる気持ちで注文(笑)。
「イカ太郎」で堪能したイカ刺
 ちなみに、その前日は金森倉庫のビヤホールで飲みました。
 ここも月並みの観光スポットですが、酒のアテはなかなか美味しかったですよ。
 → 「函館ビヤホール」のサイトへGo!
 ● 函館は坂の町
 函館市は坂の街。
 海を見下ろす高台へと真っ直ぐに伸びる坂道、高台に立つ洋館や教会、坂道の
下を走る市電が織り成す風景がエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。
 そんな中、ハリストス正教会外人墓地がうち的にはお気に入りです。
この階段越しに見えるモスクの風景が好き。 モスクの中に入って見学することもできます。
ハリストス正教会の正門 青銅色のモスクが目を引く
正教会の隣には高校があり、ちょっとした文教地区になっている。 観光エリアから少々外れた場所にあるため、人が少なく静かなのも良い。
函館は坂の街 外人墓地から見る函館湾
 ● 香雪園
 香雪園は北海道函館市の見晴公園内にある庭園。
 平成13年に指定された、道内唯一の国指定名勝庭園で、紅葉の名所でもある。
 明治31年に郷土の素封家である岩船峯次郎が私財を投じて築いたもので、旧岩船氏
庭園ともいわれる。香雪園の名は函館を訪れていた当時の知恩院貫主によって命名
されたもので、「雪の中に梅香る園」という意味が込められている。
 岩船は園内にトイレや芝生の広場を作り、昭和2年に市民に一般開放した。
 また、昭和30年には市と無償賃貸契約を締結している。園内は茶室を装った
書院造の園亭を中心とした純和風の園亭庭園区、石を用いて渓流の滝組を配した
渓流庭園区、そして煉瓦造りの温室などを配した西洋風の温室庭園区などに分けられ
随所に岩船の風流人らしさが垣間見られる。
 ● 私立遺愛女子高校
 函館市内、五稜郭公園の南にある女子高校。
 北海道の高校の中で最も歴史が古く、宣教師が住んでいたホワイトハウス
重要歴史建造物に指定されています。女子校だけあってその佇まいも風情があり、
春はサクラ、秋は前庭にハロウィンのかぼちゃ、冬はクリスマスの飾りがミッション
スクールらしさを出しているそうな。
 うち的には、重要歴史建造物に指定されているホワイトハウスが気になるの
ですが、場所が場所だけになかなか近づけないのが残念。
 ● グリル塩豚
 湯の川地区にあるラーメン屋さん。
 ラーメン一杯250円、安くても、ちゃんと満たされる量と味が人気です。
 正に「函館塩ラーメン」といったしっかりした味わいのラーメンとのことです。
 ちなみに、カレーライスも330円という良心価格です。
 ● 函館オーシャンスタジアム(函館市千代台公園野球場)
 函館の中心街の程近くにある函館市千代台公園の一角にある。
 現存するクラブチームの中で最古の「函館太洋倶楽部」が試合会場や練習場と
して使用した歴史にちなんで、1994年の改装を機に「オーシャンスタジアム」と
呼ばれるようになった。2004年からは、本拠地を北海道へ移したファイターズが
定期的に主催試合を開催するようになり、 近年では年に一度「道南シリーズ」
二試合が函館で開催されている。青空と芝生の美しい地方球場でした。
待ちに待った道南シリーズ、正面入口では各種イベントが催され、非常に賑わっていました。 ようやく顔を出し始めた青空に照らされる外野の芝目が美しい。 試合開始前に雨に降られたので、途中から青空が広がり始めたのは嬉しかったですね。
オーシャンスタジアム正面入口 レフト側外野席から見た試合風景 少しずつ青空が広がり始める
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|函館山|ハセガワストア|ラッキーピエロ|五稜郭公園|函館市
【全般】 海沿いに大間崎を目指す From : Ten(2006/05/08)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
一時は二重で虹が架かり、岬を訪れている人達から歓声が上がりました。
2013.08.16 大間崎にて
本州最北の岬で見る大きな虹。なかなか良いタイミングで岬に立ち寄れました。
 残念なことに、脇野沢村の源藤城から野平までの区間は冬季閉鎖なのだとか。
 うちが通った日は4月24日、開通日は4月26日、あと2日やんかぁ...。
 仕方なく、元来た道を引き返し、川内町から県道46号線と県道253号線を経由して
冬季閉鎖区間が解ける野平まで大迂回、そこから再び国道338号線に入りました。
 野平から国道338号線に戻ると、まずは坂を下り、牛滝の集落へ下りていきます。
 牛滝の集落に着くと、すぐに急カーブと急坂で山を登り、海の見える高い位置まで
一気に上がります。ここから佐井村の市街地までは約55km、その間にある集落や
漁港は僅か3箇所(牛滝・福浦・長後)。これらの漁港の前後で、同様に坂を下り
すぐに再び山を登る...の繰り返しでした。佐井村市街地の手前までは非常に
厳しい道が続きます。
 佐井村中心部の約7km手前で、ようやく曲がりくねった山道は終了し、海沿いを
穏やかに走れる区間になります。山からは下りて、目線で見える高さに海が広がる
中を進みます。旧南部藩の本陣があった佐井村市街地を過ぎると、程なく大間町に
到着します。
 野平−(18分)→仏ヶ裏−(25分)→佐井村市街地−(18分)→大間町〔R279〕
僅か2日で泣きをみるとはなぁ...。 連日、長距離移動を演出する村長号と一緒に。
これが問題のゲートです。 佐井村市街地の手前で再び海が手近に
 ● 仏ヶ浦
 下北半島随一の景勝地で奇岩・巨岩が約2kmに渡って続き、岩には仏の名前が
付けられている。佐井港からの遊覧船で海上からも眺められます。駐車場から
仏ヶ浦までは徒歩40分、時間的に体力的にきつい方は、国道沿いに仏ヶ浦を見下ろ
せる展望台があるので、そちらからどうぞ!
長〜い階段を下って浜まで上り下りすると、結構膝に来ますよ。 浜に下りない人は仏ヶ浦遊覧船入口の少し北にある展望台から、仏ヶ浦を一望できるポイントがあります。
浜に下りて、仏ヶ浦の奇岩を見上げる 国道沿いの展望台から
 ● 大間町の地ビール
 大間町奥戸で「お寺が作っている地ビール」という不思議な看板を見ました。
 案内板に従い、そのお寺に行くと確かに地ビールの自販機がありました。
 土産で数本買って帰りましたが、そこそこ美味しく頂けました。
 ただ、製法が粗いのかちょっとにごりがあるのと、口当たりが少々甘いのが
気になりましたね。→ 崇徳寺のサイトへGo!
 ● 大間崎
 ご存知、本州最北端の岬です。
 また、超高級の近海マグロが獲れる町としても有名ですね。
 国道338号線は函館まで続いており、大間と函館を結ぶフェリーはれっきとした
国道です。北海道に通っていた頃、一度大間から渡道するのが夢でしたが、遠路
はるばる大間まで来てみると、それが如何に無謀な夢だったのかがわかりました。
たまには村長の画像など載せてみましょう(笑)。奥に大間崎灯台が見えます。 大間と言えばやはりマグロの一本釣りですな。
大間崎にて記念撮影 フェリーターミナルにあるオブジェ
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|大間崎|フェリー|仏ヶ浦|崇徳寺|地ビール|脇野沢村|佐井村
【全般】 青森県の国道走破!(源藤城〜野平) From : Ten(2013/11/06)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 冬期閉鎖で通り抜けることができなかった源藤城から野平までの区間。
 7年後の2013年夏、この地を再訪する機会に恵まれました。
 津軽半島を巡った後、むつ湾フェリーで脇野沢港へ渡り、最後まで残った青森県の
未走区間を走りに向かいます。
 脇野沢集落から国道338号線(大間方面)へ向かうには、「仏ヶ浦」方面を示す
案内標識を頼りに進んでいくと良いでしょう。小さな町ですが、港周辺は意外と
複雑な道の作りになっているので、あまり意地張らない方が良いですよ(笑)。
 沿道に見えるのは田圃、そば畑、荒れ地ばかり。車窓から脇野沢市街地はすぐに
消えて、道の駅までにはG.S.が一軒ある程度のやや荒涼とした風景の中を進む。
 脇野沢市街から3kmほど走ると、「道の駅わきのさわ」がある。
 品揃えの多い、夢のある道の駅とは決して言えないのだが、この先は食料調達が
難しい区間になるので、不足するものがあればここで調達しましょう。道の駅の先に
このエリアでは最後の集落である滝山集落があり、この先に「問題のゲート」がある。
 ここから先が、うちにとっては忌まわしき未走区間の始まりである。
 「問題のゲート」を過ぎると、上り坂が始まって、半島の頂まで上る形となる。
 細かい九十九折りを重ねて高度を稼ぎながら、これから通る山道を先に見ながら
進む感じ。ただ、片側二車線はキープされた良く整備された道なので、走り易い。
 流汗台展望台を過ぎた辺りが「頂」に当たる部分。
 ここを過ぎると、これまで同様、細かい九十九折りを重ねて、山道を下りていく
形となる。引き続き、片側二車線がキープされた非常に走り易い道が続く。
 山道を下ると、程なく沿道には野平高原(「のだいこうげん」と読みます)の
牧草地が車窓に広がるようになる。
 脇野沢市街−(23分)→流汗台−(14分)→野平
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|脇野沢村|佐井村
【全般】 鉞の鎌の部分を進む(脇野沢村〜むつ市) From : Ten(2015/01/11 Update)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 国道338号線は、むつ市街地を東西に長く走ります。
 市街地が途切れるのはむつ市宇曽利付近(海上自衛隊や大湊高校があります)で
うちが通った日時は大雨の平日、午前8時台前半。むつ市街地の中は、朝の通勤・
通学の時間帯と重なり、むっちゃ混雑してました。道が細いのも影響してますね。
そんな雨の中をたくましく通学する大湊高校の女子生徒が着る制服、なかなか
可愛かったですよ。
 むつ市街地を抜けると、海沿いの荒涼とした中を進むようになります。
 荒涼とした中で、いくつかの農地が点在している感じでした。
 川内町に入ると、海岸沿いを走ります。何度も言いますが、今日は大雨の平日。
 道路の向こうに見える海は大荒れ、風は強いわ、波は高いわ。。。で、ある意味
これが下北の海なのかなぁって自分に言い聞かせながら走ってました。
 対岸の津軽半島 蟹田へのフェリーが出ている脇野沢港を過ぎると、これまで
車窓に広がっていた海から離れて、山へ分け入っていきます。道の駅わきのさわを
過ぎた辺りから本格的な峠道になり、少し進んだ所に何故かゲートが出現...。
 「え"、どういうこと?」
 むつ市〔R279〕−(36分)→川内町−(22分)→脇野沢村
 ● 九艘泊への道
 下北半島の「まさかり」部分の南突端にある漁村です。
 「くそうどまり」という地名も然ることながら、突端にある漁村、国道にも
見放された漁村...ということで、以前から気になっていた場所でした。下北へ
行ったら九艘泊を訪ねるのが夢だったんです。
 ・・・で、行ってきました。
 予想通り、何もありませんでした(笑)。
 でも、行けば誰もがその最果て感を堪能できる場所だと思いますよ。
 脇野沢港から僅か6キロですので、是非是非足を延ばしてみてください。
大荒れの天気、伝わりますかね? 雨さえ降ってなければ、あちこち訪ね歩くんやが・・・。
脇野沢村までは海沿いを往く この半島の向こうが念願の九艘泊
 ● むつ湾フェリー
 むつ湾フェリーは津軽半島の蟹田港と、下北半島の脇野沢港を結んでいる。
 通常は日に2便(蟹田港発 9:20、14:00)運航しているが、お盆期間は1便増便
されて、日に3便運航となる。増便は確かに有難いのだが、増便の仕方が問題。
通常、「増便」するのであれば、9:20発と14:00発の間で一本増やすか、若しくは
早朝便、深夜便を設定すると思うのだが、この会社、時間を全て変えてしまう。
 お盆期間は蟹田港発 7:50、10:50、15:30となり、普段9:20発のフェリーを利用
している運ちゃんが「いつもの便も時間を変えるか...」とむくれてました。
 蟹田港には9時20分着、早々に乗船手続きを済ませると「出港まで90分あるので
町内を車で回ってきても良いですよ」とのこと。新日本海フェリーや東日本フェリー
といったメジャーなフェリー会社では考えられないまったり感、最高です(笑)。
 お陰で、蟹田町内をあちこち見て回ることができました。
 (見所は非常に少ない町なんですけどね...)
ログハウス風の展望台が整備されており、展望台からは蟹田港越しに北海道や下北半島を一望できる。天気が良ければ...ね。 需要は低いが、今回のように青森市を通らずに下北へ渡りたい時には非常に重宝する。
蟹田港の全景(観瀾山展望台から) むつ湾フェリー
 ● むつ市内に点在する斗南藩遺稿
 恐山を後にして、南に進路を取り、むつ市街へ。
 むつ市中心部にある大湊地区は、長州藩の陰謀によって朝敵とされ、故郷の会津を
追われた会津藩士達が藩の再興を期して上陸した土地。廃藩置県により斗南藩は僅か
二年で消滅してしまったため、藩の遺稿はほとんど残っていないが、市街地にある
円通寺(斗南藩庁があった)や徳玄寺(藩主容大公の遊び場、藩の会議場)、市郊外の
斗南岡(藩の開拓を目的とした藩士の在所)などに当時の遺稿が若干残っている。
政庁が置かれたとは思えぬほど小さな寺である。如何に厳しい環境下に追いやられたかが伺える。 円通寺よりも更に小さく、寺と言うよりは集会場に近いような建屋である。
円通寺 徳玄寺
政庁が置かれたとは思えぬほど小さな寺である。如何に厳しい環境下に追いやられたかが伺える。
斗南岡に残る藩士在所跡
 御所に向けて鉄砲を発砲した長州藩が新政府を名乗り、帝への忠節と京の警護に
尽力した会津藩が朝敵とされたことに憤りを感じつつも、辺境の土地で藩の再興に
力を尽くした藩士たちの労苦は筆舌に尽くしがたいものがあったろう。
 ● 恐山
 恐山は、下北半島の中央部に位置する外輪山、霊場であり、高野山、比叡山と並ぶ
日本三大霊場の一つである。(Wikipedia:恐山より引用) むつ市大畑から恐山へと
向かう県道は九十九折を重ねる険しい山道で、いかにも俗世から霊場へと向かうのに
相応しい道だった。山頂付近に位置する高野山、比叡山とは異なり、外輪山を越えると
霊場へと下る道となることや、霊場の中央にカルデラ湖である宇曽利湖を配している
ところに少々変わった趣を感じた。境内のあちこちで温泉が沸き、温泉のガスが吹き
出すところに水子供養のため、風車が回っている様に独特の雰囲気が漂っていました。
霊場とは思えぬ絢爛豪華な伽藍が向かえてくれる。 温泉が湧き出す異様な環境の上に、寺の伽藍が広がる摩訶不思議な光景。
山門をくぐると菩提寺の伽藍が見えてくる 地蔵堂から見る菩提寺の全景
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|脇野沢港|フェリー|川内町|大湊高校|制服|むつ市
【全般】 大陸的な風景を貫く素敵な道 From : Ten(2006/05/08)
 むつ市街は東西に広いようで、市街地を抜けるまでは信号は多いわ、車の流れは
悪いわ...で、イライラし通し。10分弱かけて(イライラするといっても、
田舎なので掛かった時間はそんなもん)市街地を抜けると、急に視界が開けて
交通量も少ないむっちゃ飛ばせる快走路に変わります。緩やかなカーブとアップ
ダウンで横流峠を越えて、尻屋崎方面への道が分かれると、海沿いを往く区間と
なります。
 山の中を往く区間、海沿いを進む区間のどちらも、むつ市街とその他数箇所を
除けば、荒涼とした土地が広がる区間です。東通村では東北電力の施設が、
六ヶ所村では自衛隊や原燃の施設が、そうした広い「空き地」を生かして建って
います。
 東通村と泊村の境を越える区間で海越しに見える灯台(物見崎)が見えた時と
六ヶ所村で時折見られた牧場風景は変化があって楽しめました。但し、物見崎
周辺の道路は非常に狭いので、走行中は注意が必要です。
 最後に、六ヶ所村の風景は最高です。
 原発系の施設しかないと思っていたのですが、荒涼とした土地を一直線に貫く
広くて綺麗な道、沢山の風車が丘に並ぶ姿、沼や湿地がどこまでも広がる風景は
日本離れしていて、一発でうちのお気に入りとなりました。
 むつ市〔R279〕−(70分)→六ヶ所村平沼〔R394〕
 ● 尻屋崎
一時は二重で虹が架かり、岬を訪れている人達から歓声が上がりました。
2013.08.17 尻屋崎にて
岬周辺には寒立馬が放牧されており、人懐っこい馬の仕草に心癒される。
 むつ市街から一時間ほど走って尻屋崎へ。
 岬周辺は草原となっていて、緑豊かな岬が太平洋へと突き出している風景は美しい。
 岬周辺には寒立馬が放牧されていて、人懐っこい大きな馬のすぐ傍まで近寄れるのが
楽しい。灯台散策は程々に済ませ、長いこと寒立馬に癒されていました。
寒立馬達は狭い場所に群れて過ごしている。人懐っこい馬には癒されます。 尻屋崎灯台を後方に見える場所で
尻屋崎周辺の草原には寒立馬が放牧されている
 ● 六ヶ所温泉
 陸奥横浜駅の手前で「日本一深い 六ヶ所温泉」という看板を見ました。
 帰宅後、サイトで調べると、温泉が湧出するポイントが日本一深いのだとか。
 しかも、場所は六ヶ所村の国道338号線沿い、なぜ陸奥横浜駅近くに看板を出すか
これまた疑問でした。
 → 六ヶ所温泉の紹介サイトへGo!
 ● ろっかポッカ
 六ヶ所村、むつ小川原港入口の少し先で看板を見かけました。
 サイトで皆さんの意見を見る限り、整った温泉施設のようですが、詳細は不明。
もう少し晴れていれば、もう少し空が焼ければ、電線が無ければ・・・。
六ヶ所村の丘に並ぶ風車群
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|六ヶ所温泉|尻屋崎|物見崎|六ヶ所村|むつ市
【全般】 平沼(六ヶ所村)〜四川目(三沢市) From : Ten(2006/05/26)
 原野と牧草地の中を進む区間です。
 沿道に民家がぽつぽつとは建っていますが、それ以外のやや荒涼とした原野の
方が目に付きました。特に、三沢市に入ってからは南北に貫く国道338号線の西側に
広大な荒地が広がっていました。中には水路や小屋が建っているものの、人が居る
気配は無し。うちも車で中に入り、小一時間ほどのんびりしていましたが、人と
すれ違うことはありませんでした。この土地、一体何なんでしょう?
 ● 六川目温泉
 途中、三沢市六川目にある六川目温泉に立ち寄りました。
 画像にもある通り、歴史を感じられる温泉銭湯風の建物で、浴場の屋根は高く
ドーム形、男湯と女湯の双方から響く桶の音が良い感じでしたね。お婆さんが
仕切る受付を過ぎて脱衣所に入ると、脱衣所手前の仕切りが低くて、女湯側の
脱衣所が丸見え(汗)。ある意味、婆さんしか居なくて良かったよ(笑)。
 あと、脱衣所にあった大きな体重計が気に入りました。針の揺れがむっちゃ
ゆっくりなので、なかなか針が静止してくれない。素っ裸のまま直立不動の人、
周りから見ると滑稽です(爆)。お湯はコーラのような色、帯広市内の銭湯に
似た感じでしたが、帯広のようにモール(植物)泉って感じではなかったなぁ。
 地元の利用者が多く、夕方には代わる代わる車がやってきていました。
 入浴料は200円也。
この広大な土地はいったい...。 建物も、お湯も、個性十分な良い温泉でした。
三沢市内にて 六川目温泉
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|六川目温泉|六ヶ所村|三沢市
【全般】 四川目(三沢市)〜下田町 From : Ten(2006/06/03)
 青森遠征に出た時、三沢空港からレンタカーを借りて、最初に着手した記念
すべき区間です。下北半島の太平洋岸をずっと南下してくる国道338号線、地図で
見ていると三沢市周辺は非常に荒涼としたイメージを受けていたのですが、実際に
走ってみると民家も多く、少々イメージが異なりました。
 うちが走った日(5/19)は非常に風が強く、沿道の畑から土を舞い上げて空が
赤く見える中を走ってました。悪天候ながら大陸的な雰囲気を感じた一瞬でした。
 四川目−(14分)→百石[R45]
 ● 太陽温泉
 八戸港への分岐点、一川目交差点(県19号線が別れる交差点)の手前で見かけた
温泉施設。銭湯風の小さめの建物で、黄色い目立つ建物が目を惹きました。
この区間のおさらい : 国道338号線|R338|太陽温泉|下田町|三沢市
【List】 近隣エリアを走る国道情報リンク From : Ten(2009/01/28)
 【青森県】
 国道4号線 (東京都中央区〜青森県青森市/県内 約120km)
 国道7号線 (新潟県新潟市〜青森県青森市/県内 約 69km)
 国道45号線 (宮城県仙台市〜青森県青森市/県内 約120km)
 国道101号線 (青森県青森市〜秋田県秋田市/県内 約130km)
 国道102号線 (青森県弘前市〜青森県十和田市/県内 約102km)
 国道103号線 (青森県青森市〜秋田県大館市/県内 約 68km)
 国道104号線 (青森県八戸市〜秋田県大館市/県内 約 70km)
 国道279号線 (北海道函館市〜青森県野辺地町/県内 約105km)
 国道280号線 (青森県青森市〜北海道函館市/県内 約 69km)
 国道282号線 (岩手県盛岡市〜青森県平川市/県内 約 8km)
 国道339号線 (青森県弘前市〜青森県三厩村/県内 約108km)
 国道340号線 (岩手県陸前高田市〜青森県八戸市/県内 約 25km)
 国道394号線 (青森県むつ市〜青森県弘前市/県内 約185km)
 国道454号線 (青森県八戸市〜青森県大鰐町/県内 約 95km)

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数