国道275号線|R275|みかん|湯浅|あらぎ島|蘭島|高野山|金剛峰寺|串柿の里|関西国際空港|花見|紅葉

国道275号線 − 国内最寒の原野を往く
【View】 雨竜沼湿原 From : Ten(2012/11/30)
 雨竜沼湿原は、南暑寒岳、恵岱岳、群馬岳に囲まれ、溶岩台地の上に形成された
標高850m、東西4km、南北2kmの高層湿原。大小合わせて百以上の沼があり、初夏に
花が咲き乱れる風景は素晴らしい。山開きが行われる6月中旬頃からミズバショウ、
エゾカンゾウ、ショウジョウバカマ...と、花の季節は8月中旬頃まで続く。
 花の季節が終わった後、9月中旬以降の澄んだ青空と黄金色に輝く湿原が最も
美しいと語る人も少なく無い。
 雨竜市街から道道432号線に入り、南暑寒荘まで車で入れる。
 ここから、湿原を見渡せる雨竜沼展望台(湿原展望台)まで150分〜180分。
 途中に急な上り坂があったり、吊橋があったり、滝があったり...と本格的な
登山になるので、それなりの準備、装備をして湿原を楽しみたい。
 雨竜沼展望台から更に一時間半ほど山道を登ると、南暑寒岳の山頂(1296m)。
 晴れた日には山頂から利尻島や羊蹄山を望むことができる。
この区間のおさらい : 国道275号線|R275|雨竜沼湿原|南暑寒荘|雨竜町
【街】 北竜町のおすすめ From : Ten(2012/11/30 Update)
 北竜町はひまわりの作付面積が日本一。
 見渡す限りの広い畑一面に咲き誇るひまわりの花が全国的に有名になり、各地から
観光客が押し寄せるようになった。ひまわりの見頃は7月下旬〜8月上旬、青空の下で
微笑むように咲き誇るひまわりの花は本当に美しいです。観光客が比較的少ない
早朝や夕方を狙うのがおすすめです。
 ● サンフラワー北竜
 <温泉のある道の駅>
 ひまわりの花や茎を入れた「ひまわりの湯」は肌がすべすべになると女性に好評。
 露天風呂・泡風呂等の温泉でリラックス。
 泉質はナトリウム塩化物温泉で胃腸病に効能あり。
 [場所]北海道雨竜郡北竜町字板屋/Tel:0164-34-3321
 [あし]道央道・滝川I.C.よりR275を沼田方面へ40分
 [時間]午前9時30分〜午後10時/年中無休
 [料金]500円
この区間のおさらい : 国道275号線|R275|道の駅 サンフラワー北竜|北竜町
【街】 幌加内町のおすすめ From : Ten(2012/12/01)
 幌加内町はそばの生産量が日本一。
 七月中旬から八月中旬にかけて、町内は白い蕎麦の花に埋め尽くされる。
 国道275号線を走っていると、至る所で白い花が咲き誇っている様を見れるのだが
信州や十勝で見る蕎麦畑とは異なり、綺麗に仕切られていない農地の中で白い花が
群生しているので、最初は「この雑草は一体何だろう?」と思ってしまったほど。
 そばの生産量が日本一でも、せっかく作ったそばの消費量が町内では皆無に近い。
 町内で美味しい蕎麦を堪能できるお店が少ないのは非常に残念です。
 ● 朱鞠内湖
 朱鞠内湖は日本有数の人造湖で、水力発電等の多目的ダムとして作られた。
 立ち枯れた木々や、ダム建設時に切り倒された木々の切り株など、自然湖では
味わえない美しさを醸し出しています。湖の北側、母子里から道道688号線に入って
6kmほど、旧深名線白樺駅跡から切り株群を楽しめる。(見頃は5月中旬)
 その他、湖の南岸、朱鞠内P.A.付近に展望台が設けられている。
 ● 母子里
 昭和53年(1978年)2月17日にマイナス41.2度を記録し、日本最寒の地として
有名になった場所。うちが2月に母子里に宿泊した時は、マイナス20度までしか
下がりませんでしたが(それでも凄い寒さなんですけど...)、風呂上がりの
タオルを5分外へ出しただけでパリパリに凍ってしまうCMのような世界でした。
 集落の中心部に最低気温を記録したことを記念するモニュメントが建っている。
 ● 道の駅「森と湖の里ほろかない」
 <温泉のある道の駅>
 「せいわ温泉ルオント」は庭園風の露天風呂が自慢。
 [場所]雨竜郡幌加内町/Tel:01653-7-2070
 [時間]午前10時〜午後9時/2週目・4週目の水曜日が休み
 [料金]500円
この区間のおさらい : 国道275号線|R275|朱鞠内湖|母子里|政和温泉
【道の駅】 道の駅「ピンネシリ」(中頓別町) From : JAF MATE 11月号
 <温泉のある道の駅>
 「ピンネシリ温泉ホテル望岳荘」のお湯は保温性に定評あり。
 [場所]枝幸郡中頓別町/Tel:01634-7-8111
 [時間]午前10時30分〜午後9時/年末年始が休み
 [料金]300円
この区間のおさらい : 国道275号線|R275|道の駅 ピンネシリ|中頓別町
【街】 浜頓別町 From : Ten(2012/12/03)
 浜頓別町周辺(一部猿払村を含む)には、クッチャロ湖や大沼、小沼をはじめとする
数々の湖沼が点在する。また、荒涼とした浜辺には原生花園もあり、一日かけて
ゆっくりと町内を巡るのも楽しい。以前は、音威子府から浜頓別経由の天北線
走っていてアクセスが良かったが、天北線廃止後はすっかり足が遠のいてしまった。
 ● クッチャロ湖
 野鳥がたくさん集まることで知られ、1989年7月6日にラムサール条約の保護区に
指定された。10月から5月にかけて、一万羽以上の白鳥が渡来してくる。湖畔には
水鳥観察館が設けられている。湖に沈む夕陽は素晴らしい。
 一月下旬から三月にかけて湖は全面凍結するため、クロカンでの横断も可能とか。
 (あくまでも自己責任でお願いします)
 「クロカンは俺の足」と自負するうち、湖の横断を一度は体験してみたい。
 ● ベニヤ原生花園
 オホーツク海に面して、100種類以上の花が咲く。
 鳥の種類が多く、バードウオッチングにも最適とか。
 駐車場脇には高さ100mの展望台があり、オホーツク海や原生花園を一望できる。
 もう25年以上前の話、初めてちのchanと北海道へ渡った時にベニヤ原生花園
行ったのを憶えている。浜頓別駅から行けども行けども景色の変わらない直線道路を
4キロ歩いて、原生花園に着いた時は嬉しかったな。更に、広い原生花園の中を
歩き回るのが結構辛かった(笑)。その頃は高さ100mの展望台なんてなかったと
思うのだが、時代は変わるもんですね。
 ● エサヌカ原生花園
 果てしなく続く直線、全く手つかずの原野が広がっている。
 エゾカンゾウ、ハマナス、ワタスゲ、コケモモなど数十種類もの花が色とりどりに
咲き乱れるとともに、貴重な高山植物なども目にすることができます。六月下旬から
七月中旬にかけてが花の見頃。
 ● カムイト沼
 牧草地から原生林の中を進むと、目の前に現れる小さな沼。
 沼の美しさや、沼周辺の静かな佇まいから「道北の摩周湖」とも呼ばれる。
 ● モケウニ沼
 見渡す限りの牧草地の中にある小さな沼。
 牧草地から沼へと下りる木道脇には、ワタスゲ、アヤメ、モウセンゴケが彩りを
添えてくれる。モケウニ沼の西側には、「裏モケウニ」という更に小さな沼がある
らしく、湿地帯にある小さな沼は秘沼の雰囲気さえ漂う。
 ● 北オホーツクサイクリングロード
 天北線の廃線跡のうち、浜頓別から猿払までの約21kmがサイクリングロードと
なっている。サイクリングロード沿いには、クッチャロ湖やポン沼、モケウニ沼、
ポロ沼、カムイト沼など大小様々な湖沼群や、ベニヤ原生花園、エサヌカ原生花園が
あり、自転車を借りて浜頓別町をゆっくり巡ることができる。
この区間のおさらい : 国道275号線|R275|クッチャロ湖|ベニヤ原生花園|浜頓別町

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数