国道40号線|R40|みかん|湯浅|あらぎ島|蘭島|高野山|金剛峰寺|串柿の里|関西国際空港|花見|紅葉

国道40号線 − 最果ての地を目指して
【全般】 士別市〜名寄市 From : Ten(2001/08/28)
 留萌方面から国道239号線を越えて、若しくは、興部方面から国道239号線を越えて
この区間に入ると、士別市街や名寄市街で「街だなぁ」と久々に痛感できるはず。
道北に点在する市町村と比べると、この2つの街は中心街が広くてずばぬけた存在。
(確かに、名寄は大きな街なのですが・・・)
 そんな2つの街を結ぶ約20キロの区間は、畑や田んぼが広がるのんびりとした
農村地帯の中を走ります。空が高くて、非常に気持ちのよい道でした。
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|士別市|名寄市
【牧場】 羊と雲の丘公園(士別市) From : Ten(2001/08/28)
 士別市街地から国道239号線を少し苫前方面に入った所にあります。
 緩やかな牧草地にサホーク(羊)が放牧されていて、羊に触れて遊ぶ事が可能。
 「羊さんが見たいの」と言っていたてんむすは大喜びで遊んでおりました。
 高台にある牧場から見る景色も素晴らしかったです。
どこまでも広がる牧草地が北海道らしさを感じます。
サホークと戯れる
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|羊と雲の丘公園|士別市
【View】 智恵文のひまわり畑 From : Ten(2012/12/01)
 名寄市街地を過ぎて、智南バス停を右に折れてしばらく行くと、甲子園球場が
すっぽり二個分入ってしまう広さのひまわり畑が現れます。丘一面に70万本の
ひまわりが咲き誇る景観は圧巻です。見頃は8月中旬頃から。
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|智恵文のひまわり畑|名寄市
【View】 松山湿原 From : Ten(2012/12/01)
 美深市街地から道道49号線に入り、約20km走ると松山湿原の入口に到着します。
 ここから舗装された山道を更に約10km進むと、湿原登山口に到着。
 登山口から約30分登山道を歩くと、標高797メートルの高原ステージに到着。
 ここは日本最北の高層湿原で、風雪に耐えたアカエゾマツの形が見事である。
 入山可能期間は6月中旬から10月中旬で、花の季節にはワタスゲ、ゴゼンタチバナ、
エゾリュウキンカなど、200種類の植物が咲き誇る。
 ● 高広の滝と激流の滝
 美深市街地から松山湿原入口に到着するまでに、高広の滝、激流の滝という二つの
滝が存在する。高広の滝は印象に残るような滝ではないものの、滝の脇にパーキング
エリアもあり一服するのに丁度良さそう。また、激流の滝は我々を期待させる命名が
されているものの、下記サイトで画像を見る限り、名前とはかけ離れた大人しい滝と
いうイメージです。
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|松山湿原|美深町
【道の駅】 道の駅「びふか」(美深町) From : JAF MATE 11月号
 <温泉のある道の駅>
 「びふか温泉」でのんびりした後は、世界三大珍味のキャビア等、チョウザメ
の料理が楽しめる。
 ● [場所]中川郡美深町/Tel:01656-2-2900
 ● [時間]午前10時〜午後9時/年末年始が休み
 ● [料金]300円
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|道の駅 びふか|美深町
【View】 サロベツ原野 From : Ten(2012/12/06)
 サロベツ原野は、豊富町幌延町の海岸線沿いに広がる広大な湿原。
 東西7km、南北28kmに渡って泥炭性の低湿地が広がり、その広さは約23,000ha。
 湿地帯にはペンケ沼パンケ沼といった沼地が点在する。6月〜8月、サロベツ原野
ではさまざまな花が咲き乱れ、湿原から見る利尻島は四季折々の美しさを見せる。
特に、春から夏にかけて夕焼けに浮かぶ利尻島、湿原が雪原に変わる冬の原野越しに
見る利尻島はお薦めです。
 ● 原生花園
 6月下旬から7月上旬、サロベツ原野をエゾカンゾウの黄色い花が埋め尽くす。
 うちもサロベツ原野でエゾカンゾウを見たことがないので、是非一度、初夏に
道北を巡りたいと画策しています。
 ● 豊徳台地
 道道444号線から、清明豊里方面に向かった場所にある牧草地。
 草をはむ牛たちの向こうにサロベツ原野が広がり、癒される風景が広がる。
 牧草地を更に兜沼方面へ向かうと、高台からは海と利尻島が大きく見え、原野の
広さを実感できる場所に出る。
 ● 宮の台展望台
 徳満駅前で国道40号線から東へ折れ、約1km進んだ場所にある展望台。
 (道道923号線の一本手前を折れる形です)
 サロベツ原野が左右に開ける形でどこまでも広く見える。
 広いサロベツ原野の向こうには、日本海越しに利尻島が大きく見える。
 ● 大規模草地放牧場
 豊富温泉の北側に広がる、その名の通り大規模な放牧場。
 総面積1500haと日本有数の規模を誇る大規模草地牧場で、見渡す限り牧場が続く
なだらかな丘陵地帯には、約1500頭の乳牛が放牧され、畜産のまちならではの牧歌的
風景が広がっています。レストハウスで引き返すことなく更に進むと、「ここは日本
なのか?」と思えるような大陸的で、素晴らしい道が続く。
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|サロベツ原野|豊徳台地|宮の台展望台
【街】 稚内市のおすすめ From : Ten(2012/12/04)
 北海道を目指す人であれば、誰もが一度は「最北端の宗谷岬に立ちたい」と
思うはず。かく言ううちも、急行八甲田と青函連絡船を乗り継いで(古い...)
初めて北海道へ渡った時には、札幌から急行宗谷に乗って(これまた古い...)
真っ先に稚内を目指した記憶があります。そんな「最北端の地」を巡る際の拠点と
なるのが稚内市、稚内市のお薦め情報をまとめてみました。
 ● 宗谷岬
 ここで詳細を書く必要なあるまい。
 ご存知、本州最北端の地である。
 宗谷岬灯台の近くには間宮林蔵の銅像と、日本最北端の碑が立っている。
 「日本最北端は択捉島(カモイワッカ岬)では?」という方、確かに正しい。
 「民間人が到達することができる日本の最北端」という意味で建てたものと解釈
しているが、そんな弱腰な姿勢だから、いつまでたっても露助が北方領土を返して
くれないのでしょう。まぁ、碑の内容については大目に見てやってください(笑)。
 ● 宗谷肉牛牧場
 宗谷岬と反対側のかなり斜度のある坂道を上っていくと、展望台がある。
 展望台から更に上っていくと、目の前に丘陵地が広がり、黒牛が斜面で長閑に
草をはんでいる風景を見ることができる。
 ● 開基百年記念塔周辺
 記念塔の駐車場から更に未舗装の道を1km程度歩くと(車・バイクは入れません)
見晴らしのよい丘に出ます。丘の上からは樺太や利尻島を一望することができます。
 ● 稚内全国犬ぞり大会
 毎年二月第四金・土・日曜日に開催される。
 会場は稚内空港脇の敷地、全国から100頭以上の犬が参戦する。
 以前、うちがしばしば宿泊していた母子里一刻舘(既に閉館)の宿主もハスキー犬
二頭を連れて参加してたっけなぁ。いきいきと走るハスキー犬の写真が今も鮮明に
思い起こされます。
 また、ギャラリーが無料で参加できる体験レースもある。
 大会に合わせて出店する露店では、稚内の名物料理を堪能することができる。
 ● 寒寒ドリンクラリー
 2月中旬に稚内市で「寒寒ドリンクラリー」というイベントが開催されます。
 低迷する地元商店街を盛り上げようと1998年から地元の料理飲食店組合が主催して
開催されている。90分以内にスナックや居酒屋など5軒をハシゴ酒してスタンプを
押してもらい、ラリー終了後に現金や豪華商品が当たる抽選会が待っている。
 各店舗ではイベントにあわせて腕によりをかけた料理を準備し、ハシゴ酒をする
方々との交流を図っている。例年、2月の第三土曜日に開催されるようですが、詳細な
日程については地元商店街に問い合せた方が良さそうです。
この区間のおさらい : 国道40号線|R40|宗谷岬|犬ぞり大会|稚内市

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数