国道257号線|R257|岩村城址|苗木城址|付知峡|下呂温泉|花見|紅葉

国道257号線 − 細く、長く、日本の屋根を越える
【全般】 中津川市〜下呂市 From : Ten(2017/08/27 Update)
 国道257号線に入るとしばらく中央本線と併走。
 国道19号線から国道257号線を分ける会所沢交差点は、中津川よりも名古屋寄りに
あるため、中津川市街を少し外れた場所にある家々を見ながら線路沿いに進む形。
会所沢から少し進んだ青木交差点で左に折れると、中央本線を跨いで、山の方へと
入っていく。木曽川を越えると山に向かって上り坂が始まりますが、街並みは続いて
いて、次に現れるのが中世に城があったことで知られる苗木集落。近世には鉱山も
開発されていたようで、鉱山資料館などもあるようです。
 心地良いアップダウンを繰り返しながら、ほどほどに山が迫る中を付知川沿いに
長閑な山村風景を進む。山村風景と言っても、家並みが点在するのではなく、比較的
大きな集落が続く中を進む。むしろ中津川エリアに近いことがあり、地の物であったり
景色であったり、田舎を売りにした観光化を進めている感じだった。
 国道257号線に入って約15分走った下野交差点から国道256号線との重複国道。
 下野を過ぎると、付知峡まであと10kmということもあり、併走する川の谷が深く
なり、それまで続いていた家並みが途切れて、山々が迫る箇所を抜ける。この区間を
抜けると、旧付知町の盆地へと入り、沿道には再び家並みが現れ、山々が遠のいた
気がする。付知市街地の中心部、松原交差点の脇にあるのが道の駅「花街道付知」。
この道の駅は駐車場が広く、ローソンを併設。道の駅を宿泊地として利用する人には
有難い施設かも知れません。
 道の駅「花街道付知」を過ぎると、坂を上り始めて、これまで走ってきた集落を
下に見ながら山を上り、少し長めのトンネルを抜けると旧加子母村。トンネルから
坂を下った万賀交差点で下野交差点から重複国道を形成してきた国道256号線と再び
分かれる。この周辺に道の駅がもう一つ、道の駅「かしも」がある。
 道の駅「かしも」を過ぎると、緩やかに坂を上り始める。
 ただ、沿道の街並みは途切れることなく、程なく「舞台峠」の標識が現れる。
 旧加子母村側はまったく峠道という雰囲気がないのだが、峠を越えた下呂市側は
急カーブと勾配で峠を下る典型的な片峠である。峠道がやや緩やかになるあたり、
乗政温泉入口付近から下呂市内へと続く集落が現れ、程なく国道41号線とぶつかる
帯雲橋交差点に到着する。
 中津川市会所沢〔R19〕−(16分)→下野〔R256〕−(16分)→万賀〔R256〕
 −(22分)→ 帯雲橋〔R41〕
 ● 東山ラジウム温泉
 苗木交差点の少し先、高山交差点から県道408号線などを5kmほど走った場所に
ある温泉。秘密結社の集会でも一度利用したことがあります。
平成18年に改装し、部屋、浴室ともにリニューアルされたそうです。清潔感のある非常に居心地のよい温泉でした。
東山ラジウム温泉入口
 温泉を訪ねて初めて知ったのですが、中津川市は良質なラジウム鉱泉の里として
知られているのだとか。東山温泉は日本有数のラジウムを含んでおり、湯量も豊富。
湯船には常に源泉が注がれていると聞きました。
 温泉がある蛭川地区は行政界こそ中津川市に属しますが、かなり山深い場所に
あります。我々が利用した2010年には携帯電話(au)の電波が十分に届かなかった程。
そんな山深い温泉にも関わらず、良質なラジウム泉を求めて、日帰り入浴客が
続々とやって来るところを見ても、泉質の良さが伺えるというものです。
 確かに、湯に浸かっていると、水面から湯船の底に向かって押し下げられるような
感覚があり、体が重く感じる不思議なお湯でした。
 周辺はホタルの里としても知られており、6月中旬から下旬にはホタルが乱舞する
風景を楽しめるそうです。
 ● 伊藤豆腐店
 旧付知町内で見かけた小さな豆腐店。
 外見はどの町でも見かける普通の豆腐屋さんですが、「山から湧き出る湧水を
利用している」というキャッチフレーズに惹かれました。
 おそらく「当たり」の豆腐屋さんではないかと...。
 ● 伊那屋
 旧付知町内で見かけた和菓子屋さん。
 手作りの栗きんとんを売りにしています。
 伊那屋に限らず、付知町内では栗きんとんを売りにする店を多く見かけました。
 栗きんとんと言えば中津川という印象が強かったのですが、確かに市街地よりも
このエリアの方が栗は採れそうだし、妙に納得した記憶があります。
 ● 付知峡倉屋温泉 おんぽいの湯
 「道の駅 花街道付知」を過ぎた付近で見かけた温泉施設。
 ロングドライブの途中、源泉掛け流しの湯で一服するのも良いですね。
 ● 付知峡
 木曽谷にある阿寺渓谷と同じく、渓谷を流れる水の透明度が高く、晴れた日には
渓谷を流れるエメラルドグリーンの美しい川の色を堪能できます。阿寺渓谷ほどの
美しさはないものの、ふらっと立ち寄った割に、素晴らしい風景を楽しめました。
 数本の吊り橋を渡りながら、山道を進んでいく感じが良かったですね。
所々に山桜とか花桃が咲いていて、のどかさを倍増させていた。 阿寺渓谷ほどではないが、付知ブルーもなかなか。
付知峡に向かう途中の長閑な田園風景 付知峡一番のスポット「不動滝」
 ● ジャンボくん
 「付知」でネット検索すると、必ずヒットするのが「ジャンボくん」。
 町内にあるベーカリーのようです。
 ● 道の駅かしも
 小さな峠を挟んで道の駅「花街道付知」と至近のため、どうしても二つの道の駅を
比べてしまう。建屋は付知にある道の駅の方が立派だが、道の駅「かしも」も駐車場は
十分に広い。うちが立ち寄ったのは5月前半、季節的に産直市場のようになっている
建屋内で野菜の苗が売られており、地元の苗屋が手広く、幅広い種類の苗を扱っていて
村長亭周辺では見かけることが少ない、ミニ白菜、○○胡椒など、珍しい野菜を見つけ
られました。
 ● 明治座(岐阜県指定有形民俗文化財)
 道の駅かしもの近く「明治座」の案内標識を見つけました。
 上下町にある「翁座」同様、娯楽の少なかった時代に村の有志が費用や資材を
出し合って建てられた劇場らしい。明治27年落成とは思えぬ、立派な劇場が田園風景が
広がる中に建っていました。
この地に娯楽の聖地を作ろうと考えた皆さんに脱帽 余計な爺が居なけりゃ、もう少し長居できたのだが...。
明治座の前景 館内の様子と、爺の介護をする人たち
 地元のボランティアの爺が、明治座の素晴らしさを説明してくれる...のだが。
 この話が長ぇんだ(笑)。おまけに、プレゼンの仕方が超下手くそ(爆)。
 我々よりも先に入館した人達が説明を聞いていたのだが、遠巻きにその雰囲気が
読み取れたので、我々は爺に近づかず、外側から明治座館内を見学。見るものを
見た後、とっとと駐車場へ移動して出発する我々の姿を、爺の説明から解放されない
人達が恨めしそうに見ていた。爺の介護、よろしくね〜♪
この区間のおさらい : 国道257号線|R257|東山ラジウム温泉|伊那屋|道の駅かしも
【全般】 下呂市〜高山市清見町楢谷 From : Ten(2017/01/28)
国道と国道の分岐点に静かに立つ桜の木です。
2016/05/02 高山市清見町大原にて
半分葉桜ですが、まだ桜の花を楽しめました。
 【飛騨萩原〜清見町大原】
 この区間は、飛騨萩原駅付近で国道41号線と分かれ、旧馬瀬村と旧清見村との間の
隘路区間を通り、高山市清見町大原から国道472号線との重複国道を形成する区間。
清見町楢谷から峠を越えて旧荘川村まで通じる計画であるが、この峠越え区間が
未成区間となっている。
 花池南交差点から国道257号線の単独区間に入ると、約2〜3km、飛騨川を挟んで
国道41号線と併走する形となる。ただ、国道257号線は国道41号線と分かれるとすぐに
飛騨川の谷を上り、高度を稼ぐルートを取っているので、谷底を進む国道41号線とは
異なり、これまで走ってきた萩原の街並みを上から俯瞰する形で進んでいく。谷を
上り切ると、ヘアピンカーブを切る形で更に山に分け入り、新日和田トンネルへと
続く坂を上っていく。
隘路区間はほんの僅か、ちょっと手を加えれば良いだけなんですけど...。
旧馬瀬村と旧清見村の境が隘路区間
 新日和田トンネルを抜け、坂を下って、谷をひと跨ぎすると旧馬瀬村の集落。
 馬瀬の集落は山々に囲まれた里山風景が広がる美しい集落でした。
 馬瀬の先に位置する数河集落を過ぎてからセンターラインが消え、川沿いに続く
集落の中を、昔ながらの道幅で抜けていく隘路区間となる。時折、離合不能となる
箇所も現れますので、この区間を走る際は徐行する必要があるかと思います。
ただ、今回は隘路区間はこの程度だったんよね。 鮎釣りに行かれる方も多数いました。
こういう道にあたると、酷道フェチの地が騒ぐ 道は酷いが、川の水はどこまでも綺麗だ!
 また、この付近から「大型車通行不能」の案内板を見かけるようになります。
 隘路区間は僅か400〜500メートル。素掘りのトンネルがあったり、スノーシェッドが
あったり、距離も短いんやから、とっとと道幅拡げちまえば良いのに...と思う。
 まぁ、数年後には解消されてるんでしょうね。
 隘路区間を抜けた辺り(かおれトンネルの手前)で道幅が広くなっている箇所が
あって、鮎釣りを楽しむ方々のちょっとした「基地」になっていました。
 以前はここも隘路区間だったと思われる旧馬瀬村(馬瀬川上)と旧清見村(大原)
とを結ぶ「かおれトンネル」を抜けると、程なく高山市清見町大原の集落に到着。
 ごく僅かな区間ですが、トンネルを抜けてしばらくの間は、沿道に集落や民家が
殆ど存在しない無人地帯となっていました。
 花池南〔R41〕−(20分)→かおれトンネル−(5分)→大原〔R472〕
 ● 小坂の滝めぐり
 小坂町にある200以上の滝の多くは、御嶽山の過去二度の噴火による溶岩によって
作られ、今もなお、川の流れの浸食などにより常に姿を変えています。その様子を
顕著に肌で感じられる「しょうけ滝」、その他にも、柱状節理の下を滝がくぐり
抜ける「龍門の滝」や、出口の無い滝である「扇滝」、そして板状節理からなる
「千畳の滝」などを個性豊かな滝が待ち受けています。
 滝の楽しみ方も様々で、がんだて公園から歩いて15分程で味わうことができる
「三ツ滝」から、獣道を下ったり、狭い深い谷の秘境で川を横断する冒険コースまで。
地元では様々なガイドツアーを用意しているので、時間をかけて滝巡りをするのも
楽しいかも知れません
 ● 飛騨萩原「Cucchiaio」
 高山線飛騨萩原駅近くにあるイタリア料理店です。
 前日の昼は伊那市で美味しい蕎麦を頂き、夜は濁河温泉で美味しい鍋料理と和食。
 そのため冗談で「美味しいパスタが食べたい」と言っていたら、まさか深い谷にある
小駅にイタリア料理店があるとは(笑)。以前は旅館だったという建物を改装、素敵な
雰囲気のお店には多くのお客さんで賑わっていました。
まさか飛騨の片田舎で美味しいイタリアンを頂けるとは思わなかった。 奥に見えるのは揚げ物ではなく、パンです。何とも香ばしくて良い風味の粋なパンでした。
Cucchiaioの前景 前菜も美味しかった♪
 ● 飛騨萩原駅周辺の喫茶店
 萩原町内で「入りたい」と思える喫茶店が久々に現れる。
 まず、最初に見かけたのが桐生珈琲店。岐阜方面に向かって左側にある。
 木を生かしたシックな建物が目を引いた。地元のお客さんの多数入店していました。
 桐生珈琲店の前にはヤナ場があり、天然の鮎の塩焼きも頂けるようです。
 (これは季節モノだと思いますが...)
 その先にも、緑の館という喫茶店がありました。
 花池南交差点の手前で見かけましたが、こちらもお客さんの入りが良かったです。
 ● 美輝の里
 馬瀬集落の中で見かけた温泉施設。
 南飛騨の山あい、清流馬瀬川沿いに「ホテル美輝」を中心として広がる温泉リゾート
施設で、ホテル美輝は地元素材を生かしたお食事と、ゆったり過ごせるお部屋が自慢
なのだとか。ただ、当然ながら、日帰り温泉施設を宿泊者と日帰り入浴客が一緒に利用
する形になるので、宿泊する側としては色々と思うところがあるでしょうね。
 ちなみに、温泉は源泉掛け流しではなく、塩素系温泉のようです。
 【飛騨萩原〜清見町大原】
 T字路となっている大原交差点を国道472号線と合流する形で右折。画像にある通り
右折する側は「高山市街、中部縦貫道」方面と案内されており、郡上市から高山市や
中部縦貫道を利用して北陸方面へ向かう際のショートカットルートになっている。
 大原交差点の脇に、立派な桜の木が一本。
 うちが走ったのは5月2日でしたが、散り際の桜を楽しむことができました。
 大原交差点から約8km走った辺りで、国道257号線は県道72号線と分岐するのですが、
ここでは高山市街や中部縦貫道へと通じる県道73号線が「主」で直進、山の向こう側と
結ばれていない国道257号線が「従」で左折する形になっている。
 また、県道73号線を分けるまでの中間にちょっとした庵風の五平餅屋があって
良い雰囲気を醸し出してました。
ここから重複国道を形成しますが、未成区間のためその距離は短い。 直進するのが県道、左折して心細い山道に入るのが国道。
清見町大原で国道472号線と合流 主従逆転/県道73号線との分岐点
 県道73号線を分岐した後は、心細い橋で川を渡った後、山へと分け入っていく。
 細い道で小さな集落を抜けた後、終点付近は別荘地になっていました。
 別荘地を抜けると舗装区間が終わり、ダート区間をしばらく走って、国道区間の
終端に到達する。
清見町と荘川村の距離、それほど無いのだが...。 未成区間を結ぶ林道なども存在しない。
未成区間を示す標識 未成区間の終点付近
 大原〔R472〕−(7分)→県道72号線分岐−(8分)→楢谷(未成区間終端)
 ● 清見町大原の一本桜と、カタクリ群生地
 この区間で一番の収穫は高山市清見町大原付近の風景。
 この集落内で、国道257号線と国道472号線が交わるのだが、その交差点付近に
桜の木が一本立っていて、見頃は既に過ぎていたものの、桜の花を楽しめました。
4月8日〜9日に、同じ飛騨地域にある神岡町で満開前の桜を見ていたので、まさか
桜の花に出会えるとは...。木の種類が違うんですかね?
 上記交差点から数百メートル東側(高山市街側)に進んだ場所にカタクリ群生地が
あります。こちらも見頃は既に過ぎていましたが、可憐な花が見られました。訪れる
人が少ないってのが良いですね。
こういう地味な観光地、好きですねぇ。 来年は時期を合わせて訪ねてみようかな...と思う。
高山市認定、カタクリ群生地 時期は遅めでしたが、カタクリの花を堪能
この区間のおさらい : 国道257号線|R257|

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数