国道317号線|R317|しまなみ海道|耕山寺|水軍城|芸予諸島|花見|紅葉

国道317号線 − しまなみ海道
【全般】 水ヶ峠越え(松山市〜今治市) From : Ten(2012/04/08)
 四国北部には、本州側へ突き出すような形で伸びる半島状の地形が二つあるが
国道317号線はその左側の内陸部を縦断する国道である。
 松山市を通る国道の起点は愛媛県庁前。
 ここから約1kmほど、国道11号線国道33号線国道379号線との重複区間を進み
勝山町交差点でこれら3つの国道と分かれる。愛媛県庁から勝山町交差点までは
松山城のある松山公園を左手に見ながら、主要なホテル、百貨店などが沿道に建つ
松山市の中心街。市電と並走する片側二車線の道は交通量も多く、さすがは四国一の
大都市と感じます。
よ〜くみると、パンタグラフ付いてるのがわかりますよね。これ、れっきとした電車です。
松山市電にはこんな観光列車も
 勝山町交差点から10分ほど松山市郊外の住宅地を進みます。
 沿道には51番札所の石手寺があり、道後温泉の南側を走る形となる。
 そのせいか、沿道には昔ながらの町並みと新しい町並みとが混在している感じで
なかなか楽しい車窓だった。旧市街の中は道が複雑、国道317号線も住宅地の中で
何度か曲げられます。特に、石手寺門前に道が突っ込む形で、T字路の交差点を形成
しているところは「この道、国道なんだけどなぁ」と思わずにはいられない(笑)。
国道317号線はこの交差点で右折、奥道後温泉へと向かいます。
石手寺門前は見事なT字路(泣)
 石手寺の門前を過ぎると、市街地内の狭い道の区間が終わり、いよいよ水ヶ峠へと
続く上り坂になる。奥道後温泉郷の中を通り抜け、山道を上ると石手川を堰き止めて
作られたダム湖(白鷲湖)沿いを進む道となる。ダム湖を過ぎても更に峠道を上り、
水ヶ峠トンネルで松山市と今治市との境を越える。松山市側、今治市側のいずれも
急坂はほとんどなく、だらだらと緩やかなカーブを連ねて峠道を上り下りする感じ。
 車窓は松山市側はダムサイト沿いのやや殺風景な風景、逆に今治市側は長閑な
農村風景が広がるやや単調だが、心温まる風景が広がっていました。
 愛媛県庁前〔R11〕−(52分)→今治市片山〔R196〕
 ● 子やぎの散歩
 石手寺門前を過ぎた付近で見かけたカフェ。
 煉瓦調で、土壁を模したやや大きめの店が目を引きました。
 サイトで確認すると珈琲、ランチ、スウィーツのメニューがいずれも豊富。
 メニュー内容だけでも「当たり」の予感がします。次に松山市内を通る時には
ちゃんと時間を作って立ち寄れるようにしよう。
 ● カフェ&マーケット MAGNOLIA
 小さな民家を喫茶店向けに改装したお店。
 回りに畑ばかりが広がる中、可愛らしいお店がぽつんと一軒建っている様子が
目を引きました。このお店のおすすめは「卵・砂糖・乳製品を使わないスイーツと
無農薬コーヒー・ドリンク」とのことで、周辺の風景とマッチした健康志向の姿勢が
なかなか素敵です。
この区間のおさらい : 国道317号線|R317|松山城|石手寺|道後温泉
【街】 松山市のおすすめ From : Ten(2012/12/02)
 松山市は広島市民だった頃に頻繁に足を運んだ街。
 松山城と道後温泉に育まれた街並みを歩くのは非常に楽しい。
 近々、四国の西側を旅する機会に恵まれそうなので、改めて松山市に関する情報を
集めてみました。
 ● 松山城
 標高132mの勝山山頂にある。日本三大山城の一つ。
 1603年に加藤嘉明により築城され、加藤氏が会津へ国替えとなった後は松平氏が
藩主となり、以後明治維新まで松山を治めた。
 山頂にある城までは、登山口より徒歩で20〜30分。
 登城ルートは東雲口登城道、県庁裏登城道など、4ルートが整備されている。
 また、ロープウェイ・リフトも整備されているため、山道での登城が厳しい方は
こちらを利用すると便利。ロープウェイの案内役を務めるお姉さん達が、坊ちゃんの
時代をイメージした袴姿で迎えてくれるのはなかなか萌える。
 ● 湯築城跡
 南北朝時代以降、豊臣氏によって開城されるまで河野氏が治めていた城。
 天守閣はなく、「砦の高級品」程度の城だったと言われる。
 ● 中野本舗
 明治七年から続く和菓子の老舗。
 看板商品である「薄墨羊羹」は創業当時から変わらぬ味、糸寒天を用いた独特の
粘り、純度の高い砂糖を用いた上品な甘みを今に伝える。
 ● 鍋焼きうどん ことり
 メニューは鍋焼きうどんといなりずしのみ。
 出てくる鍋焼きうどんはアルミの鍋、具もシンプルで優しい味。
 土鍋で、豪勢な海老が載ってくる関東風に慣れていると、このギャップに驚く
かも知れません。
この区間のおさらい : 国道317号線|R317|松山城|湯築城跡
【全般】 芸予諸島を結ぶ「海の国道」(今治市片山〜波止浜港) From : Ten(2013/06/22)
 国道317号線しまなみ海道を形成していますが、今治市街から島を繋いで尾道市へ
通じる高速道路区間とは別に、今治市街から波止浜港へ通じるルートも国道指定
されています。
 片山交差点から国道317号線に入ると、今治市の中心部に向かって進む。
 沿道に建つ建物の商業色が高まり、更に市役所や銀行、電力会社、国営電話会社、
郵便局の本局など、役所やライフライン系の建物も目立つようになります。市街地を
真っ直ぐ進んできた道は、今治駅と今治港とを結ぶアーケードにぶつかる形で左に
折れるのですが、この交差点、ドンドビ交差点という珍しい地名が付いています。
謂れは何なんですかね?
 今治駅手前から今治市中心部を通り過ぎるまで、基本的には片側二車線が確保された
走り易い道でした。
 波止浜駅を過ぎてから右へ、右へと折れながら、波止浜港へと向かっていく。
 波止浜駅近く、金比羅神社で右に折れると、センターラインが消え、港へと通じる
非常に細い道。国道を示すような標識は何も立っていませんでしたが、これも立派な
国道です(笑)。
 波止浜港には今治造船のドックがあり、うちが訪ねた時は海外船籍の船が二隻、
改修工事中だった。また、来島海峡を隔てた離島への定期船が出ている他、ドックの
向こうにはしまなみ海道の高架橋もみえました。
 片山交差点〔R196〕−(16分)→波止浜港
 ● シュブレーム
 煉瓦調、ピンクの壁の派手なお店。
 片山交差点から国道317号線に入ってすぐの場所にあります。
 モーニングの時間帯に駐車場が一杯になってましたので、地元の方々が集う人気店
なのかも知れません。
 ● 今治城
 国道317号線から、更に市街地を海側へ進んだ場所にある。
 前述のドンドビ交差点を南東方向(県道38号線)へ進むと案内が出ているはず。
 往時を偲ぶ遺構は石垣と内堀が残るのみだが、1980年に5重6階の天守が再建された。
天守最上階からは、しまなみ海道の来島海峡大橋が見えるなど、瀬戸内を眺望できる。
 構造は、三重の堀に海水を引き入れた特異な構造で、当時は海から堀へ直接船で
入ることができるなど、海上交通の要所らしく海を最大限に活用した城となっている。
日本三大水城の一つに数えられている。(Wikipedia:今治城より抜粋)
 ● フェニックス
 今治市民球場の向かいにある喫茶店。
 「ラーメン、喫茶、食事」の看板とあわせ、ラーメン、カレーライス、オムライスの
画像をでかでかと掲げるなど、怪しい雰囲気を存分に醸し出しているお店。
 ただ、サイトで確認すると、市内ではそこそこの人気店らしい。
この区間のおさらい : 国道317号線|R317|ドンドビ|今治城|今治市

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数