国道276号線|R276|羊蹄山|支笏湖|美笛峠|オコタンペ湖|樽前山|花見|紅葉

国道276号線 − 羊蹄山、支笏湖、樽前山、風光明媚な道央の観光ルート
【全般】 国道393号線との重複区間 From : Ten(2010/12/30)
 倶知安町内で小樽市方面からの国道393号線と合流し、2kmほどの重複区間が
存在します。小樽から国道393号線を利用し、蘭越方面へ向かった際に利用したので
ごく僅かな距離ですが記録を残しておきます。
 国道393号線と合流するのは、倶知安町の市街地。
 沿道には畑よりも、住宅地や店舗の方が目立ちます。
 ...が、少々寂れた感じがするのは否めません。
 重複区間に入って2〜3分で国道5号線との交差点に到着しました。
この区間のおさらい : 国道276号線|R276|倶知安町
【全般】 倶知安町〜喜茂別町 From : Ten(2013/10/19)
天気が悪く走るばっかりの一日と思っていたら、羊蹄山周辺では晴れ間が見え隠れ。ちょっと嬉しい気持ちになれました。
2013.04.18 倶知安町に入ると雪を被った羊蹄山が迎えてくれた。
 2013年4月に北海道の国道潰しを行った際、諸々の記録をボイスレコーダーに
残しておいたのだが、長年の勤続疲労がたたったのか、記録を聞き起こす前に昇天。
本来であれば、走行時間等の詳細情報が記せたはずなのに、記録が残っていない。
 当時の記憶を思い出しながら、この国道の情報を取りまとめています。
 せっかくゲ○まで吐いて、取りまとめた情報なのに...。
 詳細は、2013年4月18日〜21日の日記を参照してください。
 【倶知安町〜喜茂別町】
 倶知安町内で国道393号線を分けると、羊蹄山の北側を時計回りに進む。
 車窓には羊蹄山山麓の畑が広がり、広大な畑越しに羊蹄山を見る風景が素晴らしい。
 倶知安の市街地を過ぎると両側から山が迫り、広大な畑が少し狭まった感じに
なり、緩やかなアップダウンと、緩やかなカーブで低い丘を越えると京極町。
 国道5号線から国道276号線へ入ってから車窓に続いていた農村風景はここまで。
 京極の町を過ぎると、喜茂別町との境を隔てる丘を越えると、程なく喜茂別町。
 この区間はどの地点からも羊蹄山の美しい姿を楽しめる。
 自分なりのビューポイントを探して走るのも良いかも知れない。
 ● 羊蹄ふきだし湧水
 羊蹄山の伏流水が湧出する区画を、「ふきだし公園」として町が整備している。
 この湧水は1985年に「羊蹄のふきだし湧水」として名水百選のひとつに選定され、
また、京極町も「名水の里 きょうごく」として水の郷百選に選定されている。
この区間のおさらい : 国道276号線|R276|羊蹄山
【全般】 喜茂別町〜苫小牧市 From : Ten(2013/12/15)
 2013年4月に北海道の国道潰しを行った際、諸々の記録をボイスレコーダーに
残しておいたのだが、長年の勤続疲労がたたったのか、記録を聞き起こす前に昇天。
本来であれば、走行時間等の詳細情報が記せたはずなのに、記録が残っていない。
 当時の記憶を思い出しながら、この国道の情報を取りまとめています。
 せっかくゲ○まで吐いて、取りまとめた情報なのに...。
 詳細は、2013年4月18日〜21日の日記を参照してください。
 【美笛峠越え(喜茂別町〜支笏湖温泉)】
 ※ ただいま作成中
 ● 道の駅フォーレスト276大滝(ちのchanより)
 大滝村の名物は「きのこ」です。
 そして、この道の駅の名物も「きのこ」。きのこ汁は何と100円。
 その他、きのこのおにぎりやきのこのてんぷら、いろんな種類のコロッケなどが
とても安く売られていて、500円もあればお腹一杯になります。また、お土産に
たくさんの種類のきのこの佃煮の瓶詰めも売られています。
 あと、この道の駅は全体が本当に大きなログハウスです。
 また、グランドピアノから曲が流れる1億円のトイレも有名です。
 【支笏湖温泉〜苫小牧市街】
 支笏湖温泉から苫小牧市街までは、森の中を緩やかに下っていく。
 この区間は沿道の大半が無人地帯で、国道276号線と併走する自転車道が森の中を
延々と真っ直ぐに続いている。民家が現れるのは道央自動車道と交差してから。
それまで続いていた森が車窓から消え、海が近くなったせいか空も高く感じられる
ようになる。道の幅も片側二車線の道へと変わると程なく苫小牧市街地。
 JRをオーバークロスすると、国道36号線との合流地点となる。
 余談ですが、苫小牧市街地まで森の中を抜ける無人地帯が続くのは、支笏湖の
水利権を王子製紙が持っていることと関係がありそう。支笏湖温泉で供給される
電気は、王子製紙が支笏湖から流れ出る千歳川に設けた発電所で作られます。
 そのため、このエリアの電気料金は北海道電力ではなく王子製紙に払っていて
周波数も東日本では珍しい60Hz。綺麗な水の確保と、環境保護の両面から、周辺の
森を水源林として大切に管理しているのだと思われます。
 ● 丸山遠見望楼
 支笏湖の南側にある標高327メートルの低山。
 支笏湖温泉から苫小牧市街方面に少し進んだ所に入口がある。
 国道276号線からダートの道を5kmほど進むと、展望台がある。
 展望台から見る樹海の眺望が素晴らしいです。
この区間のおさらい : 国道276号線|R276|丸山遠見望楼

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数