国道485号線|R485|隠岐の島|松江城|美保関|中海締切堤防|花見|紅葉

国道485号線 − 松江市と隠岐の島とを結ぶ海上国道
【全般】 七類港〜宇井 From : Ten(2014/07/09)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 宇井で国道431号線から分岐し七類港に至る僅か2.7km程度の区間は、本土側の
陸上ではほとんど存在しない国道485号線の単独区間である。松江半島の北側と
南側とを結ぶ山の中を切り開かれた道路となっている。
 まず直線的に坂を上って、七類トンネルを抜けて、再び直線的に坂を下り、
港に向かって右へと折れると、七類港周辺の民家が現れてくる。上り坂、下り坂
ともに距離はそれほど長くない。七類港は地方の小さな港だと思いきや、フェリー
ターミナルはメテオプラザが併設された立派なもので、駐車場に停車中の車も多く
賑やかな港の様子に驚かされました。
 宇井〔R431〕−(6分)→七類港
いつかはきっと、隠岐の島にも渡ってみたい。 島根県七類港にある『メテオプラザ』は、隠岐航路のフェリーターミナルだけでなく、1日中楽しめるアミューズメント施設となっています。美保関いん石を常設したミュージアムで宇宙へ思いを馳せ、眼前に広がる日本海のパノラマをバックに、海水を使った温海水プールで1年中海水浴ができます。
七類港に停泊中のフェリー フェリーターミナル隣接、メテオプラザ
この区間のおさらい : 国道485号線|R485|七類港|メテオプラザ
【全般】 松江市美保関町〜松江市街 From : Ten(2014/07/08)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 松江市内では、国道485号線国道431号線との位置づけが非常に複雑。
 国道485号線が松江市街の中心部を走っている関係で、国道431号線はどちらかと
いえば「脇役」で、松江市街地をぐるりと回されている感じ。松江城の東側付近で
一旦松江市街地の北側へ膨らむ形で迂回して、再び南側へ下りてくるというルートを
取っている。国道485号線の方は、くにびき大橋を越えると、市街地の中を直線的な
ルートで貫き、付属中前交差点で国道431号線と合流する。ここから、七類港の手前で
再び国道431号線を分けるまでの約17kmが、国道431号線との重複区間となっている。
 松江市街で国道431号線と合流後は、片側二車線の走り易いバイパス道路で進路を
東へと変える。バイパス区間に入ると、沿道に続く住宅地が徐々にまばらに建つように
なり、松江市郊外の住宅地と田園風景を見ながら進む。
 途中、「松江だんだん道路」と命名されたバイパス道路を分ける。
 この道は、松江市街地の東側で中海宍道湖とを結ぶ大橋川と剣先川を跨ぐように
架橋され、松江市街地を通らずに、松江半島国道9号線、および松江道路とを直結
するバイパス道路であり、この区間も国道485号線の指定を受けている。
 「松江だんだん道路」を分けてから、国道431号線は片側一車線となる。
 ただ、その先でもバイパス化工事が継続されているので、近い将来、だんだん道路を
分岐した場所よりも更に先まで片側二車線区間が伸びているものと思われます。
 松江だんだん道路を分けてから、車窓的には徐々に松江市郊外の住宅地が減り、
美保関町郊外ののどかで豊かな田園地帯が広がる中を進む。以下で紹介する手角農道を
分岐する辺りから松江市美保関町に入る。この辺りから車窓が「開けた田圃」から
「拡げた田圃」へと変わり、限られた土地を切り開いて作られた田圃が目立つように
なる。住宅地も減り、周囲に広がる土地が狭くなったように感じはじめると、程なく
七類港方面へ向かう国道485号線を分岐する。
 付属中前〔R431〕−(16分)→手角−(20分)→宇井〔R431〕
 ● 中海締切堤防
 島根半島弓ヶ浜に囲まれた中海は、淡水と海水の中間の塩分濃度を持つ汽水湖
 その中海の淡水化(将来的には干拓と農地開拓...という役人共のお馬鹿な計画)を
進めるために作られたのが中海締切堤防。役人のお馬鹿さ故に、その計画は頓挫
しましたが、中海を仕切る堤防は今も残っています。
 松江市手角町から南側へ農道が延びている。
 この道が中海の淡水化を進めた際の堰堤道路で、この堰堤よりも内側(西側)に
新たな海水が入らないよう堰が設けられた。役人のお馬鹿さ故に、その計画は頓挫
しましたが、中海を仕切る堤防は今も残っています。締切堤防の上を県道338号線
通っており、車での通り抜けも可能です。両側に湖の風景を見ながら、湖の中を
一本道で抜けていくのは楽しく、気持ちの良い道でした。この堰堤道路をぐるりと
巡ると、県道260号線を経て、再び国道431号線に戻ることができる。堰堤道路の
途中で、島根県と鳥取県の県境を越えられる点も更に興味を増してくれる。
以前の峠道はどんな感じだったのか、非常に気になりますが...。 以前の峠道はどんな感じだったのか、非常に気になりますが...。
湖の中を進む気持ちの良い道 湖岸に車を駐めて一服中
この区間のおさらい : 国道485号線|R485|松江だんだん道路|松江市
【全般】 松江市街 From : Ten(2014/07/20)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 この区間は、全線が片側二車線の走り易い道。
 国道9号線から分かれるとくにびき大橋を渡り、JR松江駅付近の高架線をくぐり、
松江市北側の整備された住宅街を抜けていく。松江駅までは高い建物や商店が多いが、
松江駅を過ぎてからは戸建ての立派な住宅が建ち並ぶ、美しい住宅地の中を進む。
 付属中前〔R431〕−(6分)→西津田〔R9〕
この区間のおさらい : 国道485号線|R485|松江市

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数