国道39号線|R39|旭山動物園|層雲峡|石北峠|網走湖|能取湖|花見|紅葉

国道39号線 − オホーツクへGo!
【街】 網走市のおすすめ From : Ten(2012/12/09)
 網走刑務所があまりにも有名な網走市
 でも、刑務所以外では水産業を除くと、これといった特徴がない街である。
 人口は圧倒的に北見市の方が多いし、冬の風物詩である流氷にしてもガリンコ号を
就航させている紋別市の方にスポットが当たっている感が強く、観光資源が多いとは
言えない。そんな網走市のおすすめ情報を以下にまとめてみました。
 ● 博物館 網走監獄(ちのchanより)
 最後の道東旅行の時、はじめて行きました。
 立入禁止の場所にある蝋人形と一緒に写真とりたかったんだけど、監視カメラが
あり断念しました。「ダミーかな」と思って撮っちゃおうと思ったけど、入口で
おっさんがモニターを監視してて、本物であることがわかりました。無茶しないで
よかった。
 網走監獄の入場料は、正規で1,050円で、本物の刑務所の前の土産物屋で割引券を
もらえば950円になる、って言うことは知ってましたが、直前に網走駅前のLAWSONに
寄ったら、ロッピーで850円で売ってました。ちょっと得した気分。
 ● 流氷
 Columns(コラム)のページに、ちのchanが道東を旅行した際に送ってくれた
レポートを紹介しています。特に、冬に流氷を見たい方は要チェックかも。
 このリンク先より、[旅行記]→[道東紀行]を選択してください。
 また、流氷についてはこんなサイトもあるようです。
 参考にしてみては如何でしょう?
 ● 能取岬
 網走市街から道道76号線に入り、オホーツク海に突き出た半島の先端にあるのが
能取岬。道道から分かれて、海へと真っ直ぐに伸びる道を進むと岬に到着する。
岬からはオホーツク海越しに知床連山を見ることができ、岬周辺の広大な草原では
6月から10月までの間、近くの牧場から集められた牛や馬が放牧され、長閑な風景が
広がっている。
 ● ホワイトハウス
 いわゆる爆盛り系のお店です。
 基本は洋食屋なのだが、丼ものも扱っている。
 メニューがとにかく豊富で、中には「いくら丼&ステーキ」といった妙な組合せも
存在している。(まぁ、作る側からすれば盛るだけだからね^^)
 また、カツ丼は洗面器のような大きな器で出てくる。カツ丼を大盛りで注文すると
物凄いボリュームで、カツ丼が器よりも盛り上がって出てくきます。
 ● 点香苑
 「網走市のおすすめ」に加えていますが、お店は美幌町市街地にあります。
 点香苑は、地元で人気の豚まん屋さんです。開店から数時間で完売になることも
多く、噂を聞きつけて遠方から買いにくるお客さんも少なくない。のお店に行ってきました
 メニューは豚まんと鶏まんの二種類で、どちらも198円。
 大人の掌ほどの大きさで、具がぎっしりと詰まっていて重い。
 一つ食べるだけでも相当腹持ちが良いのでは...と思える一品です。
この区間のおさらい : 国道39号線|R39|博物館 網走監獄|能取岬
【街】 北見市のおすすめ From : Ten(2012/12/11)
 北見市は網走管内の中核都市。
 道東で3番目、オホーツク海側の都市では最大、かつ唯一10万人以上の人口を
有しており、2006年には市町村合併(北見市と留辺蘂町、端野町、常呂町が合併)
により道内8位の人口となった。市町村としての面積は、北方領土を除けば道内最大。
全国の中でも、岐阜県高山市、静岡県浜松市、栃木県日光市に次いで四番目の広さを
誇っている。(2012年12月現在)
 道内の他市町村と同様に、農業、漁業、林業など、第一次産業が主産業。
 特にタマネギの生産量は全国一で全国生産量の約25%を占める。
 (北見産のタマネギ、うちも大好きです♪)
 また、大正から昭和初期にかけて北見地方はハッカの生産で世界の7割を占めていた
こともあり、市内にはハッカ記念館が建てられている。以前、旭川からペパーミント
エキスプレス(俗称『特急はっか』)という列車が運転されてたこともあったっけ。
 そんな北見市のおすすめ情報を以下にまとめてみました。
 ● レストランチロル
 北見市に昔からある地元の人に愛される洋食屋さん。
 値段もリーズナブルで、ランチのクリームコロッケを推す人が多い。
 ● そばの源吾
 北見市内には手打ち蕎麦を売りにするお店が多いが、その中でこのお店を薦める
人が少なくない。下記リンクにも画像が載っていますが、かなり太めの田舎蕎麦です。
この区間のおさらい : 国道39号線|R39|北見市

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数