国道240号線|R240|阿寒湖|まりも|丹頂鶴自然公園|釧路空港|花見|紅葉

国道240号線 − 釧路湿原の西側を回る観光裏ルート
【街】 釧路市のおすすめ From : Ten (2012/12/07)
 釧路市は、札幌市・旭川市・函館市に次ぐ、道内第4の街。
 道東地方の中心都市であり、道東観光の拠点となる街である。
 主な産業は製紙業と水産業。日本で唯一の坑内掘石炭を生産する釧路コールマイン
株式会社が存在することでも知られる。(2002年に石炭採掘から撤退した太平洋炭鉱
縮小の上、引き継いだ)
 ● 和商市場
 釧路随一の小売り市場で、釧路一の観光地と言っても良いでしょう。
 カニやサケの店は観光客向けで高価、でもモノは良い。(あまり興味ない^^)
 市民向けの一般鮮魚や野菜などは地場産のモノも多く出ていて、うちはむしろ
こちらの方に目を奪われる(笑)。総菜屋でご飯を買って、鮮魚店で買った好きな
刺身を載せて市場内で食べる「勝手丼」が人気である。
 勝手丼で使用する刺身は、大トロなど特別なネタを除けば概ね50円〜100円くらい。
 でも、これを安いと思うなかれ! 店のおばちゃん達は、ネタを沢山載せられる
ように端からぎゅうぎゅうに詰めてネタを載せていく。気付けば、1000円を超える
豪勢な丼の出来上がり。お前ら、(てんむす相手に)阿漕な商売するなよ...。
 おばちゃん達、同様の手法でうちにも色々なネタを薦めてくる。
 何を薦められても「シメ鯖、玉子、イカ、それ以外は要らん」と言い続けてたら、
さすがにおばちゃん達も根負け(笑)。地物のシメ鯖は、確かに美味しかったです。
てんよめは、これでご飯が酢飯だったらなぁ...と言ってました。
 ● 幣舞橋
 幣舞橋は、釧路駅から南へ10分ほど歩いた場所にある旧釧路川を越える橋。
 日本初の橋上彫刻「四季の像」があり、釧路を代表する観光名所の一つである。
 橋の南側は六本の道が集まるロータリーとなっており、初めて車で通るときは
結構焦ります。
 ● 阿部水産 鮭番屋
 朝食、ランチにお薦めのお店。
 テント張りの炉端焼きで、自ら炭火で焼いて頂く形式である。
 水産会社が直営するお店なので、ネタは新鮮で安いのが嬉しい。
 ● 夜にも炉端焼を楽しむなら
 釧路で一度は味わいたいのが炉端焼
 幣舞橋北詰の東側に釧路市街で最大の飲み屋街があるのだが、このエリアにある
赤提灯の大半は炉端焼屋である♪
 ● 泉屋
 ボリュームたっぷり、ご当地グルメ「スパカツ」で有名なお店。
 「スパカツ」とは、鉄板にスパゲッティ、カツ、ミートソースが載った釧路市民の
ソウルフード。一つ一つに珍しさはないものの、地元民が愛する味を是非一度は
堪能してみたい。
 ● 黒魔術
 釧路市内にあるカレー屋さん。
 お店の名前はおどろおどろしい感じですが、店舗の外観は普通の民家、店内も
八人がけのテーブルが1つあるだけと、非常にアットホームな雰囲気のお店。
 ● なごやか亭
 釧路市内に四軒(2012年12月現在)の支店を持つ回転寿司のお店。
 ネタが豊富で安いと地元の人にも人気である。
 ● 釧路市民球場
 プロ野球の公式戦が行われる球場としては日本最東端に位置します。
 外野は芝生席で、高い空の下で開放的な気分で野球観戦を楽しめました。
 「北海道まで行っても野球観戦」という贅沢なこと、してみませんか?
 芝生席では沢山のウリ虫があなたをお待ちしてます(笑)。
高い青空の下での野球観戦は最高です。 年に一度の道東シリーズは大盛況、早くからスタンドが埋まりました。
遮るものが少ない素敵な球場 外野席の様子
この区間のおさらい : 国道240号線|R240|和商市場|幣舞橋|炉端焼き|釧路市
【温泉】 阿寒湖温泉(阿寒町) From : Ten(2010/12/29)
 阿寒湖の南岸にある温泉。
 温泉としての歴史は古く、1858年に北海道の名付け親である松浦武四郎がこの地を
訪れた時には、既にアイヌの人々が温泉を利用していたそうです。温泉街には北海道
最大級のアイヌコタンがあり、アイヌ古式舞踏などを見ることができる。
 温泉街には個性的な足湯や手湯が点在している。まりものオブジェが配置された
「まりもの手湯」、大きな楡の木の空洞を利用した「梟の手湯」、パン屋に併設
された気作りのおしゃれな足湯「五つの幸せの湯」など、地元の人々が工夫を
凝らして造ったものばかり。
 阿寒湖畔の遊歩道も歩くと「ボッケ」と言われる泥火山を見ることができる。
 沼の中からガスが噴出し、冬でもその回りには雪が積もらない。
 冬季にはスノーシューをレンタルして散策することが可能。また、結氷した
湖でワカサギ釣りも楽しめる。道具は現地で借りることができ、釣ったワカサギは
その場で天ぷらにして食べることができる。
 (2010.11.23 朝日新聞の記事から引用)
 ● まりもプリン
 「まりもようかん」ならぬ、まん丸な姿が愛らしいプリン。
 濃厚なカスタードが魅力の新しい阿寒名物。店内に足湯がある「温泉工房あかん」で
くつろぎながらまりもプリンを楽しむことができます。
 ● ワカサギ釣り
 弟子屈の宿でスタッフをしていた頃、同じ宿でパートをしていたおばちゃんが
休日になると阿寒まで足を延ばしてワカサギ釣りをしてたのを思い出しました。
 翌日、「大漁、大漁〜♪」と宿の皆におすそ分け。
 その日の昼食に皆で美味しく頂きました。
 ● 阿寒湖の毬藻(マリモ)
 マリモ展示観察センターでは、大小さまざまなマリモを見ることができます。
 観光用土産として小さなマリモが売られていますが、一年に数ミリしか成長しない
マリモの成長を待てるほど私は暇ではない(笑)。マリモは一本一本の細長い藻が
湖の波に揺られ、それぞれが絡み合ってできますが、「...ということは、
一つ一つの小さなマリモを手でこねれば、簡単に大きなマリモが作れるぢゃん」と
『マリモ急成長計画』を実行したら、小さな水槽は無数の細長い藻が浮くだけの
ものになってしまいました(汗)。
この区間のおさらい : 国道240号線|R240|阿寒湖|アイヌコタン|ワカサギ釣り|阿寒町
【道の駅】 道の駅「阿寒丹頂の里」(阿寒町) From : JAF MATE 11月号
 <温泉のある道の駅>
 サイクリングターミナルサークルハウス 赤いベレー」の中にある温泉施設。
 サウナ・打たせ湯などがある。
 ● [場所]阿寒郡阿寒町/Tel:0154-66-2330
 ● [時間]午前10時〜午後9時/年末年始が休み
 ● [料金]400円
 ● → 「サークルハウス 赤いベレー」のサイトへGo!
 ● 阿寒やきとり丼
 北海道では「やきとり」は必ずしも鶏肉を指さない。
 そこで、阿寒産のエゾシカ肉を生かした「やきとり」を作ろうと生まれたのが
「阿寒やきとり丼」。焼き、揚げ、こね、など多彩な調理法で肉の旨みを引き出して
いる。「サークルハウス 赤いベレー」で頂けます。
この区間のおさらい : 国道240号線|R240|阿寒丹頂の里|サイクリングターミナル|サークルハウス|赤いベレー|阿寒町
【街】 網走市のおすすめ From : Ten(2012/12/09)
 網走刑務所があまりにも有名な網走市
 でも、刑務所以外では水産業を除くと、これといった特徴がない街である。
 人口は圧倒的に北見市の方が多いし、冬の風物詩である流氷にしてもガリンコ号を
就航させている紋別市の方にスポットが当たっている感が強く、観光資源が多いとは
言えない。そんな網走市のおすすめ情報を以下にまとめてみました。
 ● 博物館 網走監獄(ちのchanより)
 最後の道東旅行の時、はじめて行きました。
 立入禁止の場所にある蝋人形と一緒に写真とりたかったんだけど、監視カメラが
あり断念しました。「ダミーかな」と思って撮っちゃおうと思ったけど、入口で
おっさんがモニターを監視してて、本物であることがわかりました。無茶しないで
よかった。
 網走監獄の入場料は、正規で1,050円で、本物の刑務所の前の土産物屋で割引券を
もらえば950円になる、って言うことは知ってましたが、直前に網走駅前のLAWSONに
寄ったら、ロッピーで850円で売ってました。ちょっと得した気分。
 ● 流氷
 Columns(コラム)のページに、ちのchanが道東を旅行した際に送ってくれた
レポートを紹介しています。特に、冬に流氷を見たい方は要チェックかも。
 このリンク先より、[旅行記]→[道東紀行]を選択してください。
 また、流氷についてはこんなサイトもあるようです。
 参考にしてみては如何でしょう?
 ● 能取岬
 網走市街から道道76号線に入り、オホーツク海に突き出た半島の先端にあるのが
能取岬。道道から分かれて、海へと真っ直ぐに伸びる道を進むと岬に到着する。
岬からはオホーツク海越しに知床連山を見ることができ、岬周辺の広大な草原では
6月から10月までの間、近くの牧場から集められた牛や馬が放牧され、長閑な風景が
広がっている。
 ● ホワイトハウス
 いわゆる爆盛り系のお店です。
 基本は洋食屋なのだが、丼ものも扱っている。
 メニューがとにかく豊富で、中には「いくら丼&ステーキ」といった妙な組合せも
存在している。(まぁ、作る側からすれば盛るだけだからね^^)
 また、カツ丼は洗面器のような大きな器で出てくる。カツ丼を大盛りで注文すると
物凄いボリュームで、カツ丼が器よりも盛り上がって出てくきます。
 ● 点香苑
 「網走市のおすすめ」に加えていますが、お店は美幌町市街地にあります。
 点香苑は、地元で人気の豚まん屋さんです。開店から数時間で完売になることも
多く、噂を聞きつけて遠方から買いにくるお客さんも少なくない。のお店に行ってきました
 メニューは豚まんと鶏まんの二種類で、どちらも198円。
 大人の掌ほどの大きさで、具がぎっしりと詰まっていて重い。
 一つ食べるだけでも相当腹持ちが良いのでは...と思える一品です。
この区間のおさらい : 国道240号線|R240|博物館 網走監獄|能取岬

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数