国道153号線|R153|香嵐渓|足助|昼神温泉|勘八峡|花見|紅葉

国道153号線 − 信濃と三河とを結ぶ「塩の道」
【街】 三州足助の宿場町(豊田市足助町) From : JAF MATE 2003年11月号
 三河湾の塩を信州へ運んだ「塩の道」の宿場町。
 街道には白壁の商家や民家が建つ。
 マンリン小路は昔懐かしい佇まい。
 → 足助町の町並みを紹介するHP
 ↑ 喫茶ルームとして利用されているという蔵、むっちゃ気になります。
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|足助|豊田市
【道の駅】 どんぐりの里いなぶ(豊田市稲武町) From : JAF MATE 11月号
 <温泉のある道の駅>
 「稲武温泉どんぐりの湯」は水着専用のクアゾーンと温浴ゾーンがある。
[場所]愛知県北設楽郡稲武町/Tel:05368-2-3135
[時間]午前10時〜午後9時/木曜日が休み
[料金]600円(温浴ゾーン、共通券あり)
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|どんぐりの里いなぶ|豊田市|稲武町
View ひまわりの里(平谷村) From : Ten(2015/05/04)
 平谷村中心部にある「道の駅 信州平谷」の周辺には休耕田を利用したひまわり畑が
点在し、七月下旬から八月中旬にかけて、美しいひまわり畑を楽しむことができます。
また、道の駅には温泉(信州平谷温泉ひまわりの湯)が併設されており、疲労回復に
効果があり、肌もつるつるになると評判です。
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|道の駅 信州平谷|平谷村
【全般】 飯田市内(昼神温泉〜飯田市街) Ten(2014/11/24 Update)
 中津川・南木曽方面から、国道256号線で木曾谷から伊那谷へと抜ける際に
昼神温泉から飯田市街までの僅かな距離ですが、国道153号線を利用しました。
 昼神温泉郷が予想よりも大きな温泉街であることに少々驚きつつ、国道153号線を
進むと、程なく飯田市街へと入るのですが、市街地では交通量が非常に多く、車の
流れは非常に悪く、ずっと滞った状態で飯田市街まで走らされました。
 昼神温泉〔R256〕−(27分)→飯田市役所前〔R151〕
 ● タウンスポット
 飯田市役所前で見かけた喫茶店。
 ビル一階にあって、ちょっとお洒落な煉瓦調のお店でした。
 道路から見ていても「当たり」の感じがします。
 ● 一平
 飯田駅近くにある居酒屋さん。
 飯田駅周辺の飲み屋街を一周し、素敵な面構えのお店として選んだのがここ。
 駅前から下る中央通りから脇に入った場所にある木造の小さなお店に掲げられた
「おでん」の赤提灯。一人だと入るのに少々勇気が必要なお店だが、今日は二人。
思い切って格子戸を開けてみる。カウンターのみ10席あるかないかの店内は満席。
 「ありゃ、満席だ」と引き上げようとする我々に、「大丈夫、詰めさせるから」と
お店のお母さん。このお店では、お母さんの意見は絶対のようだ(笑)。まだ18時と
いうのに、我々以外は全て常連さんで満席、何て店なんだろう(爆)。
 そんな10席しかない店内のど真ん中に、新参者の我々二名が陣取る。
 最初は皆がぎこちなく飲む妙な空間だったが、そこは酒飲み同士、話題が重なれば
エンジン全開。特に地元の土木会社で部長を務めるおっちゃんと意気投合、仕事も
やり手だし、あっち(えっち)な話もお茶目だし、えらく酒が進んだ気がします。
 加えて、常連の皆さんが切々と語る「飯田愛」が強く印象に残りました。
 ● 和泉庄
 飯田市内にある老舗の和菓子屋さん。
 大きんつばが有名で、村長亭できんつばと言えば、この和泉庄と金沢の中田屋が
双璧です。うちは好んできんつばを食べませんが、和泉庄のきんつばは素直に
美味いと思います。一つ一つのきんつばがずっしりと重く、きんつばを二つに割ると
ぎっしりと詰まった粒餡、最高です♪
都内でも「信州物産展」などでお目にかかれます。
和泉庄 前景
 ● 飯田ソフトバームクーヘン「MARRON」
 スウィーツ系の通販サイトで人気の洋菓子屋さんが飯田市中心部にあります。
 全国から選び抜いたこだわりの卵を使い、しっとり ふっくら焼き上げたという
バウムクーヘンは美味しかった。大きんつば食べて、バウムクーヘン食べて...と
なると、翌日に体重計乗るのが怖いですが(笑)、事前の運動をしっかりして(笑)
甘いものを受け入れられる体を作っておいてください。
 ● イタリアンレストラン「ソットオーリオ」
 飯田I.C.近くにあるイタリアンレストラン。
 本格的なイタリア料理からカフェ、スウィーツまで、広い用途で立ち寄れるので
お気に入りのお店。昼食で入った別のお店に置かれていた飯田市のタウン誌で紹介
されていたイチゴパフェが気になり、訪ねたのがきっかけ。
 このお店、最近まで店内でケーキを取り扱っていたようですが、隣にケーキ専門の
新店舗を建て、新店舗でケーキを専門に取り扱うようになったことからも実力の程が
伺えます。今のところスウィーツ以外で立ち寄ったことはないですが、一度ランチや
ディナーで立ち寄ってみたいと思っています。
パフェに使われるフルーツは季節によって変わる、400円也。イチゴの季節で良かったですな♪
ソットオーリオのミニパフェ
 ● 杵原小学校のしだれ桜
 飯田山本I.C.近くにある旧山本小学校杵原校舎前にあるしだれ桜の古木。
 近年、吉永さゆり婆が主演した「母べえ」のロケ地としても使われました。
 桜の見頃は四月の上旬から中旬。
 ● 阿智村/花桃の里
 飯田市のお隣、阿智村では4月下旬〜5月上旬にかけて、村じゅうが美しい花桃に
i彩られる。月川温泉郷のあたり一帯が桃源郷へと移りかわり、類い稀なる風景が
姿を現します。花桃の開花中は桃源郷を間近に感じることができる花桃まつりを
開催、多くの観光客で賑わいます。
阿智村市街地から花桃の里に至る道は一本道でG.W.には大渋滞が発生するため、朝一番で訪れるのが良いかも知れません。 阿智村市街地から花桃の里に至る道は一本道でG.W.には大渋滞が発生するため、朝一番で訪れるのが良いかも知れません。
阿智村/花桃の里で撮影した画像
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|昼神温泉|和泉庄|飯田市
【備忘録】 飯田市内の未走区間 Ten(2014/11/02)
 飯田市役所前から、北条交差点までが未走区間です。
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|
【全般】 飯田市〜伊那市 Ten(2014/12/29 Update)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 ※ 先に、伊那市〜塩尻市のルポを見た方が良いかも知れません。
 伊那市双葉町から再び国道潰しを再開。
 双葉町交差点から、川沿いに伊那市街を南北に縦断する形で伊那市街地の中を進む。
 市街地を走っていると、天竜川の川幅が広くなった気がします。川幅が広くなった
天竜川の両岸に伊那市街が南北に長く続きます。市街地が途切れるのは沢渡駅を過ぎた
辺りから。ここで家並みが途切れ始めて、天竜川の両岸に広がる平地には田畑の方が
目立つようになる。
 これで谷沿いのルートに行くかと思いつつ、宮田村、駒ヶ根市と市街地はまだまだ
断続的に続く。飯田線の駅がある所を中心に市街地が広がり、土地が狭まることなく
広い谷を進んでいく。
 駒ヶ根市街でも国道153号線はバイパスルートを形成。
 もう何でもあり、今回はとことんバイパスルートで行きましょう(笑)。
 バイパス区間は駒ヶ根市街東側を進む形で、商業地と空地が多く見られる中を進む。
 駒ヶ根市から飯島町に入って交通量が減ったように感じる。
 伊那市からずっと車の流れが悪かったのだが、ようやく自分のペースで走れるように
なったと感じる。ただ、車窓に変化がなく、飯田線の駅がある所を中心に市街地が
広がるのは相変わらずで、なかなかドライブしていて楽しい車窓にはならない。
 飯島町の隣、宮田村は飯田線沿いから外れることもあり、住宅の密度が下がる。
 時折、谷沿いの寂しい風景を見せるようになるが、松川町に入って再び飯田線沿いに
走るようになると、駅がある所を中心に市街地が広がる車窓の中を進むようになる。
 市田柿で有名な市田の町を過ぎると、目の前に広大な飯田盆地が広がり始める。
 沿道にも商店などが多く見られるようになると飯田市街地へと到着する。
 市田の町の中では、建物の中で干し柿を吊している場所を数ヶ所見かけました。
 以前は外に吊していたそうですが、環境衛生上の問題から、建物内で吊すように
町や農協からの指導があったのだそうです。秋の風景が一つ消えた気がします。
 双葉町−(3分)→入舟〔R361〕−(67分)→飯田市北条(上郷飯沼)
 ● 「たけだ」のソースカツ丼(伊那市)
 やはりこのエリアに来たら「ソースカツ丼をがっつり食べたい!」ということで、
沢山のサイトで紹介されていた「たけだ」さんに立ち寄りました。巷の評判を裏切ら
ない素晴らしいお店でした。まず、出されたソースカツ丼を見て、驚愕。
 ご飯の量と比べて、何とアンバランスな肉の量なんでしょう(笑)。
 丼の蓋から肉がはみ出ているし、私は三切れでご飯を平らげられましたよ(爆)。
 しかも、このお店、ただ量が多いだけではありません。
 肉屋さん直営なので、味も半端なく美味いです。
 まさに「肉屋〜!」「ブッチャー!」...という感じの親父さんが威勢良く、
見ていて気持ちの良いお店でした。ソースカツ丼、940円也。
 伊那市を訪れる際は是非お薦めの逸品です。
丼の蓋から肉がはみ出しており、ボリューム満点。肉屋直営店だけあって、味も抜群。
「たけだ」のソースカツ丼
 ● みや川食堂(伊那市)
 伊那市営球場入口の向かいにあるお店。
 「大盛りフェチ」の皆さんの間では、ちょっとした有名店だったりします。
 このお店のお薦めは、笑っちゃうくらい大きな唐揚げ(笑)。
 余程の握力がないと箸で挟むことが難しいのではないか...と思える程の大きな
唐揚げが5つも入った「唐揚げ定食」740円也。こちらも外せない名店かも知れない。
 唐揚定食には唐揚が3個入ったライトサイズと5個入ったフルサイズがあり、うちは
迷わずライトサイズの方を注文。怖いもの見たさはあったんですけどね...。
 ただ、もともと大食いではない村長ですから、ライトサイズでも見事に玉砕(汗)。
 但し、開店時間はかなりルーズ。正午前にならないと開店しないので、訪ねる時間が
難しいかも知れません。
唐揚一つを完食するのさえ大変でした。注文してから出てくるまで30分前後、揚げるのにも相当時間が掛かるらしい(笑)。
みや川食堂の唐揚定食
 ● こやぶ本店(伊那市)
 やはり、信州と言えば蕎麦である。
 伊那市のお店を紹介するサイトをいくつも訪ね歩いた結果、うちが一番訪ねたいと
思ったのはこの蕎麦屋です。メニューが少なく、少々高めなのが気になるが、一度は
食してみたいと思っています。
 ● 小沢の芝桜(伊那市)
 伊那市小沢区の休耕田には、芝桜が咲き誇ります。
 芝桜で着飾った富士山越しの南アルプスの眺望は圧巻。
 花の見頃は四月下旬から五月上旬。
 ● 光前寺(伊那市)
 860年、木聖上人により開かれた光前寺の境内には約70本のしだれ桜が植えられて
おり、花の期間中はライトアップされた桜が鮮やかな紅色をより幻想的に楽しむ
ことができます。桜の見頃は四月の中旬から下旬。
 また、光前寺の沿道はスイセンで埋め尽くしていて、こちらも残雪の中央アルプスを
バックにした撮影スポットになっています。
 ● 「いな垣」のソースカツ丼(駒ヶ根市)
 このお店のソースカツ丼も美味かった♪
 後述するたけださんと比較すると、味付け、量ともに軽めで、女性やお年寄り向け
なのでは...と思いました。肉とご飯の間に挟まれたキャベツも、こちらの方が
しっかり載っていたように思います。
 遠方からの来店客も多く、駒ヶ根で「ソースかつ丼」と言えばこのお店という人も
多いそうです。実は茶そば屋だったりします。
 ● 「すみよしや」花桃の里
 お食事処「すみよしや」の御主人が数年かけて植え続けている花桃の木々は約800本。
 お店周辺の川沿いに美しく咲き誇ります。
 花の見頃は四月の中旬から下旬。
 ● 与田切公園の桜並木(飯島町)
 飯島町にある与田切公園にはソメイヨシノ、ヒガンザクラ、オオヤマザクラ、
ボタンザクラなど約300本の桜が植えられており、花の見頃には約200メートルの
桜のトンネルができ、舞い落ちる桜の花びらが春色に歩道を染めます。
 桜の見頃は四月の上旬から中旬。
 ● 望岳荘のソメイヨシノ(中川村)
 中川村の南向小学校跡地に建てられた望岳荘には、小学校時代の名残である桜が
中央アルプスの残雪を背景にすばらしい景観を作り出しています。
 桜の見頃は四月の上旬から中旬。
 ● 松川町のごぼとん丼
 飯田市と言えば前述した「和泉庄の大きんつば」ですが、たまには別のものも
所望したい。そこで、飯田市だけでなく、周辺市町村のお薦め品をあれこれ検索
していたら、気になるキーワードが目に留まりました。
 それが、松川町の「ごぼとん丼」。
 下記のサイトで詳細を確認すると、なかなか美味しそうぢゃないですかっ!
 タレがあるタイプと、タレがないタイプの二通りがあるというのも楽しいです。
 上記サイトを参考に、我々は町内の「ポニー」さんに立ち寄りました。
 松川町で30年近く続く、食事の楽しめる喫茶店です。
 ポニーさんの「ごぼとん丼」、美味しかった〜♪
 正直、厚切りされたごぼうがどれだけご飯と合うのか不安ではあったのだが、
きんぴら風に少々濃い目、辛めに煮付けられたごぼうとご飯の愛称はぴったり。
味付け的には帯広の豚丼と、生姜焼きの中間くらいかと思います。
 豚肉以上に主張のあるごぼう、歯ごたえも丁度良く、また食べに来たいと素直に
思える逸品でした。
正直、ごぼとん丼だけで観光客を誘致するのは難しい。でも、うちは間違いなくリピーターになります! 少しずつ味付けの異なる丼を頂くのも楽しいかも知れません。
松川町のごぼとん丼
 ● 不動滝(高森町)
 高森町の町名の由来となった本高森山を水源とする干水ノ沢にかかる高さ50m、
幅10mの滝。滝の規模は伊那谷随一と言われる。滝の上は千畳敷と呼ばれる花崗岩の
岩床であり、そこから豊富な量の水が流れ落ちている。
 松川町での仕事を終え、飯田駅へ戻る途中に立ち寄りました。
 「真っ直ぐ帰るだけではつまらない」と、何の予備知識もなく選んだのがこの滝。
 高森町市街地から細い山道(相当の隘路です)を上っていくと、期待以上の立派な
滝が待っていた。
駐車場から滝へ向かう遊歩道沿いの紅葉が見事でした 果樹園が広がる丘陵地から山道を進むと、秋の装いを纏う滝があった。 休憩所として建てられた立派なログハウスの窓から紅葉を楽しむ
2014.10.29 不動滝(高森町)にて/滝も豪快だが、紅葉の名所でもある。
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|
【全般】 伊那市〜塩尻市 Ten(2014/11/02)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 塩尻市内における交通の要衝である高出交差点が国道153号線の終点。
 ここから起点(名古屋市)に向かって、伊那谷を目指します。
 塩尻市中心部からは徐々に離れていくのですが、市街地から離れた場所に塩尻宿を
はじめとする旧市街が広がっていて、風情のある街並みの中を抜ける形となる。
塩尻宿を抜けると、これから伊那谷の壁となるであろう山々が徐々に近づいてきて、
山が近づくにつれて塩尻宿から連なっていた民家が姿を消していきます。
 程なく善知鳥峠を越えて、また次の宿場へと入る。
 そんなに厳しい峠ではなく、緩やかに直線的に坂道を上り下りする感じ。
 峠道を下ると程なく中央西線と併走するようになり、辰野町へと入る。町内で
最初に現れる町が小野、中央西線の駅も設けられている。小さな町ではあるが、
昔ながらの趣のある建物が国道の両脇に建っていて風情を感じました。古い建物だけ
ではなく、大正期くらいに建てられた洋館も一軒建っていました。小野の町の中心に
建つのが、その名もずばり小野家の住宅。宿問屋としての姿を今日に伝えています。
 この他、このエリアでの観光地としてはみどり湖と、横川峡くらいでしょうか。
 みどり湖へは塩尻宿を抜けて諏訪方面の道を進み、横川峡へは信濃川島駅前を南に
向かうと峡谷に出れるようです。
 小野を過ぎると、山と山に挟まれた狭い土地に広がる田畑を見ながら走る。
 田畑の中に民家が点在する感じで、山の方にも田畑が切り開かれている。
 しかし、この風景は長く続かず、程なく辰野の町が広がり始める。辰野は天竜川が
蛇行する場所に開けた町で、再び市街地が広がる中を進むようになる。国道153号線は
辰野町の西側を走るルートを取るので、町の中心部を通ることはないが、南北に長い
辰野の町を時間をかけて抜けていく。
 辰野町を過ぎても天竜川が蛇行するのは変わらず、広い平地を保ったまま箕輪町へ
入る。勝手な予測で辰野を過ぎたら深い伊那谷が始まるものだとばかり思っていたが
市街地が断続的に続いている感じです。
 箕輪町内で国道153号線はバイパス区間を形成している。
 一般道と二つのルートがあって悩んだが、時間も圧していたのでバイパス道へ。
 バイパス道路沿いには大きなショッピングセンターや、ガソリンスタンド、工場等が
建ち並び、それ以外は空地が目立つ。新興住宅地なども建っているが、全体的には
寂し気な車窓を形成している。
 しかし、このバイパス道路、途中でブチ切れてます。
 県道19号線とぶつかった場所でバイパスが途切れている。
 こんなことなら一般道進むんだった...。ナビに頼った弊害ですね。
 中途半端に、箕輪町から伊那市までが未走のまま残ってしまいました。
 塩尻市高出〔R256〕−(50分)→箕輪町内BP終点〔県19〕
 ● ていしゃば
 辰野町市街地にある高畑交差点脇で見かけた喫茶店。
 この通りを走っていて初めてまともに見る喫茶店です。
 地元の方も多く立ち寄っていて、当たりの雰囲気を感じたお店でした。
この区間のおさらい : 国道153号線|R153|

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数