国道418号線|R418|岩村城址|刃物会館|麻那姫湖|木曽川|深沢峡|花見|紅葉

国道418号線 − 岐阜県が誇る、日本代表クラスの酷道
【全般】 国道157号線との重複区間(福井県大野市〜岐阜県本巣市) From : Ten(2017/09/24)
 福井県大野市から岐阜県本巣市までの温見峠越えの区間は国道157号と重複する。
 福井・岐阜県境の温見峠越え付近は1車線の狭隘路、洗い越し、ガードレールが
無いなどの俗にいう酷道の区間で知られる。同重複区間である、本巣市根尾能郷の
冬期閉鎖ゲート付近も狭隘路となっており、道路状況に対する注意喚起のため、
道端に「落ちたら死ぬ!!」と書かれた看板が設置されている。
 (Wikipedia:国道418号線より抜粋)
この区間のおさらい : 国道418号線|R418|温見峠|酷道
【全般】 樽見駅(本巣市)〜川辺町中川辺 From : Ten(2017/02/11)
 国道157号線と分岐してすぐ、樽見鉄道の樽見駅前を通過する。
 駅周辺は淡墨桜一色、この桜で観光客を呼び込みたい本巣市の思いが強く表れる。
 この他、駅からシャトルバスで向かうことができる温泉施設などもあるようです。
夕暮れ時、小さなレールバスが1両止まっていました。
樽見駅にて
 樽見駅を離れると、本巣市の外れ、民家が数軒点在する程度の中を進んでいく。
 ほぼ、沿道は無人地帯に近い雰囲気でした。御並坂峠を越え、本巣市から山県市へと
入るのだが、峠の前後でセンターラインが消える隘路区間となる。本巣市、山県市側
ともに、ヘアピンカーブも含めた急カーブ、急勾配で峠道を上り下りする区間でした。
ただ、峠道の区間を走り終えて、民家が再び現れるまでの距離が、山県市の方が
短かったような気がします。センターラインが復活していない狭い道幅の両脇に、
峠下の集落が迫ってくる雰囲気があり、少々走りづらさを感じながら走っていました。
 山県市美山支所のある谷合交差点からセンターラインが復活。
 家並みや畑も徐々に広がり始めて、快走路が続くようになる。
 美山大橋北交差点を過ぎてからは、それまで両脇にあった山々が徐々に離れていき、
沿道には関市街へと続く平地が広がるようになる。沿道に平地でしか見られないような
広い畑が広がったり、沿道の住宅の密度が高くなってきたことを感じながら走る区間。
 裏を返せば、単調な区間とも言えますね。
 関はこのエリアでの中心都市だけあり、大きな町ですね。
 道の両側に飲食店や商業施設が並ぶ賑やかな通りの中を進む。
 うちは夕方に走ったこともあり、この区間での車の流れは非常に悪かった。
 栄町三丁目交差点から旭ヶ丘三丁目交差点まで、約2km程度ですが、県道58号線との
重複区間を形成する。その途中には「刃物の町」関市を象徴するような「関刃物会館」
なる施設があります。(長良川鉄道の駅名にもなっていますね)
 旭ヶ丘三丁目で右に折れる形で県道58号線から分かれると、次の宮地交差点で
更に左折。しばらくは、1ブロックだけ離れて、国道248号線と併走する形で東へ
向かいます。東海環状自動車道のインターチェンジと直結する良く整備された道路が
県道58号線で、家並みが迫るセンターラインの無い細い道が国道指定されている
ところは、以前の町割り、区割りのままです。
 富加町に入って道幅が広くなり、見通しの良い道が続くようになる。
 家並みの密度が低くなり、畑の方が目立つようになった中を進む。
 再び、沿道に家並みが現れるようになると美濃加茂市。市街地の北東に位置する
山側(相当街外れの山中です)に東海環状自動車道の美濃加茂I.C.があり、ここに
直結する高架道路の形で国道41号線が通っているため、国道41号線との交差点は
ちょっと複雑怪奇。
 時に沿道に果樹園などを見ながら、時に山側を迂回する国道41号線バイパスの
高架道路と併走しながら、美濃加茂I.C.のあった山側から盆地の底に位置する川部町の
市街地へ下りてくると、やっと生活感のある市街地が現れるようになる。
 樽見駅前〔R157〕−(30分)→美山大橋北〔R256〕−(16分)→小瀬六番町〔R156〕
−(5分)→栄町三〔R248〕−(20分)→美濃加茂I.C.〔R41BP〕−(8分)→中川辺〔R41〕
 ● 養老軒
 大粒のフルーツが一つ丸ごと入ったフルーツ大福が人気のお店。
 以前は高山線中川辺駅前に建つ小さな和菓子屋だったが、口コミでその美味しさが
話題となり、国道沿いに大きな店舗を構えるまでになった。週末になると、遠方から
多くのお客さんが訪れ、行列ができることもしばしばである。
店内はスローペースで回っているので、お客さんが多いときは結構待たされます。
養老軒の前景
この区間のおさらい : 国道418号線|R418|樽見駅|関刃物会館|養老軒
【全般】 川辺町〜八百津町 From : Ten(2017/09/28)
 ※ 整理上、表題とルポの向きが逆になってます。ご容赦のほど...。
 下記にある通り、てんむすのリクエストで杉原千畝記念館に立ち寄ったときに
国道418号線の八百津町から川辺町までの区間を走る機会に恵まれました。なかなか
風光明媚な区間だったと思います。
 八百津町の市街地を抜け、八百津町ののどかな田園風景を見ながら進む。
 野上交差点を折れてから、八百津と川辺とを隔てる丘陵地を越えるので一旦沿道の
水田風景が途切れるが、再び川辺町の田園風景が広がる中を進む。
 杉原千畝記念館入口−(15分)→新山川橋北詰〔R41〕
 ● 杉原千畝記念館
 杉原千畝記念館、うちのツボにハマる記念館でした。
 てんむすのリクエストで立ち寄ったとは言え、杉原千畝については以前から何かと
文献を当たっていたので、個人的に興味のある偉人。通常、この手の記念館は数分で
退館する人が、今回はじっくりと小一時間近く、良いモノ見させていただきました。
イスラエルが国を挙げて探し続けた人物、いわば逆WANTEDの外交官である。
杉原千畝記念館
 ● 旧八百津発電所
 八百津町にはもう一つ、歴史的遺構がある。
 1911年に旧名古屋電燈により竣工し、1974年に廃止された八百津発電所の本館を
博物館として活用したもので、発電所本館、放水口発電所、水槽、および余水路が
「旧八百津発電所施設」として重要文化財に指定されている。
 (Wikipedia:旧八百津発電所資料館より抜粋)
 杉原千畝記念館から車で数分の場所にあると知り、こちらも訪ねてみることに。
 こういう歴史的遺構、男の子は好きだよねぇ(笑)。
 訪れる人が少なかったこともありますが、川沿いに立つ古い遺構を見ていたら
数時間留まって居られそうな、素敵な空間が広がっていました。
なかなか良い雰囲気の遺構でしょ? さぁ、次は何処へ行こう。
旧八百津発電所 今日も良い天気です
 ● うな好
 八百津町市街地のはずれで見かけたうなぎ屋さん。
 連休中というのもありますが、開店前というのに、ものすごい行列ができていた
ので気になりました。
この区間のおさらい : 国道418号線|R418|杉原千畝記念館|旧八百津発電所
【全般】 天龍村〜飯田市南信濃村 From : Ten(2014/11/03)
 天龍村内で、天竜川沿いの山村を結ぶ県道1号線との交差点から国道418号線に
入ると、以前は細かったであろう道の痕跡を見ながら、新しく掘られたトンネルを
三本ほど抜けて天龍村中心部から遠山川沿いに山の方へと分け入っていく。意外にも
片側一車線が確保された比較的走り易い道である。泰阜村方面から天龍村へ向かう時は
天竜川の深い谷を見ながら走ってくるのだが、この区間では谷が深くなることはなく、
ほぼ同じ目線で川面を見ながら進んでいく。時折センターラインが消え、川岸にへばり
つくような隘路を走る区間があるが、センターラインが確保された道を走る比率の方が
高かった。
 天龍村〔県1〕−(10分)→飯田市南信濃村〔R152〕
 ● 猫校長が居る小学校(旧木沢小学校)
 南信濃村木沢を走っている時に「猫校長が居る小学校」という案内板を見かけ、
休憩がてら立ち寄ることに。確かに居ました、可愛い猫の校長先生が♪
前述の遠山郷の風景と共に、引越のサカイのCMで紹介されました。
2014.08.16 南信濃村木沢/木沢小学校にて
町のシンボルだった木造校舎を猫校長が守っている。
 立ち寄ったのは旧木沢小学校、平成四年まで使用されていた木造校舎が残る。
 校舎内は各教室を利用して木沢地区に関する展示や、遠山森林鉄道(昭和43年に
廃止)に関する展示が行われている。当時の雰囲気を残したままの教室もあって、
暖かみのある木造校舎の中でノスタルジックな気分に浸れます。
 「引越のサカイ」のCMにも使用され、最近は訪れる人が増えています。
この状態のまま維持できるのは、地方の小村ならでは。 引越のサカイ、目の付け所が良いよなぁ。
教室はCM撮影当時のまま CM撮影時の様子が紹介されている
 生徒が通うことのなくなった校舎を猫校長が守っています。
 中に入ると猫校長自らお出迎え。校舎内を案内してくれるかのように、うちの後を
付いて、愛嬌を振りまいてくれました。
校舎内に寝床を作ってもらってから無断外泊が減ったとのことです(笑)。
校舎内を案内してくれた猫校長
この区間のおさらい : 国道418号線|R418|木沢小学校|飯田市南信濃村

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数