国道243号線|R243|美幌峠|屈斜路湖|摩周湖|風蓮湖|納沙布岬|花見|紅葉

国道243号線 − パイロットファームを横断
【街】 網走市のおすすめ From : Ten(2012/12/09)
 網走刑務所があまりにも有名な網走市
 でも、刑務所以外では水産業を除くと、これといった特徴がない街である。
 人口は圧倒的に北見市の方が多いし、冬の風物詩である流氷にしてもガリンコ号を
就航させている紋別市の方にスポットが当たっている感が強く、観光資源が多いとは
言えない。そんな網走市のおすすめ情報を以下にまとめてみました。
 ● 博物館 網走監獄(ちのchanより)
 最後の道東旅行の時、はじめて行きました。
 立入禁止の場所にある蝋人形と一緒に写真とりたかったんだけど、監視カメラが
あり断念しました。「ダミーかな」と思って撮っちゃおうと思ったけど、入口で
おっさんがモニターを監視してて、本物であることがわかりました。無茶しないで
よかった。
 網走監獄の入場料は、正規で1,050円で、本物の刑務所の前の土産物屋で割引券を
もらえば950円になる、って言うことは知ってましたが、直前に網走駅前のLAWSONに
寄ったら、ロッピーで850円で売ってました。ちょっと得した気分。
 ● 流氷
 Columns(コラム)のページに、ちのchanが道東を旅行した際に送ってくれた
レポートを紹介しています。特に、冬に流氷を見たい方は要チェックかも。
 このリンク先より、[旅行記]→[道東紀行]を選択してください。
 また、流氷についてはこんなサイトもあるようです。
 参考にしてみては如何でしょう?
 ● 能取岬
 網走市街から道道76号線に入り、オホーツク海に突き出た半島の先端にあるのが
能取岬。道道から分かれて、海へと真っ直ぐに伸びる道を進むと岬に到着する。
岬からはオホーツク海越しに知床連山を見ることができ、岬周辺の広大な草原では
6月から10月までの間、近くの牧場から集められた牛や馬が放牧され、長閑な風景が
広がっている。
 ● ホワイトハウス
 いわゆる爆盛り系のお店です。
 基本は洋食屋なのだが、丼ものも扱っている。
 メニューがとにかく豊富で、中には「いくら丼&ステーキ」といった妙な組合せも
存在している。(まぁ、作る側からすれば盛るだけだからね^^)
 また、カツ丼は洗面器のような大きな器で出てくる。カツ丼を大盛りで注文すると
物凄いボリュームで、カツ丼が器よりも盛り上がって出てくきます。
 ● 点香苑
 「網走市のおすすめ」に加えていますが、お店は美幌町市街地にあります。
 点香苑は、地元で人気の豚まん屋さんです。開店から数時間で完売になることも
多く、噂を聞きつけて遠方から買いにくるお客さんも少なくない。のお店に行ってきました
 メニューは豚まんと鶏まんの二種類で、どちらも198円。
 大人の掌ほどの大きさで、具がぎっしりと詰まっていて重い。
 一つ食べるだけでも相当腹持ちが良いのでは...と思える一品です。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|博物館 網走監獄|能取岬
【全般】 美幌町〜虹別 From : Ten(2001/11/05)
 美幌市街地を抜け、牧草地の中を緩やかに上って行くと、まもなく峠道に。
 峠を上りきると、美幌峠の見事な眺望が眼下に広がります。
 美幌峠を見るなら、眺望が広がった時の感動が大きいので、北上するより
南下ルートを取ることをお薦めします。
 美幌峠を下り、左手に屈斜路湖を見ながら走ります。
 和琴周辺で急に空が広がる感じがむっちゃ素敵です。
 和琴を過ぎると、湖を囲む森の間を抜ける道となり、ほどなく弟子屈市街地へ。
 弟子屈町は交通の要衝、各方面への道が集中していますので、分岐に注意です。
 弟子屈市街地を抜けると、再び牧草地を走るようになり、虹別に到着です。
 国道243号線は比較的交通量が多く、牧場関連の作業車・ダンプ等が多く走るため
前を走る車によっては徐行を強いられるかも。時間には余裕を持ちましょうね。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|美幌峠|屈斜路湖|美幌町|弟子屈町
【View】 屈斜路湖 From : Ten(2012/12/09)
 藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする屈斜路カルデラ内にできた、日本で
最大のカルデラ湖で、北海道ではサロマ湖に次いで二番目に、国内では六番目の
面積規模を有する湖である。湖中央部には、日本最大の湖中島である中島が浮かぶ。
中島自体が火山であり、中央の溶岩円頂丘に最高点がある。
 南岸には和琴半島が突出する。
 中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地から
成長した砂州により陸繋島となっている。(Wikipedia:屈斜路湖より抜粋)
 一般的に「大きな湖沼は上から、小さな湖沼は湖岸から」と言われるように、
屈斜路湖のスケールの大きさを是非高い所から見て実感して欲しい。屈斜路湖を
展望するポイントとしては、美幌峠、津別峠、藻琴峠などが挙げられます。
 ● 美幌峠
 夏は霧が多いが、晴れると屈斜路カルデラが一望の下に見渡せる。
 展望台からは屈斜路湖のほか、阿寒の山々が一望できる。
 峠付近は笹原が広がっており、植生には乏しいが、屈斜路湖から吹き上げる風を
遮るものがないことから、パラグライダーの発着ポイントとしても知られている。
屈斜路湖を望む一番ポピュラーな展望地なので、人の多さには目をつぶりましょう。
2001.09.22 美幌峠にて
南側から峠を上り、峠で初めて目の前に広がる眺望は感動的である。
 ● 津別峠
 屈斜路湖周辺では一番標高の高い展望所(標高947m)。
 美幌峠以上にダイナミックな風景を楽しむことができます。
 以前は峠まで長いダートの道が続いていたが、近年は峠までの道が整備され、
そのダイナミックな眺望が身近なものになった。
屈斜路湖の展望所の中では津別峠が最も美しいと語る旅人は多い。
2001.09.22 津別峠にて
美幌峠より静かな環境で、且つ高い位置から湖を俯瞰することができる。
 ● 藻琴峠
 藻琴山登山口にハイランド小清水725という展望台があります。
 上記地図には記載がありませんが、少しだけ地図を北へ移すと、道道102号線沿いに
藻琴峠と藻琴山の存在に気付くかと思います。
 峠からは、屈斜路湖と摩周の原生林、オホーツク海と高くそびえる斜里岳や知床の
山々などが望め、一度は訪ねて見たい雄大な風景が広がっています。
 ● 藻琴山
 前述のハイランド小清水725に登山口があります。
 登山口は八合目にあたるため、標高1000mの山頂まで50分程度で気軽に上れる。
 山頂からは屈斜路湖を含めた素晴らしい眺望を堪能できる。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|屈斜路湖|美幌峠|津別峠
【View】 摩周湖 From : Ten(2012/12/09)
 弟子屈町にある湖で、日本で20番目の面積規模を有する湖である。
 日本では最も透明度が高く、世界でもバイカル湖についで二番目に透明度が高い。
 1931年透明度調査でバイカル湖(40.5m)を凌ぐ41.6mの透明度を記録していたが、
観光客増などの影響で透明度が低下、今後倶多楽湖と順位が逆転する可能性がある。
2004年の検査では、摩周湖の透明度は19.0m。
 水深が急激に深くなることと、湖水の透明度が高いことから青以外の光の反射が
少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれる。約7000年前の巨大
噴火によって生成された窪地に水がたまったカルデラ湖であり、湖の中央に断崖の
小島カムイシュ島がある。周囲は海抜600m前後の切り立ったカルデラ壁となっており、
南東端に「カムイヌプリ(摩周岳・標高857m)がそびえている。
 流入・流出河川がない閉鎖湖であり、河川の出入りがないにもかかわらず年間を
通じて水位の変動が少ない「神秘の湖」である。古来から、近隣の神の子池に湖の
伏流水が流れ込んでいると考えられている。
 (以上、Wikipedia:摩周湖より抜粋)
 うちは、季節を問わず摩周湖の宿に客として通い、終いにはヘルパーとなった。
 晴れた日も、霧がかかった日も、猛吹雪の日も、日々、当たり前のように摩周湖の
姿を見てきた。美しい湖面を見れた時でも、時には感動を覚えないことすらあった。
 摩周原野から久しく離れると、やはり摩周湖の美しさは群を抜いていたことに
改めて気付かされます。人の少ない時期、時間帯を選んで、是非美しい摩周湖を
思う存分堪能してください。
 夏のハイシーズンである七月と八月、摩周湖は霧で埋まることが多い。
 (それはそれで美しいのだが...)
 これは、釧路湾の冷たい海水が夏の強い日差しで温められて海霧となり、この霧が
「霧の帯」となって釧路湿原を通り、摩周湖へと続くためである。そのため、気温が
下がる九月以降に摩周湖を訪れれば、霧に出会う確率は必然的に下がります。
 ● 第一展望台
 絵葉書などで紹介される摩周湖の写真はここからのものが多い。
 正面に摩周岳がそびえ、中央にカムイシュを配した画像は、誰しも一度は見た事が
あるだろう。天気が良ければ、摩周岳の向こうに斜里岳を望むこともできます。
 一年を通じて、多くの観光客が第一展望台を訪れます。
 30台は駐められるバスの駐車場がいつもいっぱいなのですから、展望台周辺に
どれだけの人がいるのか想像が付くでしょう。
 第一展望台の駐車場の右端から摩周岳への登山道が延びています。
 時間のある人はここから摩周岳の方へ5〜10分入ってみてください。
 雑踏に邪魔されることなく、木々の切れ目から自分だけの美しい摩周湖の姿を
見ることができるはずです。冬はこの登山道がクロスカントリーのコースとなり
銀世界の中で美しい摩周湖を堪能できます。(冬の摩周が一番おすすめです)
 また、誰にも邪魔されずに摩周湖を楽しむのであれば、日の出です。
 夏至に近い時期は3時過ぎから明るくなるので、かなりの早起きが必要ですが
湖の後方をまっ赤に染めて、摩周岳山頂付近から上る朝陽は最高ですよ。
午前3時過ぎから明るくなるのでかなりの早起きが必要。
1994.09.02 摩周湖第一展望台にて
日の出の摩周湖の美しさは有名。静かな湖を見たい人は是非!
 ● 第三展望台
 第一展望台の駐車場は5月の連休から11月初めまで有料となりますが、こちらの
駐車場は無料。第三展望台へ足を延ばす観光バスも少ないため、第一展望台より
ゆっくりと摩周湖を見ることができます。また、第一展望台よりも高い位置にある
ため、第一展望台とは違った摩周湖の姿を見ることができる。展望台から振り返ると
硫黄山や屈斜路湖、藻琴山を見ることができます。
 なお、第三展望台へ通じる道は冬期閉鎖となります。(閉鎖された道をクロカンで
上がっていくのがまた楽しい♪)
「摩周ブルー」と言われる美しい湖面が青空に映えます。
2001.09.22 摩周湖第三展望台にて
第一展望台よりは静かな環境で、且つ高い位置から湖を俯瞰することができる。
 ● 裏摩周展望台
 その名の通り、摩周湖の東側(道道150号線沿い)に位置する展望台。
 摩周岳の北側から湖を望む形になります。公共アクセスが通じておらず、訪れる
人が少ないため、落ち着いた雰囲気で摩周湖を見ることができます。
裏摩周展望台の魅力は、訪れる人の少なさ。第一、第三展望台のような雑踏に巻き込まれることはない。
2001.09.22 裏摩周展望台にて
カムイシュの位置から、反対側に回ったことがわかる。
 ● 神の子池
 裏摩周展望台から北に約7km行った場所にある小さな泉。
 摩周湖からの伏流水が湧いていて、その水の色は神秘的なエメラルドブルー。
 目を凝らすと水底で沸き上がる砂や、そこを泳ぎ回るオショロコマを見ることが
できます。
池の底から水が湧き出るのがわかるほど透明度が高い。
2001.09.22 神の子池にて
流れ出す川を持たない摩周湖の水位をこの湧水が保っている。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|摩周湖|神の子池|弟子屈町
【View】 多和平 From : Ten(2012/12/08)
 標茶町育成牧場の中にある展望地。
 360度の眺望が素晴らしいと評判である。
 うちがヘルパーをしていた摩周湖の宿も、クロカンツアーの帰りにこの展望台に
立ち寄っていたっけなぁ。最近は、ヘルパー当時には無かったレストハウスなども
できて、かなり様変わりしたと聞いています。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|多和平|標茶町
【街】 根室市のおすすめ From : Ten (2012/12/08)
 根室市は、北海道本島の最東端にあたる市。
 根室半島全域と、半島の付け根付近、および北方領土の歯舞群島を市域とする。
 日本の主要都市の中でもっとも北方領土に近い都市である。
 かつては北方領土を目の前に「国境の街」、「ソ連と対峙する街」という印象が
強かったが、ソ連崩壊後にロシアとの関係改善が進んだこともあり、市内の標識に
ロシア語が併記されるなど、根室市は国際色豊かな一面を持っている。
 ● エスカロップ
 エスカロップは、根室市のご当地料理。
 豚肉をソテーしたポークカツレツをケチャップライスに乗せてドミグラスソースを
掛けた料理(Wikipedia:エスカロップより抜粋)。根室駅前のニューモンブランが
元祖といわれる。
 ● 納沙布岬
 北海道最東端の岬で、北方領土の歯舞諸島を間近に望む。
 日の出を日本一早く迎えることでも知られ、夏至の日の出は午前3時半。
 初めて北海道を旅した時は、宗谷岬とあわせて迷わず訪ねたものだが、それ以来
根室には足を延ばしたことがない。久々に訪ねるのも良いかなぁ...と思う。
 ● 落石岬
 旧落石無線局の廃墟や、車道の終点から岬の突端まで続く真っ直ぐな木道、岬から
見えるダイナミックな風景、広々とした笹原に立つ白い灯台...と、旅人を虜に
するような美しさと静かさを兼ね備えた岬。車道終点から岬まで、徒歩で約20分。
この区間のおさらい : 国道243号線|R243|霧多布湿原|琵琶瀬展望台|浜中町

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数