国道44号線|R44|幣舞橋|和商市場|霧多布湿原|落石岬|納沙布岬|花見|紅葉

国道44号線 − 北方領土を間近に望む、北海道最東端の街へ
【街】 釧路市のおすすめ From : Ten (2012/12/07)
 釧路市は、札幌市・旭川市・函館市に次ぐ、道内第4の街。
 道東地方の中心都市であり、道東観光の拠点となる街である。
 主な産業は製紙業と水産業。日本で唯一の坑内掘石炭を生産する釧路コールマイン
株式会社が存在することでも知られる。(2002年に石炭採掘から撤退した太平洋炭鉱
縮小の上、引き継いだ)
 ● 和商市場
 釧路随一の小売り市場で、釧路一の観光地と言っても良いでしょう。
 カニやサケの店は観光客向けで高価、でもモノは良い。(あまり興味ない^^)
 市民向けの一般鮮魚や野菜などは地場産のモノも多く出ていて、うちはむしろ
こちらの方に目を奪われる(笑)。総菜屋でご飯を買って、鮮魚店で買った好きな
刺身を載せて市場内で食べる「勝手丼」が人気である。
 勝手丼で使用する刺身は、大トロなど特別なネタを除けば概ね50円〜100円くらい。
 でも、これを安いと思うなかれ! 店のおばちゃん達は、ネタを沢山載せられる
ように端からぎゅうぎゅうに詰めてネタを載せていく。気付けば、1000円を超える
豪勢な丼の出来上がり。お前ら、(てんむす相手に)阿漕な商売するなよ...。
 おばちゃん達、同様の手法でうちにも色々なネタを薦めてくる。
 何を薦められても「シメ鯖、玉子、イカ、それ以外は要らん」と言い続けてたら、
さすがにおばちゃん達も根負け(笑)。地物のシメ鯖は、確かに美味しかったです。
てんよめは、これでご飯が酢飯だったらなぁ...と言ってました。
 ● 幣舞橋
 幣舞橋は、釧路駅から南へ10分ほど歩いた場所にある旧釧路川を越える橋。
 日本初の橋上彫刻「四季の像」があり、釧路を代表する観光名所の一つである。
 橋の南側は六本の道が集まるロータリーとなっており、初めて車で通るときは
結構焦ります。
 ● 阿部水産 鮭番屋
 朝食、ランチにお薦めのお店。
 テント張りの炉端焼きで、自ら炭火で焼いて頂く形式である。
 水産会社が直営するお店なので、ネタは新鮮で安いのが嬉しい。
 ● 夜にも炉端焼を楽しむなら
 釧路で一度は味わいたいのが炉端焼
 幣舞橋北詰の東側に釧路市街で最大の飲み屋街があるのだが、このエリアにある
赤提灯の大半は炉端焼屋である♪
 ● 泉屋
 ボリュームたっぷり、ご当地グルメ「スパカツ」で有名なお店。
 「スパカツ」とは、鉄板にスパゲッティ、カツ、ミートソースが載った釧路市民の
ソウルフード。一つ一つに珍しさはないものの、地元民が愛する味を是非一度は
堪能してみたい。
 ● 黒魔術
 釧路市内にあるカレー屋さん。
 お店の名前はおどろおどろしい感じですが、店舗の外観は普通の民家、店内も
八人がけのテーブルが1つあるだけと、非常にアットホームな雰囲気のお店。
 ● なごやか亭
 釧路市内に四軒(2012年12月現在)の支店を持つ回転寿司のお店。
 ネタが豊富で安いと地元の人にも人気である。
 ● 釧路市民球場
 プロ野球の公式戦が行われる球場としては日本最東端に位置します。
 外野は芝生席で、高い空の下で開放的な気分で野球観戦を楽しめました。
 「北海道まで行っても野球観戦」という贅沢なこと、してみませんか?
 芝生席では沢山のウリ虫があなたをお待ちしてます(笑)。
高い青空の下での野球観戦は最高です。 年に一度の道東シリーズは大盛況、早くからスタンドが埋まりました。
遮るものが少ない素敵な球場 外野席の様子
この区間のおさらい : 国道44号線|R44|和商市場|幣舞橋|炉端焼き|釧路市
【View】 霧多布湿原 From : Ten (2012/12/08)
 霧多布湿原浜中町の背後に広がる湿原。
 面積は3160ha、日本で三番目に広い湿原である。
 釧路湿原と比べると手頃な広さで、湿原の雄大さをより身近に感じられる。
 七月中旬にはエゾカンゾウが湿原全体を黄色に染める。
 ● 琵琶瀬展望台
 霧多布湿原全体を見渡すことができるビュースポット。
 太平洋と、湿原内を蛇行する川の眺望が素晴らしく、特に夕日に染まる美しい
湿原の風景がお薦めである。
 ● 霧多布湿原センター
 浜中市街とJR茶内駅とを結ぶ道道808号線沿いにある。
 琵琶瀬展望台と並ぶ、霧多布湿原のビュースポットの一つ。
 湿原センターには、霧多布湿原や浜中町の観光資料が置いてあり、霧多布観光の
拠点にもなる場所である。
この区間のおさらい : 国道44号線|R44|霧多布湿原|琵琶瀬展望台|浜中町
【街】 根室市のおすすめ From : Ten (2012/12/08)
 根室市は、北海道本島の最東端にあたる市。
 根室半島全域と、半島の付け根付近、および北方領土の歯舞群島を市域とする。
 日本の主要都市の中でもっとも北方領土に近い都市である。
 かつては北方領土を目の前に「国境の街」、「ソ連と対峙する街」という印象が
強かったが、ソ連崩壊後にロシアとの関係改善が進んだこともあり、市内の標識に
ロシア語が併記されるなど、根室市は国際色豊かな一面を持っている。
 ● エスカロップ
 エスカロップは、根室市のご当地料理。
 豚肉をソテーしたポークカツレツをケチャップライスに乗せてドミグラスソースを
掛けた料理(Wikipedia:エスカロップより抜粋)。根室駅前のニューモンブランが
元祖といわれる。
 ● 納沙布岬
 北海道最東端の岬で、北方領土の歯舞諸島を間近に望む。
 日の出を日本一早く迎えることでも知られ、夏至の日の出は午前3時半。
 初めて北海道を旅した時は、宗谷岬とあわせて迷わず訪ねたものだが、それ以来
根室には足を延ばしたことがない。久々に訪ねるのも良いかなぁ...と思う。
 ● 落石岬
 旧落石無線局の廃墟や、車道の終点から岬の突端まで続く真っ直ぐな木道、岬から
見えるダイナミックな風景、広々とした笹原に立つ白い灯台...と、旅人を虜に
するような美しさと静かさを兼ね備えた岬。車道終点から岬まで、徒歩で約20分。
この区間のおさらい : 国道44号線|R44|霧多布湿原|琵琶瀬展望台|浜中町

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数