国道31号線|R31|大和ミュージアム|福住フライケーキ|広島市|呉市|花見|紅葉|景色

国道31号線
【全般】 広島市〜呉市 From : Ten (2009/06/21)
 国道31号線の起点は、旧海田町の大正交差点。
 大正交差点は立体交差になっていて、片側2車線道路の左側車線が国道2号線へ、
右側の車線が国道31号線に入るように作られている。国道31号線に入っても交通量は
多く、坂駅を過ぎるあたりまで片側2車線区間と、片側1車線区間がめまぐるしく
変わります。そのため、主に車線が減る地点で慢性的な渋滞が発生しています。
 大田川三角州(広島平野)の平地は坂駅を過ぎた付近まで続きます。
 坂駅を過ぎると、山が迫ってくる感じになり、狭い土地の中にJRと国道が寄り添う
ような形で海沿いを進みます。それまで見えなかった海も、進行方向右手に見える
ようになります。
 海沿いの狭い場所を進むのは呉市吉浦付近まで。
 吉浦からは再び呉市の市街地が広がるようになります。
 魚見山トンネルを出た場所と、フェリー乗り場手前の二箇所で左に折れると
呉市中心部へと入っていきます。呉駅の手前でもう一度右へ折れると、沿道に
百貨店や呉駅などがある目抜き通りを走るようになります。駅を通り越した所が
国道185号線(三原方面)、国道487号線(音戸方面)との交差点で、国道31号線の
終点となります。
 広島市〔R54〕−(50分)→呉市〔R185、R487〕
この区間のおさらい : 国道31号線|R31|広島港|呉市|広島市
【街】 呉市のおすすめ From : Ten (2011/01/10)
 ● 呉市の屋台
 福岡の中洲ほどではないけれど、呉市でも夜になると屋台が並んで大変賑わうと
いうのをテレビで見たことがあります。以前は各店舗がばらばらに出店してましたが
1987年の蔵本通りの整備に併せて、屋台の出店場所を一箇所に集約しました。
 屋台が立ち並ぶ通りは「赤ちょうちん通り」と呼ばれ、ラーメン、おでんなどの
定番メニューから、イタリアンや創作料理まで特徴のある屋台が軒を連ねています。
 福岡をはじめ、各地の屋台は近隣住民とのトラブル、治安や都市景観の問題から
縮小傾向にありますが、呉市は屋台出店場所を集約し、ルールを細かく定める等の
対応で、「街の顔」として屋台を存続させようとしている点が評価できます。
 2002年には一般公募から新規屋台の出店も行われています。
 ● 福住フライケーキ
 呉出身の人が何かとおやつに食べた...という、呉市民のソウルフード的な
お菓子です。ドーナツに似た生地でこしあんを包んだシンプルなお菓子で、食感は
「あんどーなつ」に似ています。菜種油でかりっと揚げるのが特徴で、見た目ほど
くどくなく、餡の甘さも程よく、うち好みの味でした。
 少々地図を見違えてしまい、お店を探すのに難渋しましたが、暑い中30分程歩いて
お店をようやく発見。運動した後の甘味が丁度良かったですね。
お店の概観は、どの町にも昔は存在した駄菓子屋さんのような佇まい。 あつあつを、はふはふしながらどうぞ!
福住フライケーキ:お店の概観 これがフライケーキ、1個70円也
 ● 灰ヶ峰
 灰ヶ峰は標高737m。
 日本三大夜景の函館山より2倍以上の高さがあり、その夜景は、まるで天上から
眺めているようだとか。宝石のような街の灯り、呉港に揺れる船、そして月あかり。
まさに呉のロマンチックスポットです。(「くれなび」より引用)
 ● 休山
 瀬戸内海国立公園の中でも特にその眺めは素晴らしく、多島美の絶好の展望地。
 標高497mの山頂と音戸の瀬戸をつなぐ休山スカイラインや休山登山道の途中も、
点在する島々や白い航跡を描きながら行き交う多くの船などを眺められる絶好の
景観ポイントです。(「くれなび」より引用)
この区間のおさらい : 国道185号線|R185|屋台|赤ちょうちん通り|灰ヶ峰|休山|呉市

↓ 時間のある方は、村入口で少々偏った旅情報など如何?
戻るボタン 新規投稿ボタン TOPへ戻るボタン HOMEへ戻るボタン 村議会へ 村全体のカウンタ メイン
1つ前の頁へ 新しい情報の入力 国道ページIndexへ 村の入口へ 村議会(掲示板) 今年(2016年)のアクセス数